16:00コメント(10)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:29:07.71 ID:???*.net

「ショート・コンパクト・スイング」できる選手はホームランが増える

第3回のコラムでは、日本人内野手の可能性について取り上げましたが、今回は、打者、特に、MLBでは日本人選手の成功例が少ないと言えるパワーヒッターを議題にします。
過去、MLBで日本人選手が30本塁打を打ったのは2004年の松井秀喜選手の1回でした。
中田翔選手や筒香嘉智選手、T-岡田選手など、若手を中心に日本人のパワーヒッターが台頭してきていますが、
日本人パワーヒッターの行く末は明るいのでしょうか?

今回は「パワーヒッター」がテーマですが、一言に「パワーヒッター」といっても捉え方によって大きく違ってきます。
例えば、「パワーヒッターとは?」と問いかけをして10項目を並べたときに、個々で感じているパワーヒッターの概念は異なっているのではないでしょうか?
飛距離を飛ばすことがパワーなのか、ホームランの数が多いことがパワーヒッターなのかなど、何をもって判断するのかは、
個々によって異なるということを頭に入れておいたほうがいいのかもしれません。
 
私は、パワーヒッターについての捉え方が日本とアメリカでは異なっているように感じています。
外見から、力のあるアスリートがバットを持って、簡単には打てるとは限りません。
しかし、メジャーリーグには体が小さくても20~30の本塁打を打てる選手がいるのです。
 
つまり、力の出し方や出力の仕方に違いがあり、アメリカのバッターたちは(パワーヒッターであるかどうかに関わらず)は、
力の出力に特徴があって、インパクトの瞬間に力を伝えるスイングを心がけています。
インパクトの瞬間に力を集中させることで、ホームランを打つことができているのです。
アメリカは「ショート・コンパクト・スイング」(以下SCS)という表現をよく使うのですが、
日本でも人気のロビンソン・カノ選手(マリナーズ)はまさにそんなバッティングをしています。
彼の体は大きいですが、力任せのようなバッティングをしているのではなく、
技術がしっかり伴っていて、SCSでしっかりと打てる選手であるのです。
 
日米の選手で比較して分かりやすい特長としては、体の軸(体軸)の動きにあると思います。
アメリカの選手のほとんどが、バッティングに際して、動きながら打つということはあまりありません。
その場で体を回転させる打ち方をしています。一方、日本の選手は体の反動を使って打つ選手が多いように感じます。
 
これは育成の段階での違いもあるように思います。
ジュニア世代の子どもたちが反動で打ってしまうのは仕方がないですが、一部ではボールを遠くに飛ばすために、
勢いをつけて、足を上げて打つほうが良いという指導が日本にはあり、その影響ではないでしょうか。
 
アメリカでは、これがバッティングの原点というかのように体軸が動きません。
アメリカの選手たちが体を動かすことなく打っていますから、同じように子どもたちも体を動かさないで打つということが浸透しています。
見よう見まねということでしょう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150331-00010002-baseballc-base
ベースボールチャンネル 3月31日(火)14時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150331-00010002-baseballc-base.view-000
アメリカと日本で異なるパワーヒッターの概念


2: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:30:38.19 ID:???*.net

アメリカでは引っ張る指導はない

バットの軌道についても違いを感じます。
メジャーのテレビ中継を見ていますと、「パーフェクト・インサイドアウト・スイング」という表現を使っているのをよく耳にします。
インサイド・アウトでスイングができているかどうかがバッティングには重要であるという考え方があります。
パワーヒッターの全員がそうあるべきとはいいませんが、インサイド・アウトを意識することで、バッティングが大きく変わると思います。

2012年にMLBで三冠王(アリーグ)を獲ったミゲル・カブレラ選手(タイガース)は、
インサイド・アウトが完璧にできているため、高打率を残しつつホームランも量産できるのです。
 
驚かれるかもしれませんが、アメリカでは「引っ張る」ことを指導されることはまずありません。
また、一般的にうまく逆方向に打った打球でも、「うまく流し打ちをしましたね」と日本では言われますが、
考え方としてはバットの角度でその方向に飛んでいるだけで、流しているという表現にはならないのです。
 
つまり、ホームランを打つバッターというのは、一瞬のスイングで打つ効率がよく、インパクトに力を集中させているということです。
フルスイングすれば、ホームランを打てるというわけではなく、ショートスイングでホームランを打っているといえます。
ウエイトをやればパワーがつくというのは、外見からパワーがあるように感じるだけで、
打つことというのは、力・スイング・角度を連動させるのが練習であり、バッティングの基本であると思います。

