2012年01月21日

20:00コメント(13)トラックバック(0)NPB(野手) 
1:THE FURYφ ★:2012/01/21(土) 15:39:07.38 ID:???0
ソフトボールから転身した日本ハムのドラフト7位大嶋匠捕手(21=早大ソフトボール部)が
“元プロ”の球に四苦八苦した。千葉・鎌ケ谷で行われている新人合同自主トレは20日、
第3クールに突入。本格的な打撃練習が始まり、硬式未経験の大嶋にとっては、課題が
浮き彫りになった1日となった。

こわばった表情で打席に立ち、昨年までヤクルトで現役だった高市打撃投手の球を待った。
「入団テスト以来」の“生きたボール”。打ち返す動作は、どこかぎこちない。21スイング中、
安打性は3本止まり。2球連続でストライクを見逃し「すみません」と、180センチ、95キロの
巨体を小さくかがめ、謝る場面もあった。

ソフトボールでは公式戦13試合連続本塁打を放つなど桁外れのパワーを誇ったが、この日は
その一端を見せられず。「人に投げてもらう方が楽しい」と話す一方で「今日は自分のやりたいことが
出来なかった。上半身と下半身のズレが…。マシンやティーで形を固めてから打ちたかったですね」と
残念がった。

異種競技からの転身に、本人も不安がないわけではない。ただ、メジャー移籍が決まった
ダルビッシュが大嶋の映像を見て「肘の使い方が柔らかい」と褒めたことを人づてに聞き
「ちょっと自信になりました」。球界のエースの言葉に勇気をもらった。「まず動いていないボール、
その後マシンを使って…。段階を踏んでやっていきたい」。常識を覆そうと奮闘するソフトボーイの
挑戦は、始まったばかりだ。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120121-892779.html



      -スポンサード リンク-
18:00コメント(14)トラックバック(0) 
1:かばほ~るφ ★:2012/01/20(金) 12:10:25.56 ID:???0
メジャー移籍の問題点は、ポスティング制度ではなく代理人制度

現地時間18日、ダルビッシュ有(25歳)のテキサス・レンジャーズ移籍が確定した。アメリカメディア
によると年俸は、6年総額約6000万ドル(約45億円)。ポスティングシステムの落札額5170万ドル
(約38億円)と合わせると、総額80億円を超える超大型契約となった。

これで今季、日本プロ野球からメジャーリーグに移籍することが確定した選手は、ダルビッシュのほかに
和田毅(ボルティモア・オリオールズ)、チェン・ウェイン(ボルティモア・オリオールズ)、岩隈久志
(シアトル・マリナーズ)、青木宣親(ミルウォーキー・ブリュワーズ)、川崎宗則(シアトル・
マリナーズ)となった。

一方で中島博之(西武)は、ポスティング制度でニューヨーク・ヤンキースに落札されたものの合意には
至らなかった。昨年の岩隈と同様のケースだけに、球界ではあらためてポスティング制度の見直しを
求める声が高まっているが、ある球界関係者は「この問題の本質は、ポスティング制度自体というよりも、
代理人制度に問題がある」と語る。

「中島には金銭面や待遇面でこれといった要求はなく、それこそどんな条件でもいいからメジャーに
行きたかったというんだ。実際、彼は『ジーターやAロッドの控えを経験できるのは貴重だ』とも話していた。
だけど最終的には『次のオフまで待てば、もっといい契約ができる。自分を安売りするな』と代理人に
言いくるめられた格好だ」

つまり、安売りしたくなかったのは、中島自身よりも代理人だったというのが真相のようだ。「中島も
ヤンキースの関係者とは大した話もしていないし、そもそも代理人とですら、どこまでコミュニケーション
が取れていたのか怪しい。中島が交渉期限の前日に慌ててニューヨークに行ったものの、現地到着直後に
交渉打ち切りが告げられたなんて、代理人とろくにコミュニケーションが取れていなかった証拠だろう」


16:00コメント(20)トラックバック(0)NPB(その他) 
1:かじてつ!ρ ★:2012/01/20(金) 19:48:53.75 ID:???P
○【プロ野球】菊池雄星、筒香嘉智、今宮健太……今季のキーワードは『高卒3年目』

