17:00コメント(15)トラックバック(0)OB・評論家・解説者 
1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:22:03.20 ID:CAP_USER*.net
<里崎評論:気持ちで相手を上回れば試合に勝てるか?>

元ロッテの里崎智也氏(野球評論家)の「ウェブ特別評論」を掲載。5回目は「気持ちで相手を上回れば試合に勝てるか?」です。

   ◇    ◇

野球、サッカーなどスポーツ全般で気になることがある。「相手より勝ちたい気持ちが上回ったから勝てた」「勝ちたい気持ちが相手より足りなかったから負けた」といったフレーズだ。

個人的には、気持ちの部分で勝敗はつかないと思っている。気持ちの強弱の前に、勝ちたい気持ちを持って試合に臨むということが大前提だから「強弱」はないと思う。

気持ちが強すぎるチームや選手はプレッシャーがかかりすぎるせいか、うまくいかないことが多いと思う。
04年から2年間、通常のレギュラーシーズンでは1位の成績を収めたホークスは、プレーオフで敗れて日本シリーズ進出を2年連続で逃した。
04年は西武に、05年はロッテにうっちゃられた。特に05年のプレーオフはホークス選手が勝ちたい気持ち度数でロッテ選手に引けを取ったとは思えない。

“下克上のロッテ”と言われることもしばしば…。レギュラーシーズン3位でも、プレーオフでワンチャンスもらえることが、失うものがない分、思い切っていける。
ダメもとでぶつかる相手に実力上位チームが普段の力を発揮できない限り勝つ保証はない。

2006年の第1回WBC(ワールド・クラシック・ベースボール)で日本は世界一に輝いた。
決勝戦前、ベンチ裏では日の丸の重圧からか顔色がすぐれない選手もいた。
そんな中でも、個人的には負けたって次のチャンスに生かせばいいと思っていた。
結果に対する不安はなかった。個人がやることやっても周りの出来不出来で負けることだってある。
かと思えば、自分がミスしても周りの選手に助けてもらって勝つときもある。

気持ちの強弱で話すこと自体、結果を見てから言っているんじゃないかと思う。
勝ちたい気持ちが強かったから優勝したとか結果論を気持ちの部分で判断材料しても何の向上もない。
どこかで聞いた言葉だが「結果には原因がある」のだ。

技術的にも、戦略的にも。気持ちで語り始めたら努力もしないで逃げているような気がするのだが…。
気持ちで語る前に、緻密に次の試合への戦略を立てたほうがいい。気持ちで勝負事を語ると何の反省もない。

ビジネス書によく「PDCA」を回すとあるが、サラリーマンだけでなく野球選手を始めスポーツ選手全般に「PDCA」を大事にするのは当然。
負けた際は、気持ちの強弱ではない。試合前にプランを立てる。成功した、成功しなかったを受けて、どこがうまくいかなかったのかを点検し、自分のミスを反省。
次はその間違いを糧に新たな手法で実行。そして経験を積み上げることの繰り返しだ。
結果で気持ちを語るような結果からの逆算はしない。結果を先に考えてしまうからプレッシャーがかかる。

現役時代のプロ1年目。レギュラーに定着できなくても特に気合が入っていたわけではない。
ファインプレーをしようとも思わなければ、特別なことをしようとも思わない。自分の果たすべき役割、できることをしっかりやる。それに尽きる。
全力投球の姿勢で臨んで、けがなく無事に試合が終われば、それでいいのではないだろうか。

勝負の勝ち負けは時の運。自分のやるべきことをキッチリやることしか勝利へ貢献できることはない。気持ちの強さだけで勝てるほど勝負は甘くない! (日刊スポーツ評論家)

◆里崎智也(さとざき・ともや)1976年(昭51)5月20日、徳島県生まれ。鳴門工(現鳴門渦潮)-帝京大を経て98年にロッテを逆指名しドラフト2位で入団。
06年第1回WBCでは優勝した王ジャパンの正捕手として活躍。08年北京五輪出場。06、07年ベストナインとゴールデングラブ賞。
オールスター出場7度。05、09年盗塁阻止率リーグ1位。2014年のシーズン限りで引退。
実働15年で通算1089試合、3476打数890安打(打率2割5分6厘)、108本塁打、458打点。現役時代は175センチ、94キロ。右投げ右打ち

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000065-nksports-base
日刊スポーツ 3月18日(金)10時9分配信



6:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:26:35.67 ID:51hFYbRW0.net
可能性の底上げにはなる程度





      -スポンサード リンク-
引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458264123/


9:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:28:46.10 ID:jZ7lnygw0.net
キックボクサーだったけど気持ちの強い弱いは格闘技では反映されるよ
弱いと劣勢に立たされたりキツイときに試合を投げる


16:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:40:34.06 ID:lpVUGDMQ0.net
まあ、ケースバイケースだな。
西武の黄金期に日本シリーズで、引き分けのあと3連敗して、
森監督がミーティングを無くし、選手たちも「どうせ、今日で終わりだな」と、
気軽にやっていたら、4連勝したとか言っていたからな。


19:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:44:40.47 ID:X/pRAmnY0.net
しんどい時でも下向かないで最後まで走る岡崎みたいな選手と
香川のように調子悪いだけですぐふて腐れて雑になる選手が
日本代表レベルでもいる以上
気持ちは結果に繋がる大事なファクターでしょ
里崎は誰でも持ってると勝ちたい気持ちをひとくくりにしているが
その度合いが違うというべきか




20:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:48:26.07 ID:Gg53OdUA0.net
僅かでも有利にはなるだろう


24:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:58:28.19 ID:An1BByOC0.net
リードの好悪の件もそうだったけど、結果論を徹底して批判するね
筋が通ってるからまあ面白い


23:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 10:56:37.30 ID:QOAvAkmf0.net
もうちょっとうまい文章書けるようになると良いな
なんか読みづらいんだわ


29:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 11:50:39.35 ID:DNChzcBR0.net
無になれというても難しいから
次善の策としていろいろなアプローチがある


31:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/03/18(金) 11:56:11.63 ID:PXkHQmh30.net
フィジカルコンタクトがあるスポーツは気持ちが大事




-スポンサード リンク-

    • 1.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 17:19 ID:4g7fNsSv0
    • 人間がロボットでやった分だけ必ず結果を出せるなら里崎の言う通りだろうよ
      結果論や精神論を嫌うのは勝手だけどそこを無視したら非現実的な理想論になるだけだ
    • 2.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 17:45 ID:voLvlSGH0
    • 敗因と勝因を気持ちに求めるなってことだろ
    • 3.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 17:48 ID:.Vol.2.B0
    • だって気持ちって言葉便利やん
    • 4.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 17:56 ID:FhikVwCR0
    • 里崎の言う通りだと思うよ。
      勝った時に言う分には良いけどさ、負けた時に言っちゃだめだよね。
    • 5.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 18:14 ID:jO6K09xL0
    • 里崎が言う当たり前の事を143試合普通に出来る選手が少ないってことでしょ?
      劣勢だと気持ちが萎えて手を抜いたり、凡打だって自己判断してしっかり走らない選手は結構居るでしょ?
      そこをチーム全員が諦めず気持ちを強く持って、すべてのプレイ全力出し切ったから勝てたってコメントに繋がるんじゃないの?
    • 6.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 18:28 ID:3Yss9Dym0
    • また曲解されとんなー。勝ちたい気持ちを持って望むのは当たり前でその気持ちが強いとか弱いとかは結果論と言ってるんだろ。気持ちが関係ないとは言ってない。
    • 7.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 18:29 ID:M8KlAHpE0
    • 精神も理想もそれぞれそれなりには必要。どっちか一方だけあってもダメ。

      精神論だけで語れば中身も何もないただ適当に気合入れてやってるだけ。それで出来るなら幼稚園児でもプロになれる。

      理想論だけで語ればロボットやコンピューターに計算させたほうがなんでもいいことになる。ターン制のゲーム(将棋・チェスなど)で戦略以外は誰でも同じなゲームはそれで良いかもしれないがサッカーや野球ではなかなかそうはいかない。

      両方が程よくそろっていて初めて結果に繋がる。
    • 8.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 18:29 ID:NrRIzamz0
    • これはよく思う。代表戦とか選手権なんかで気持ちの入ったプレーとか言うが、そんな大舞台なんだから当たり前なんだと思うが。
      心理戦があるのならまだわからなくもない
    • 9.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 19:01 ID:9tj43EEG0
    • 逆にプロ野球は143試合もあるから、勝てなそうな試合は捨てた方がいいけどね
      明らか負け試合に勝ちパターンの継投をしても仕方ないし
    • 10.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 19:04 ID:GDrQGjnF0
    • これの趣旨は勝因と敗因を気持ちで片付けないで
      ちゃんと分析しろってことだと思うんですけど(名推理)
    • 11.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 19:19 ID:6Vb459wG0
    • 野球では影響ないだろうけど、サッカーなんかは気持ちが勝利を呼び込むことはあるだろう
      スタミナを最後の一滴まで絞りきるスポーツや格闘技は、自分が限界だと思ったところからさらに踏み込んでいくために精神力がとても重要なのは誰でも知ってる
      サッカーでホームアウェイでどれだけ勝率に差があるか、チャントや声援がどれほど選手を鼓舞するかは今さら語るまでもない
    • 12.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 20:37 ID:Zqqd1cJ40
    • 概ね賛成だわ

      特に国の代表やらプロ選手やらが負けの理由として語るのを見ると悲しくなる

      気持ちすら奮い立たせられないなら辞めろよ
      その戦いに参加したかったやつなんて他にいくらでもいるんだよ
      失礼だ
    • 13.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 21:26 ID:ih19hag.O
    • 気持ちが入ってるのなんか当たり前だろ、と。
      その中でも本番でのパフォーマンスに繋げられるような気持ちの持ち方をしろと
    • 14.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月18日 22:57 ID:6Vb459wG0
    • そうはいっても、代表戦が本当に自分の人生に関わってくるような試合なケースって少ないからなぁ
    • 15.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年03月19日 21:38 ID:W10bi.ZJ0
    • 「気持ち気持ち」言ってれば記者は引きさがるし、世間も納得する。
      作戦やや技術を公開せずに、取材をあしらえる。便利な言葉だと思う。


※httpや特定の単語をNGワードに設定しております(蔑称・卑猥な言葉など)。
※特定の選手の愛称などが引っかかってしまう場合もあるのでお気をつけ下さい。
※不適切と管理人が判断したコメントは削除致します。ご了承下さい

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
PR
野球ブログ
PR
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