1:れいおφ ★:2013/10/03(木) 16:23:16.62 ID:???0
24年間の野球生活にピリオドを打った前田智徳選手は1990年代以降で間違いなくナンバーワンのバッターだろう。
前田選手は、2つの時代を乗り越えた。ひとつは怪我をする前。
ホームランをどこかで意識してフルにバットを振っていた時代で3割は当たり前でホームランも打てる。
日本人で常に3冠王を狙える位置にいるバッターだった。

2度に渡るアキレス腱断裂の怪我を負ってからは、ホームランを捨て、次の時代を切り開いた。
2000本安打は、野球の神様が、そんな怪我と真剣に向き合って、努力を続けた前田選手に与えたプレゼントだと思った。

前田選手は、1989年のドラフト4位。私と現役時代は重なっていないが、彼が入団3年目につけていた背番号「31」は、
“私に憧れて”という光栄な話も人伝てに耳に入っていた。
あれは、いつだったか。甲子園での広島戦の試合前に、山本和行さん(阪神OBで広島投手コーチ)の紹介で、
直接、話をする機会があった。私は、彼が首筋に貼っていた磁気テープのようなものが気になって仕方がなかった。

「前田君、その首に貼っているものは外した方がいい。打てなかったときの言い訳をつけているとしか思えない。
あなたの技量をすれば、たとえ首が回らないほど体調が悪くとも、レフトへ3本ヒットを流し打つことができるだろう。
結果でファンを納得させるべきだ」

今から考えると初対面の若者にずいぶんと厳しい説教めいた話をしたものだが、私は、彼にそれほど大きな期待
をしていたのだろう。その試合で、前田選手は、首の磁気テープを剥がし、レフト方向へ2本か3本かのヒットを打った。

不言実行の気骨。「とんでもない選手が出てきた」と思った。
前田選手は、1994年に背番号を「31」から「1」に変えた。そのオフ、私は、緒方孝市選手の結婚披露宴に招待され
ていて、そこに出席していた前田選手と顔を合わした。
私が「オレを超えたという意味で『1』にしたんだな」と冗談半分に言うと、「そんなことはないです。違います」と、
顔を赤くして苦笑いをしていた。

(続きは>>2以降)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000003-wordleafs-base


2:れいおφ ★:2013/10/03(木) 16:23:24.50 ID:???0
>>1の続き)

彼のバッティングの凄さは、ボールを捉える瞬間のレベルスイングの時間の長さだろう。
バッティングとは、バットを構えた位置から、まずヘッドを下ろす動作から始まるもの。
ゆえにバットをレベルに振る時間を長く保つことが難しい。その時間を長く持てるならば、ボールを捉える時間が長くなり、
芯でボールをミートする可能性が高まる。いわゆる点ではなく線でボールを捉えるバッティングである。

私も、現役時代、バットの軌道は、ダウン→レベル→アッパーであることを意識していたが、なかなかレベルの時間を長
く保つことができなかった。しかし、前田選手は、それができた。センスと徹底したスイングによって作り上げたスタイルだろう。 
だから狙ったボールに対する打ち損じがほとんどない。

彼は、インコースの得意なバッターだった。バットを体に巻きつけるようにして打つ。
常に体の近くにバットのヘッドがあるから、バットコントロールができてレフトにもライトにも自在に打てる。
この体にバットを巻きつけるようなバッティングスタイルは、私に似ているといえば似ているのかもしれない。
通常、バッターは自分のポイントというものを1つか2つ持っているものだが、彼の場合、それが3つ4つあった。

私は、前田選手は、ある意味、イチローよりも難しい領域のバッティングに挑戦した打者だと評価している。
イチローは詰まってもヒットゾーンに打球を落とすことを考えているバットの先からグリップエンドの手前まで
ヒッティングゾーンのあるような特異な打者だ。足も使える。
内野安打も多い。しかし、前田選手は怪我をして足が使えなくなってから、いかにしてバットの芯でボールを捉えるかという技術
を追求せざるを得ない状況に立たされた。そして求道者のように、その難しい世界を極めようと努力をした。

近寄り難いような独特のオーラを持った孤高のバットマン。
本物のプロフェッショナルが、また一人球界からいなくなると思うとたまらなく寂しい。

(おわり)


引用元
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1380784996/


5:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:24:52.42 ID:R4kWyxvS0
掛布、生きてたのか


9:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:25:11.83 ID:0gi7EYUt0
イチロー自身も前田はすごいって言ってるし、それでいいんじゃないの


11:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:26:16.40 ID:29xUGg/q0
それはさすがにない


12:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:26:18.69 ID:6efYaLbR0
地味だから過大評価


16:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:28:13.59 ID:U6LgkZAo0
掛布の方が凄いよ


21:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:30:01.66 ID:j2hmyCpk0
あのぉー前田君はですねぇー。
打撃技術だけ取ればイチロー君を遙かに越える素材でしたからね。
アキレスやらなければ3000安打は間違いない素材でしたね。ええ。
イチローより先にメジャーで伝説に成ってたと思いますよ。


32:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:33:38.62 ID:rnzkvZth0
>>21
なんで日本は怪我したら、ボチボチ打撃技術ある選手とかは神化されちゃうんだろ。
投手で言えば伊藤なんかいい例


172:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:58:02.81 ID:b4je9KK30
>>32
伊藤と斎藤だろ