メジャー12年目のシーズンに挑むイチロー(マリナーズ)、昨年の雪辱に燃える西岡剛(ツインズ)、
メジャー経験者の城島健司(阪神)、松井稼頭央、岩村明憲(ともに楽天)石井一久(西武)、
さらには今季から海を渡る岩隈久志、川崎宗則(ともにマリナーズ)…。日米球界を渡り歩く
彼らの球歴を何気なく振り返ってみると、ある共通点に気づく。いずれも高卒入団で、揃って
3年目のシーズンにターニングポイントといえる大きな活躍を見せ、スターダムを駆け上がったのだ。

登録名を鈴木一朗から変更したイチローは3年目にレギュラーを掴み、130試合制だった当時、
前人未踏のシーズン210安打を放った。また、ファームの本塁打記録を作るなど1年目から
超高校級の打力を見せていた城島も守備面を徹底して鍛えられた3年目に正捕手の座を掴み、
松井、川崎、西岡、岩村も3年目にレギュラーに定着した。

投手陣でも、石井一が54試合に登板してヤクルトの貴重な戦力となったのも、岩隈が8勝を
マークして先発ローテーション入りを果たしたのも、入団3年目だった。

もちろん、1、2年目から大きな活躍をする選手もいれば、4、5年目で花開くケースも多くあるが、
イチローらの前例に目が止まったのは、今季、大きな期待が寄せられる各球団の若手に
高卒3年目の選手が揃っているからだ。

□ソース:スポルティーバ
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2012/01/20/post_112/index.php
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2012/01/20/post_112/index2.php
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2012/01/20/post_112/index3.php


14:30コメント(5)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:THE FURYφ ★:2012/01/20(金) 13:53:29.51 ID:???0
米大リーグ、レンジャーズは19日、入団が決まったダルビッシュ有投手(25)の背番号が、
プロ野球日本ハム時代と同じ「11」になると発表した。入団記者会見を本拠地球場の
レンジャーズ・ボールパークで20日午後7時(日本時間21日午前10時)から行うことも決まった。

これまでレンジャーズの背番号11は1995、96年に阪神の内野手としてプレーした経験のある
スコット・クールボー打撃コーチが付けていた。ダルビッシュが初めてアーリントンを訪れた
1月初旬に球団から打診されたそうで「日本にいたので、日本選手が同じ背番号にこだわる
験担ぎはよく知っている。それで気持ち良く彼がプレーできるなら、喜んで譲るよ」と笑顔で話した。

クールボー打撃コーチはこの日、ダラス近郊で行われた球団のサイン会に参加。ダルビッシュについて
「素晴らしい投手なのは知っている。彼の投球を見てファンは興奮すると思う。チームのみんなが
歓迎している」と話した。

http://www.sanspo.com/mlb/news/120120/mla1201201009012-n1.htm


11:00コメント(4)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:五十京φ ★:2012/01/20(金) 22:44:19.14 ID:???0
米国の一般的評価は松坂より下!? ダルビッシュのメジャー1年目予想。
(中略)
MLBのファンやマスコミが予想した1年目の成績とは?

で、そのダルビッシュがどれだけ活躍できるのか? ここ数日、いや12月からアメリカではその予測が盛んだ。
映画『マネーボール』を見ても分かるように、数式と野球はアメリカで深く結びついているが、アメリカには日本の投手が
メジャーに移籍した場合に、どれほど活躍するかを予測する「ダベンポート指数」という方程式まで存在する。

しかし2011年に日本では、公式球がいわゆる「飛ばないボール」になったので、様々な方程式も修正を余儀なくされている。
そこまで突っ込んで考えるブロガーはまだ少ない。

様々な計算式や予測システムがあるが、“ZiPS Projection system”によれば、ダルビッシュの2012年のメジャーでの成績は
次のように予想されている。

