1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 12:42:24.89 ID:CAP_USER*.net
一般社団法人日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーは、今月2日に覚せい剤取締法違反で
現行犯逮捕された清原和博について声明を発表。12球団で開いている有害行為の再発防止研修会に、
薬物問題を追加する方針を明らかにした。
正論ではあるが「遅しに失した」と思うのは、私だけではないだろう。
元阪神のエース、そして広島、日本ハムでリリーフエースとして活躍「優勝請負人」とまで称された
江夏豊が逮捕されたのは引退の8年後、1993年のこと。私のようなオールドファンに今回の逮捕劇と同じ衝撃をもたらした。
初犯ながら、所持量の多さから懲役2年4月の実刑判決を受けた。酒井法子や飛鳥が、
執行猶予付きであることを考えると、事態の重さが窺える。

元広島の足立亘も1993年の引退から7年後の2000年に覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反で逮捕。
元巨人、ミルウォーキー・ブルワーズに所属したことでも知られる野村貴仁が2006年、覚せい剤使用で逮捕されている。
清原は巨人時代、野村とも同僚。日本テレビによると、まだ清原がオリックスで現役選手として活躍していた10年前、
捜査対象となっていたとされる。
五輪では1968年から実施されているドーピング検査は、MLBでもようやく2003年から実施された。
以降、MLBがドーピングまみれだったことがつまびらかになり、野球が五輪から外れたのは、それが原因とまで囁かれた。
日本野球界が初めてドーピング検査を実施したのは2006年のこと。この時はあくまで「啓蒙」のためだったとし、
100名を越える違反者名の公表を控えた。2007年以降、アンチドーピングガイドを掲げ啓蒙を心がけているが、
NPBは世界アンチ・ドーピング機関(WADA)と連携している日本アンチ・ドーピング機構にさえ所属していない。
検査も年に一回行う程度。競技が行われるごとに抜き打ちで行われる陸上競技での検査などとは雲泥の差だ。
ドーピング検査はあくまで「運動能力を向上させるために、薬物を使用したり物理的方法を採ること」を防ぐための
検査ながら、尿検査という性質上、あらかじめ検査項目に入れ込みさえすれば、覚せい剤使用などにも有効活用できると言う。
NPBが「江夏事件」の衝撃を真摯に受け止め、さらにアンチ・ドーピングの重要性を認識していたのなら、
「清原は現役時代も薬物を使用していた」などとグレーゾーンまで話題が広がることはなかったのではないか。
スーパースター清原個人の問題とは言え、球界はこうした不祥事と危機管理において、常に脇の甘さを露呈する。
昨年の賭博問題も同様だ。過去の教訓がまったく活かされていない。
4日夜、NHKの「ニュースウォッチ9」でも清原逮捕の続報が続いた。一方で、ロシア陸連による組織的ドーピング事件も
取り上げられた。同番組よると、これまでの五輪大会において、日本人選手がドーピング検査に引っかかったことがないと言う。
なぜ日本人選手が常にフェアプレーを心掛けるのか。同番組のアンケートにおいて「日本人はずるをしない教育を
受けている」、「日本には武士道がある」などが並び、アテネ五輪で金メダルを獲得した室伏広治選手のコメントには、
「日本人の美学は、美しいから人に感動を与えられる」、「薬物に頼らなくても、進むべき道を示すべき」という言葉が並んだ。
薬物は何もドーピングに限ったことではない。覚せい剤使用にも当てはまる言葉だろう。
プロ野球選手は2007年以降もドーピング違反選手が続き、罰せられている。日本代表は「侍ジャパン」と
名乗っているものの、球界に「日本には武士道がある」という崇高な精神は根付いていないようだ。
これを契機に五輪選手団同様のモラルと厳しいルールを持って、球界もドーピング根絶に動くべきだ。
検査項目に覚せい剤についても盛り込んでおけば少なくとも現役選手の覚せい剤使用についても、
目を光らせることができる


6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 12:45:23.92 ID:TdnbnoO80.net
引退していて野球界ともほとんど関わりがなくなっていた
清原が薬やっていてもどうすることもできないに決まってるだろ




引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454643744/


10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 12:46:10.74 ID:g1FpCrsF0.net
>>6
はあ?
現役時代から使用してる疑いがあると言われてんだろ

お前何言ってんの?