斎藤なんて正直成瀬レベルだったろ
活躍した年数も
確変時の成績も


188:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 17:00:54.64 ID:cds41mdm0
>>172
ボールみてそういってるなら脳が腐ってる


406:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 17:44:13.93 ID:A+NoOhwl0
>>32 伊藤は怪我した後の方が速くなって150km/h代の速球投げるようになった稀有な例だから神化されてもおかしくない


24:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:30:59.55 ID:0CtE2Hvp0
前田は小野伸二みたいなもん。
すごいけど怪我したらそこで終わり。
後はもうかつてのパフォーマンスを発揮できない「すごかった人」でしかない。


224:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 17:06:00.68 ID:WuyoYwp50
>>24
例えるなら小野じゃなく小倉のほう


581:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 18:15:22.50 ID:H65Z7/tU0
>>24
まさしくそれだよな
怪我が原因で過大評価になった感じ
イチローの怪我をしないための事前準備に割く時間を考えてやればいいのに


593:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 18:19:12.69 ID:0N26I46B0
>>581
何がまさしく、なんだ。
全然違う。

前田が天才扱いされてたのは怪我する前から。


616:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 18:23:53.53 ID:Mf+bbaMK0
>>581
21くらいで日本一のセンターって言われてたぞ


33:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:33:43.47 ID:eUE1F9OC0
センスは抜群なんだろうけど、ちょっと過大評価だと思うんだよね
金本は言うまでもなく、ノムケンや江藤にも及ばないんじゃないかと思うよ


36:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:34:16.71 ID:AaR6K6TO0
怪我がなければ3000本いけてた


37:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:34:22.32 ID:s3IU+2nh0
怪我さえなければ
もし怪我さえなければ、どれだけの成績を残せただろうか


38:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:34:27.37 ID:g1rovgzn0
プロは結果だよ
結局、なにひとつ打撃タイトル取れずに終わったから、その程度の選手ってこと
ああ、怪我がなければ~の言い訳もいらない
それ含めて実力だから


54:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:38:19.77 ID:rnzkvZth0
>>38
ほんとそれ!まだ前田より小久保の方がマシ


162:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:56:34.60 ID:eUE1F9OC0
>>38
結果を度外視して、前田が天才だって言うなら、
清原だって松井や落合以上のバッターだよな


173:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:58:06.58 ID:z1/Ia4h60
>>162
清原はバケモノだよ
ただ、ああいう性格だからああなった
元木も清原に劣らない素質がありながらあの性格だから、くせ者レベルで終わった
性格ってのは大事だな


40:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:34:58.28 ID:/QpyrJ+j0
総合的に見て、これはイチローに失礼


42:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:35:25.04 ID:VScxaAbl0
あの狭かった広島球場を持ってた球団で凄い凄い言われてもねえ


44:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:35:53.67 ID:b0EKABtu0
前田は怪我をした。
イチローは怪我をしなかった。

前田は体のケアを怠った。
イチローは体のケアを大切にした。

それだけ。


65:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:39:38.08 ID:yPbaqmuF0
これは正論。打撃技術だけなら前田はイチロー以上だった。
投手で例えるなら、前田は本格派。イチローは変則タイプ。


72:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:40:35.18 ID:Ox4SFLlB0
怪我さえなかったら・・・・


80:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:42:30.76 ID:uzWgZBhwP
前田智徳は(打撃技術に関しては)イチロー以上って言ってるのに
いちいちケチ付け始めるアスペ多すぎ。


85:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:42:57.67 ID:g+++vG1D0
いい選手だったのは間違いないけど比較する必要はない


94:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:43:56.33 ID:TpjUvBxP0
イチローが前田のことを尊敬していて、オールスターで会ったときに
持ち上げてただろ。
落合も「天才ってのは前田のことを言う」って言ってたし。


でも90年代最高の野手は高橋由伸。ケガ(ry


102:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:45:43.26 ID:ZVKpy1Lci
同業の選手はみんな、前田がいかに天才だったかを語るな

そう言うモノなんだろう


105:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:46:46.15 ID:twfJ+iLr0
確かに凄い選手だと思うけど、天才って言葉が一人歩きしてる気がするなぁ


107:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:47:02.63 ID:z1/Ia4h60
まぁ運がなかったな
一塁駆け抜けて悶絶(左足アキレス腱断絶)
三塁に向かうところで悶絶(右ふくらはぎの腱断絶)
首位打者争いしてて最終戦直接対決、権藤監督が鈴木尚典を出さないなんて真似するから、敬遠されるぐらいならと自分も出なかったり
本塁打を打っても笑わない男だったが、選手会ゴルフでは笑いまくりでギャップの楽しい男だった(ゴルフの腕前はチーム1どころではなくプロ級)


141:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:52:45.94 ID:MEWtWwg70
松井秀喜もテレビで言ってた


153:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:54:46.89 ID:twfJ+iLr0
>>141
松井は努力型の天才だからなぁ
自分が出来ないボールを運ぶ打ち方に憧れるんじゃないかな
俺はボールを潰す松井みたいな打ち方のが好きだけどね


143:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:52:57.35 ID:TpjUvBxP0
イチローの憧れだった選手

田尾
篠塚
前田

共通点は左打ちでバットコントロールが上手い。


157:名無しさん@恐縮です:2013/10/03(木) 16:55:30.28 ID:VrLqL9m60
神がかった技術だがガラス細工だった
それだけにファンだけじゃなくプロの超一流にも惜しむ人が多いんだろうけどね