   13勝7敗 防御率3.62 三振169個 四球46個

ちょっと物足りない感じもするが、松坂が1年目に残した成績と比較してみよう。

   15勝12敗 防御率4.40 三振201個 四球80個

松坂が海を渡った時と比べると、期待値は低くなっていることが分かる。しかし、それはダルビッシュにとって追い風である。
アメリカで目立つ意見は、「松坂よりコントロールが良さそうだ」というもの。四球が少なければイニング数も増え、評価は高まる。
1年目は勝利数よりも、「6回3自責点」というメジャー流のノルマ、「クオリティスタート」をどれだけ出来るかがポイントになると思う。

2012/01/20 12:15 生島淳
http://number.bunshun.jp/articles/-/188697


10:00コメント(3)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:ポポポポーンφ ★:2012/01/20(金) 19:15:20.43 ID:???0
ヤンキースとの5年契約を終えた井川慶投手(32)が20日、茨城県ひたちなか市内でのトレーニングを報道陣に公開した。
どこの球団からも具体的な条件提示は受けていないという井川。「米国でやるためにトレーニングをしている」と第1希望は
あくまでメジャー。それでも「どこかで野球はしたい。オファーがなければ、そういう選択肢もある」と日本で投げる
可能性もあることを示唆した。

所属先が決まらず、焦りも出てきそうだが「注目されるところで投げられるようになりたい」と、吉報が来るのを待っている。

▽スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/01/20/kiji/K20120120002469700.html

自主トレーニングを公開した、前ヤンキース・井川


08:33コメント(2)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:五十京φ ★:2012/01/20(金) 11:10:10.76 ID:???0
米紙ミルウォーキー・ジャーナル・センチネル(電子版)は19日、
ブルワーズに入団した青木宣親外野手(30)の契約額が2年225万ドル(約1億7000万円)だと報じた。
今季が100万ドル(約7500万円)で、来季は125万ドル(約9500万円)。
出場機会に応じて出来高払いが付く。ちなみにヤクルトでプレーした昨季の推定年俸は3億3000万円。

同紙は、ブルワーズがヤクルトに入札金250万ドルを支払うため、年俸が予想より低くなったと指摘。
球団は青木に控え外野手の年俸を支払い、中軸打者ブラウンの薬物規定違反による出場停止処分が
確定した場合にレギュラーを担えるかを、キャンプで判断するとした。

[2012年1月20日8時38分]
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20120120-892258.html


2012年01月20日

22:30コメント(10)トラックバック(0)NPB(投手) 
1:いかんのか?φ ★:2012/01/20(金) 15:19:33.60 ID:???0
レンジャーズへの入団が決まったダルビッシュ有投手(25)。
かつて「師弟」の間柄だった斎藤佑樹投手(23)との関係は冷え切ってしまったまま
〝別れ〟を迎えた。もともとの野球観が違っていた2人に決定的な亀裂が走ったのは
昨年5月のことだった――。

入団当初は「目指すべきはダルビッシュさん」と公言していたものの、ある時期を境に
蜜月関係がプッツリ。ついにはグラウンドで会話を交わすこともなくなり、初選出された
球宴のころになると冷戦が深刻化。

テレビのインタビューに斎藤が堂々と「自分のお手本になるのは武田勝さん」と
言い切ってしまうほど、両者の関係は修復不能な状態に陥った。

一体、何があったのか。その決定的な分岐点となったのが、実は昨年5月8日の
ソフトバンク戦といわれる。先発した斎藤は初回、わずか10球を投げたところで左脇腹
に違和感を覚えて途中降板。その後、1か月半の戦線離脱を余儀なくされた試合だ。

初回を無難に三者凡退に抑えながら首脳陣の判断で降板した直後のベンチ裏。
斎藤はトレーナーの指示でしばらく患部をアイシングしていた。

しかし試合が2回、3回と進み、緊急登板した多田野ら中継ぎ陣が奮闘する中で、
斎藤の状態を気にしたダルビッシュがベンチ裏に様子を見に行くと、こんな光景を
目撃してしまったという。

「運悪くダルビッシュが来た時に(斎藤)本人はメールを打っていたそうです。
それで『お前、誰のせいで中継ぎや野手の人たちが必死に戦ってくれてるんだよ! 
治療が終わったら、さっさとベンチに来て応援しろ』と怒鳴られ、周りにいた人間も
苦笑いしたそうです」(チーム関係者)