8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 12:45:31.95 ID:CPwbjyTZ0.net
日本野球機構(NPB)では、2000年代に過去のドーピング問題が登場した。
2004年、長嶋一茂が生放送[10]で現役時代にアナボリックステロイドを使用していたことを告白。
2005年、週刊朝日が千葉ロッテマリーンズの選手10名近くがグリーニーを使用していると報道[11](球団は一貫して否定)。
2007年、野村貴仁が週刊ポスト上で2週にわたって自らの薬物使用とともに2000年の読売ジャイアンツ内で一部の選手にグリーニーが使用されていたことを暴露[12]。
2009年、愛甲猛が自らの著書で中日ドラゴンズ時代にステロイドを使用していたことを告白[13]。
2000年代前半、清原和博や松坂大輔が疲労回復のためにニンニク注射を受けていることが、ドーピング問題とは異なる文脈でたびたび採り上げられた[14]。
この点について、注射の成分にかかわらず、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は正当な治療目的以外の静脈注射を禁じている。
2005年5月、3年前までNPBに所属しておりマイナーリーグに所属中の養父鉄がドーピング検査で陽性を示して50試合の出場停止処分を科された。使用薬物は公表されなかった。
2006年4月28日、マイナーリーグのAAA級ノーフォークに所属する入来祐作投手が薬物検査に引っ掛かり、50試合の出場停止処分を科された。使用薬物はステロイドホルモン。
2007年12月13日、メジャーリーグベースボール(MLB)での筋肉増強剤使用の実態調査をしたミッチェル報告書が公開されたところ、
アレックス・カブレラやジェフ・ウィリアムスら日本プロ野球に所属中および所属していた選手11人の名前もあったが、当時のNPBのコミッショナーである根來泰周はNPBの薬物対策に問題はないとし、報告書とは無関係の立場を取った[15]。
2015年、 アレックス・ラミレスが、ヤクルト時代にグリーニーを使用していたことを裁判で証言していたことが明らかになった[16]。
その他、2008年の夕刊フジの記事において、「不振のカブレラ&松中、消えぬ“疑惑”」というタイトルで、「『日本でも2年前からドーピング検査が厳しくなっ たから…』との憶測が流れる」[17]という内容が書かれた。

以上のような経緯を受けて、2006年にNPBがシーズン中に啓蒙期間として罰則なしのドーピング検査を104人に実施したところ、その中に陽性事例があったことを長谷川一雄コミッショナー事務局が発表(ただし悪質ではないと主張。氏名は公表せず)[18]。
2007年以降、同機構は機構内にアンチ・ドーピングガイドを掲げ[19]、独自の方針でドーピング検査を実施・公表している。
違反者は、NPB医事委員会の報告の後にNPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会で審議され[20]、その結果により譴責・10試合以下の公式戦出場停止・1年以下の公式戦出場停止・無期限出場停止のいずれかが科される[21]。
今まで、リッキー・ガトームソン(20日間出場停止)、ルイス・ゴンザレス(1年間出場停止)、ダニエル・リオス(1年間出場停止)、井端弘和(譴責)の4人が制裁を受けた[22]。
ほか、吉見一起が疲労回復目的で「ニンニク注射」と呼ばれる点滴を受けていたことが判明したが、NPBは「吉見選手に対する治療は医学的に正当な適応による治療行為の範疇に入る」として不問とした[23]。

なお、ドーピング検査の回数はMLBと比べると少ない。MLBでは2009年の1年間で3722人の検査を実施したが[24]、NPBでは2007年から約5シーズンで543人(年平均約109人)の検査にとどまっている[25]。


178: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 16:11:23.65 ID:pigoGi130.net
>>8
>なお、ドーピング検査の回数はMLBと比べると少ない。MLBでは2009年の1年間で3722人の検査を実施したが[24]、NPBでは2007年から約5シーズンで543人(年平均約109人)の検査にとどまっている[25]。

レギュラークラス全員受けてないんか?