このように、技術的な違いがあり、体の使い方が違うわけですから、日本で数年間プレーして、海を渡ってメジャーにいくと、
長年やってきたものが身についてしまっている難しさはあるでしょう。
明らかに全く違うものと戦うわけですから、そのズレを修正するのに数年を掛ける必要があるのです。
だから、私はジュニア世代からしっかり体の使い方の基本を教えていくことが重要であると考えています。


元ロサンゼルス・ドジャース 日本担当スカウト
小島圭市(こじま・けいいち)

1968年7月1日、神奈川県生まれ。東海大高輪台を卒業後の86年、ドラフト外で巨人に入団。
92年にプロ初勝利を挙げるなど、3勝をマークした。
その後は故障に泣かされ、94年のオフに 巨人から戦力外通告。
巨人在籍中の怪我の影響で1年浪人のあと、96年テキサス・レンジャーズとマイナー契約。
1年間、マイナーリーグで活躍した。
翌年に日本球界に復帰し中日ドラゴンズでプレー。
その後は、台湾の興農ブルズなどで活躍し、現役を引退した。
01年日本担当スカウトに就任。石井一久、黒田博樹(ヤンキース)、斎藤隆(楽天)の獲得に尽力。
三人が活躍したことから、スカウトとしての腕前を評価された。
2013年にスカウトを退職。現在はジュニア育成のため、
全国の小・中学生の指導者へ向けた講演会活動や少年野球教室を展開している。


6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:35:21.66 ID:Ge9hP2Lj0.net

なんだかんだでデカイやつのがいいのは確か
長い棒を振り回すフォローがでかくなる遠心力だからな
まあでもおかわりなんてそう大きくないし全くないとはいえないだろ



      -スポンサード リンク-
引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427779747/


7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:39:19.41 ID:BcXMrNjh0.net

ホーナーのスイングがお手本だろ
日本人で言うと城島


8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:40:01.18 ID:Nw8EfsOx0.net

脇締めてのバッティングは基本中の基本


9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:41:15.94 ID:lJUC2jYb0.net

ステロイド全盛期にアホみたいにホームラン数増えてたのからしても
結局パワーがすべてだよ
パワーがあれば並の選手の外野フライもホームランになるんだから


10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:41:16.55 ID:wHkVbisf0.net

遠くへ飛ばすのに必要なパワーを出すためには結果的に体がデカいほうが有利なんだし
何も体が小さいやつが有利になる要素なんてないし
何を言ってんだハゲというかんじです


11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:46:49.41 ID:E49t+6FK0.net

同じ技術やれば、身体能力優勢が上をいく
これはもう、どうにもならん
だけど、日本の指導者みたいに今までそれで良かったから
そうしておけ的な意識の怠惰は許せん
タイプに合う合わないはそいつの個性で
人種なんか関係ない


14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:57:20.80 ID:Od6EL/0s0.net

>>11
関係あるよ

それと日本人でも教え方はさまざまだからね


15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:58:50.26 ID:AQWLLmkq0.net

真髄・打つ 王貞治
https://www.youtube.com/watch?v=a11sSu3eENk



16: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 14:59:55.50 ID:dmh/SfU00.net

メジャーなんて身長190センチ以上の投手が普通になってきてるんだぜ


25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:21:28.31 ID:2+RU4hY50.net

>>16
いやメジャーは前からでむしろNPBで普通になってきてるだろ


17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:02:43.18 ID:EjOCfQIm0.net

目線は動かないほうがいいんだよな。
イチローみたいな天才は動いてもいいけどさ。

ゴルフやれば体感できる。
ポイント抑えて軸動かさないように打てばミート率がすんごい上がるから。

理想のバッティングはボンズだと思う。

そのボンズから三振取った上原のフォークかっけー


18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:03:18.98 ID:BNAs/PDI0.net

コンパクトに叩く
これこそパワーが必要なんじゃ


21: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:11:02.77 ID:YHQJobw70.net

球場にもよるけど90メーターだと凡フライで100メートルだとホームランだからなあ


23: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:16:46.56 ID:ksrdu/j1O.net

去年セーフコで田中から打ったカノのホームランは凄かったな
あの広いセーフコのセンターよりややレフト側のスタンドに
低い弾道で吸い込まれて行ったのは衝撃的だった


32: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:49:55.32 ID:S1LI5gk50.net