斎藤にしてみれば、患部の状態を心配して連絡してきた関係者に返答メールを
送っていただけだった。

しかし、常日ごろから斎藤に対して「打ってもどこか響かない」「野球に対する姿勢が、
どこか違う」と違和感を抱いていたダルビッシュの堪忍袋の緒が切れてしまうのも
仕方ないタイミングだった。


21:07コメント(10)トラックバック(0)NPB(野手) 
1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/01/20(金) 13:59:26.49 ID:???0
所々省略しました。ソース全文は
http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/01/20/0004755866.shtml

満点打ち上げ、驚異のV字回復だ。阪神の金本知憲外野手(43)が19日、
広島市内にあるジム「アスリート」での自主トレを打ち上げた。
昨季、シーズン終了後に測定した数値から、各部門で、07年オフと08年オフの
2度の左膝手術後最高となる数値を記録。
10日後に迫ったキャンプインを前に、43歳の鉄人が“30発ボディー”を
つくり上げた。

痛めていた右肩を気にもせず、90キロのバーベルを持ち上げた。
広島自主トレ最終日。ジム内に響くうめき声が、仕上がりの良さを物語った。
シーズン終了後に細くなっていた体は、91・5キロにまで回復。
半袖Tシャツの上からでも、復活に懸ける金本の決意がのぞく。

130キロで10回だったスクワットは、現在170キロで8回上げる。
太もも周囲は2センチ増で66センチに。これはトリプル3をマークした01年以来だ。
さらに70キロで9回だったベンチプレスは、90キロで10回にまで回復。
胸囲は5センチ、腕回りも3センチ太くなった。
上半身は左膝手術前、07年の数値に肩を並べる。
この07年は31本塁打を記録した、自身“最新”の30本超えを果たしたシーズン。
下半身に加えて、上半身も万全の状態を整えてきた。
右肩の棘(きょく)上筋部分断裂から、完全復活を誓う2012年。
オフはほぼ無休でトレーニングを続けてきた。
年始には「本塁打数では新井さんに絶対に勝ちたいね」と宣言。
4番打者とのアーチ競争は、決して夢物語ではないはずだ。

「今後?甲子園でやるよ」と金本。
広島での自主トレを打ち上げ、これからはキャンプインまで甲子園近辺で、
トレーニングを続ける。V奪回を誓う和田虎元年に、欠かせない鉄人の復活。
「最後のチャンス」と位置づける今年、昨年同時期とは比較にならない万全の体調で
2月1日を迎える。

-以上です-
ダンベルを持ち上げて上半身を鍛える金本=広島市内のスポーツジム「アスリート」



19:00コメント(31)トラックバック(0)NPB(指導陣・球団関係者) 
1:ケツすべりφ ★:2012/01/20(金) 08:50:28.05 ID:???0
V10のためには何でもありかい! 楽天・星野仙一監督(64)が19日、今オフから
巨大補強路線を再開した巨人を、痛烈に批判した。

 「ちょっとやりすぎやろ。前はガッツ獲って、グライシンガー獲って、ラミレスを獲って、
またエースと4番を他から獲るんやからな。今のままじゃあ、また人気がなくなるぞ」

 杉内、ホールトンは昨季のパ王者、ソフトバンクからの巨人移籍。楽天にとってはある意味
“ありがたい”補強なのだが、「そういう問題じゃないんや」と言い切った。

 実は、巨人が新守護神として獲得したマシソン(フィリーズ)は、闘将が早くから狙っていた投手。
「トレードマネー(移籍金)が高すぎる。あれじゃ、日本がなめられるよ。俺も頼めば(お金を)
出してくれていたかもしれんけど、球界を思ってつっぱねた」と腹の虫がおさまらない。