37: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 12:55:20.99 ID:I/3M4VrN0.net
まあ覚醒剤やって実力が上がるわけではないからなw
筋肉増強剤とは違う


50: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:01:57.64 ID:5/kyh+JR0.net
>>37
一時話題になったグリーニーって日本の法律だと覚醒剤に指定されてる物質だぞ
メジャーでもアンフェタミン摂取して急死した選手いるけどアンフェタミン=覚醒剤
ボンズが使って騒動になったのもアンフェタミン

効能としては集中力が強くなるから一種のボールが止まって見える状態を自分で作れるようになる




56: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:03:02.95 ID:Daw4oAag0.net
血液検査ろくにしてないのは
スポーツ機構としてダメやろ



180: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 16:20:21.63 ID:lsG4C2oG0.net
見て見ぬふりをしてたのは球界だけじゃないだろう。テレビ業界も友人も。秋山、気が付いてたんだろ?


68: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:10:45.91 ID:CPwbjyTZ0.net
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E6%A5%E6%9C%AC%E3%97%E3%AD%E9%8E%E7%83%E3%AE%E3%89%E3%BC%E3%94%E3%B3%E3%B0%E5%8F%E9%A1%8C
日本プロ野球のドーピング問題

日本プロ野球のドーピング問題(にほんぷろやきゅうのどーぴんぐもんだい)とは、日本野球機構(NPB)における薬物使用に対する一連の疑惑とその対策である。
メジャーリーグ機構(MLB)は2005年以降に本腰を入れてドーピング対策に取り組んでおり、現在は血液検査まで導入され、一流選手でも容赦なく処分している一方で、NPBは日本アンチ・ドーピング機構に加入せず、検査も尿検査にとどまっている。
目次


69: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:10:57.36 ID:PNoTSK03O.net
ほとんどの日本人選手がドーピングやってないことを良いことに検査に積極的じゃないんだよな


92: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:29:57.71 ID:+uYnIVJA0.net
球界に責任はあるよ
先月なんて、名球会のチャリティーマッチに清原を呼んでるからな(ちなみにヒット2本打った)


145: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 14:28:24.15 ID:8DPW89wW0.net
>>92
おそらくその時、北別府が既に素行の評判の悪かった清原に
「ちゃんとやれよ」と説教していたのではないかと。

当然、北別府はブログで激怒


96: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:30:41.81 ID:S9ZBZoT80.net
大概のスポーツ団体は加盟している
加盟してないのは
JRAや競輪等の公営賭博集団
NPB
プロレスや格闘技団体


110: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:36:46.22 ID:S9ZBZoT80.net
あの大相撲協会ですら加入してるんだぞw


118: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 13:45:56.84 ID:rN6ToNIq0.net
カブレラとか酷いもんな
完全に日本のプロ野球だけ野放し状態


2000年 メジャーリーグ アリゾナダイヤモンドバックス 時代  ←アナボリックステロイドを所持していたことから通報を受ける 麻薬取締局による薬物検査の最中に日本へ

2001年~2012年 日本プロ野球リーグ 西武・オリックス・ソフトバンク時代  王選手に並ぶ歴代最多55本塁打を記録するなどリーグを代表するスラッガーとして大活躍

2014年 メキシコリーグ ベラクルスレッドイーグルス時代   ←薬物使用疑惑により、一時メキシカンリーグを永久追放される


154: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 14:50:48.91 ID:jGe4Fj4Z0.net
シドニー、アテネ、北京に出た日本代表一人も捕まってない
WBCでも同じ
メジャーでもいまだ入来が一人捕まっただけ
日本人クリーン過ぎる


156: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 14:52:24.32 ID:qwpuE3zU0.net
>>154
何でこの選手選ばれてないんだろう?って人多いもんね


158: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 14:53:14.76 ID:7fysqNOZ0.net
高卒から球界でちゃんと教育しないからいかんのや


186: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 17:08:08.69 ID:v2pXIDls0.net
これを機にやるしかないよね