>>23
日米野球の時のレフト方向への大飛球も凄かったぞ
ギリギリHRにならなくてチンタラ走ってたカノーがアウトになったやつw
ああいう打球は日本の野球じゃそうそうお目にかかれないからな
やっぱ凄いと思った


24: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:20:31.90 ID:WY2xtRnY0.net

アウトステップする選手は大概ダメだよね


26: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:23:54.06 ID:ylDArE+a0.net

これが事実なら薬付けなんかにならないとおもうんですが・・それは・・


27: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:26:55.44 ID:ksrdu/j1O.net

ステロイドは肉体改造にも影響があるが動体視力にも影響ある
という話だからなあ。
捕らえにくいムービング系のボール全盛の現在に動体視力が
高まるなんて夢の薬と言える。


28: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 15:27:05.10 ID:xBVdMXUj0.net

日本球界に来る外国人なんておもっくそフルスイングなんですがそれは・・・


33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 16:02:02.72 ID:3UWP4RtB0.net

最盛期の前田と吉村は天性だから誰も真似できない。

そもそもショートコンパクトとか頭がおかしいとかしか思えない。


35: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 16:35:44.51 ID:7srhTLlg0.net

トップハンドトルクという理論だったかな
2008年頃によくネットで見かけた


      -スポンサード リンク-

    • 1.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 16:25 ID:0F.vi1E.0
    • カノもカブレラもアメリカの人がちゃうやんけ
    • 2.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 16:27 ID:7.w2suog0
    • 打球が弱いと話にならない
      強く打球を飛ばすためにコンパクトに強く小さくってのはその通り
      ただ遠くに打球は飛ばしにくくなるからメジャーでホームラン打てるようになるかと聞かれると微妙だけど

      日本にいる外国人だとブランコはここで言うSCS(こんな略称聞いたことないけど)に則ったきれいなスイング
      一部アッパーだとか言ってるやつもいるが
    • 3.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 16:28 ID:antq0p84O
    • 村田真「つまり私の指導は正しい」
    • 4.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 16:57 ID:.49YCYnM0
    • フォローがでかい選手見てフルスイングすげぇとかいってる
      センス無いやつにいってもわからんやろな
    • 5.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 17:04 ID:nqehqMwG0
    • ごもっとも。野球だけじゃなくサッカーもだが、走り方だけ見ても日本人のレベルの低さは異常すぎる
    • 6.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 18:02 ID:BfZ7bPfM0
    • ※2
      ブランコはたしかに軸の強烈な回転で飛ばしてるけどスイング軌道なんかは綺麗なインサイドアウトとは言えないと思うんだが
      フォロースルー関係なくスイング軌道がかなり遠回りしてるタイプだから速い速球にいつも刺し込まれるし
    • 7.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 21:39 ID:JTbDTzcPO
    • ステロイドを上腕や腹背筋のみのために飲んでると考えてるバカがいるとは。
      目を動かすのにも筋肉使うんだよ?
    • 8.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月01日 23:35 ID:gaOTWLVP0
    • >> 2
      メジャーやとレベルスイングを徹底してるけど日本はバット持った手の位置が振り出し(トップ)の位置の時に肩より上やからダウンスイングになってゴロになる
      ブランコは構える位置が高くて振り出しの位置も肩より上やからアッパースイングやし>>6の言ってる通り遠回りやで
    • 9.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月02日 02:33 ID:WMdcsW3C0
    • メジャーリーガーの様なスイングはできる爪楊枝みたいなバットなら
    • 10.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2015年04月02日 07:38 ID:Tye5TJ110
    • 自分自身を、「バットを振るロボット」と意識してやると世界が広がるで。ゴルフのティーショットとおんなじや。
      あと、スイングの仕方もダウンがいいとかレベルがいいとか言われとるが、そのどちらも間違い。もちろんアッパーも間違い。どれも不正解
      バットってのは、バッターの肩の位置を支点にして円運動をするんやぞ。そしてストライクゾーンがその肩よりも低い位置にある以上、「スイングはダウン、レベル、アッパーのいずれかに分類される」ということはありえない。そのどれでもないスイングになる
      頭をややキャッチャー側に傾けた「倒れかけの独楽」みたいなスイング。それが正しいスイング


※httpや特定の単語をNGワードに設定しております(蔑称・卑猥な言葉など)。
※特定の選手の愛称などが引っかかってしまう場合もあるのでお気をつけ下さい。
※不適切と管理人が判断したコメントは削除致します。ご了承下さい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
野球ブログ
ニュース
ad

アクセスランキング ブログパーツ