 「本当の補強は若い選手を育てていくこと。まあ、半分はヒガミがあるんやけどな」

 昨季は交流戦で巨人に4戦全敗。今季こそは田中を筆頭とした若い投手陣と、
自ら探し出してきた新4番・テレーロ(ロッキーズ)でギャフンと言わせてみせる。(桜木理)

http://www.sanspo.com/baseball/news/120120/bsh1201200503000-n1.htm


17:30コメント(2)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:かばほ~るφ ★:2012/01/20(金) 11:34:32.20 ID:???0
日ハム、ダルの穴埋めに井川&憲伸調査

日本ハムが、大リーグ・レンジャーズへの移籍が決まったダルビッシュの穴埋めとして、ヤンキースから
FAの井川慶投手(32)、ブレーブスからFAの川上憲伸投手(36)ら元メジャーリーガーの調査を
本格化させることが、19日明らかになった。

6年連続2桁勝利のダルビッシュが抜けた穴はとてつもなく大きい。絶対的エースの移籍を指をくわえて
傍観していては、優勝争いどころかBクラス転落もありうる。球団は戦力ダウンを極力小さくするべく、
1年を通してローテを任せられる先発投手の補強に急ぐ。

栗山監督は、投手陣の手当てについて「スカウティングと育成のチームなので、若い投手の中から1人、
2人出てきてほしい」と現有戦力の成長に期待する一方で、フロントに補強を要請していることも明かした。
「メチャクチャなオファーをしています。それに対して、きちんとした答えをしてもらっている」と話した。

球団はダルビッシュの移籍を想定して、補強の準備を進めてきたが、この日、移籍が正式に決定したことで
編成作業を本格化させる。「アメリカに行っている選手かもしれないし、日本の選手かもしれない。色んな
可能性がある中で、議論をちゃんとしています」と指揮官。補強候補には井川、川上ら国内で十分な実績を
残した日本人大リーガーもリストアップされているとみられる。

「ダルビッシュと同等のピッチャーを取ろうと思うと、それ相当の出血をしないといけない」と島田球団代表。
日本人大リーガーをはじめ、外国人、トレードなど、あらゆる方法を視野に入れながら、最善の手を打つ構えだ。

デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/baseball/2012/01/20/0004755227.shtml
日本ハムが調査を本格化する井川

http://www.daily.co.jp/baseball/2012/01/20/Images/04755228.jpg


16:00コメント(7)トラックバック(0)NPB(野手) 
1:ポポポポーンφ ★:2012/01/19(木) 20:56:05.30 ID:???0
横浜からFA移籍した巨人の村田修一内野手(31)が17日、「生涯・巨人」で“ミスター超え”
を狙うと宣言した。昨季まで7年連続20発で通算251本塁打をマークしている大砲は、
長嶋茂雄氏(巨人軍終身名誉監督)が残した通算444本塁打を強く意識。「長嶋さんが記録した
444本塁打を巨人での目標にしたい。40歳まで20発は打ち続けたい」と明言した。自身が
持ち味とする豪快なアーチで、将来の巨人を背負っていく。

豪快なアーチを持ち味とする村田のプライドだった。ミスターがマークした444本塁打の挑戦へ、
意欲を燃やした。「長嶋さんは雲の上の存在だけど、通算本塁打数は狙える所にいる。同じ巨人の
三塁手ですし、長距離砲として、長嶋さんが記録した444本塁打を巨人での目標にしたい」。
昨季まで豪快なアーチでベイ党から「男・村田」と親しまれた。新天地でも「男」を継続し、
G党に認めてもらえるよう決意を明らかにした。

打撃練習を行う村田 「生涯・巨人」で、憧れのミスターを超える。横浜時代の昨季まで7年連続
20本塁打。プロ9年間で、通算251本塁打を積み重ねた。長嶋氏の通算本塁打数まで193発と、
まだまだ道のりは険しいが、「40歳になっても、20発は打ち続けたい。巨人で骨をうずめる
つもりでやっていく。これが自分の野球スタイルだから」と、満40歳になる2020年まで毎年
20本塁打以上を狙う、と明かした。過去に20発を16年以上続けたのは、19年連続
(62~80年)の王貞治氏、17年連続(57~73年)の野村克也氏だけ。歴代の名スラッガーに
次ぐ荒業で、快記録を狙う。


野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード

アクセスランキング ブログパーツ