01:00コメント(0)トラックバック(0)ドラフト・有望選手学生野球 
ついに球児たちの春が開幕だ。高校野球の練習試合が8日、解禁され、今春センバツ(21日開幕、甲子園)に出場する各校が今季初実戦を行った。優勝候補の横浜(神奈川)は横浜市内の同校でダブルヘッダーを行い、4番高浜祐仁内野手(2年)が2試合で計3安打4打点を挙げた。

 横浜のドラフト候補、4番高浜が今季初実戦で2試合9打数3安打4打点の結果を残した。ドジャース、マリナーズ、日本ハム、DeNAの日米4球団が視察する中、第1試合の1回に先制の2点適時右前打を放つと、3打席目に右中間に適時三塁打、第2試合の5打席目は豪快に左中間を破る適時二塁打を放った。

 公称では身長182センチ、体重83キロだが、渡辺元智監督(69)は「5キロぐらい激やせした」と心配する。打撃もまだ本調子とはいかず、タイミングを崩す場面もあった。それでも昨夏に楽天松井裕樹投手(18=桐光学園)からバックスクリーン弾を放った潜在能力はピカイチで、同監督は「ある意味楽天的。きっかけをつかめば上がってくる」と期待。

 同じくドラフト候補の浅間大基外野手(2年)は左鎖骨の疲労骨折から復帰し、2打数2安打1打点だった。試合は第1試合は19安打を放ち12-0で湘南学院(神奈川)を、第2試合は日大明誠(山梨)を14安打で16-1と破った。

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20140309-1267773.html



      -スポンサード リンク-

















   -スポンサード リンク-         



※httpや特定の単語をNGワードに設定しております(蔑称・卑猥な言葉など)。
※特定の選手の愛称などが引っかかってしまう場合もあるのでお気をつけ下さい。
※不適切と管理人が判断したコメントは削除致します。ご了承下さい

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
野球ブログ
TOPE1-300x103 (1)
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