17:00コメント(17)トラックバック(0)OB・評論家・解説者 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:18:52.77 ID:CAP_USER*.net
森本稀哲インタビュー(中編)

その少年は、いつも帽子をかぶっていた。

大会の開会式で脱帽すると、周囲から笑い声が聞こえてきた。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2016/04/03/17/
■前編はこちら>>>

「あっ、ハゲがいるぞ!」

小学生が放った他愛のない一言が、少年に突き刺さる。汎発性円形脱毛症を患った少年は頭髪がすべて抜け落ち、全身の体毛を失っていた。
チームメイトの同級生にからかわれることはなかったが、他チームの選手にとっては「格好のネタ」だったに違いない。だから少年は、普段はなるべく帽子をかぶるようにしていた。

だが、大会が進むにつれて、笑う者はいなくなっていった。少年は圧倒的な力で周囲を黙らせていったからだ。

少年は思った。「なんて気持ちがいいんだ。もっとうまくなりたい!」と。

その少年、森本稀哲の野球人生は「周囲を黙らせる」ことの繰り返しから始まった。

「小学校は荒川区のチームだったんですけど、誰も笑うヤツはいなくなりました。中学は足立区のチームに入ったので、また笑われるようになって、それも1年くらいしたら笑われなくなりました。
高校では、最初は先輩とかから笑われることもあったんですけど、2年くらいからみんな黙るようになりました」

高校3年の夏、森本は東京大会の開会式で選手宣誓の大役を任された。
東京中の球児が畏怖するピンストライプのユニフォームをまとい、学生野球の聖地・神宮球場で胸を張って高らかに宣誓をする。
もちろん、帽子は脱いでいたが、笑う者は誰もいなかった。森本は当時を「心から自信に満ちあふれていたと思います」と振り返る。

プロ入り後に披露した「ピッコロ大魔王」や「ラーメンマン」のコスプレに象徴されるように、明るいキャラクターで知られる森本だが、幼少期は内向的な少年だった。
そんな森本を変えたのが「野球」というスポーツだった。

帝京高校時代の恩師である前田三夫監督はこう証言していた。

「稀哲は1年生の頃なんか、風呂場でも隠れて小さくなっているような感じだったんだけど、野球で自信がついたんだろうな。
3年生になる頃にはいつも堂々とするようになっていましたよ」

帝京には、腕に覚えのあるエリートが集まってくる。入部当初の集まりでは、森本を刺激するような出来事があった。

「僕は軟式で全国大会にも出たことがなくて、『雑草』タイプ。
帝京に来るメンバーは初対面から『オレはオールジャパンの~』とか『軟式の日本チャンピオンで~』とか、お山の大将ばかり(笑)。
でも、野球をやってみたら『絶対に俺、こいつらよりうまいな!』と
。1年生に対して闘志を燃やしていました。まずファーストコンタクトで、すげぇムカついたんで(笑)」

最上級生になると主将としてチームを率いる立場になった。だが、もともと自己主張の激しい選手が多いチーム。
森本は早々に「まとめるのは無理だ」と悟った。そして始めたのは「八方美人作戦」だった。

「自分が核となって、ひとりひとりとコミュニケーションを取っておく。それで自分がいざ、みんなの前で『こうしよう』と言ったときに『うん』と言ってもらえるような状況を作りたかったんです。
そうじゃないと、バラバラになると思ったので。だから、全体に対してというより、個人との関係を大事にしました。要は八方美人ですよね(笑)」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160404-00010003-sportiva-base
webスポルティーバ 4月4日(月)15時5分配信

morimotohichori20160404-thumb-450x300-123331


2: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:19:33.79 ID:CAP_USER*.net
森本自身は「この経験がプロで生きたかはわからない」と語るが、実際にやっていたことは西武在籍時の「お山の大将」の扱い方と変わらない。
森本は知らず知らずにそのすべを身につけていたのだろう。

個人とのコミュニケーションはどのように取るのかを森本に訊くと、こんな答えが返ってきた。

「まず自分の存在を相手に認めさせることからですね。直接野球の話をしなくてもいいから、まず『自分はこういう人間です』という部分をさらけ出す。
その上で、相手がどういう考えを持っているのかを聞き出します。
そこで向こうが10あるうちの3でも4でも出してくれれば十分。
毎日一緒にいるわけですから。最初はみんなに3ずつ振りまいておいて、次は5になって、時には7いってみたり……。もちろん、僕のなかの感覚ですけどね(笑)」

森本は1998年秋のドラフト会議で日本ハムから4位指名を受けてプロ入りした。
プロ2年目から一軍で出場するなど、早くから頭角を現したものの、しばらくはレギュラーに定着できなかった。

そうした時間が長く続いたからだろう。森本は次第に周囲に心を閉ざすようになり、
コーチからのアドバイスを素直に受け入れられない時期もあったという。

「言われた通りに打っても打てなかったし、自分でも『そんな打ち方をしたくない』と思っていて、やっぱり結果が出ない。
いつしか、指摘を受けるたびに『またその話?』とうんざりするようになってしまいました」

今では考えられないことだが、チーム内の先輩をも煩わしく感じ、関係を持つことを避けていたこともあったという。
そんな状況に陥っていた2004年、「あの男」がファイターズにやってくる。

「なんで新庄を獲るんだよ!」

メジャーリーグで3年間プレーしていた新庄剛志が日本球界に復帰することになり、日本ハムと契約を結んだ。
日本ハムは前年には坪井智哉を交換トレードで獲得しており、森本にとっては2年続けて同じ外野手の強敵が入団したことになる。
当初、新庄に対しては「敵意」しかなかった。

「あとで新庄さんに言われましたよ。『お前は酷かった』って(笑)。
何を言っても、『フーン』って態度で。よほどツンツンしていたんでしょうね」

新庄と仲良くなれたきっかけが何だったかを、森本はいまだに覚えていない。
ただ、ロッカーが隣で、同じメーカーの用具を使っていたことから話が弾み、守備についてアドバイスをもらえるようになったという記憶は残っている。

ある日のロッカーで、森本は新庄とこんな会話をした。

「新庄さん、遠征先では何してるんですか?」

「メシ食いに行くよ」

「そうなんですか。一緒に行きたかったなぁ」

「……なんでお前、言ってこないの? お前から言ってこいよ」

「いいんですか?」

そして次の機会に、森本は思い切って新庄を食事に誘ってみた。新庄はその誘いを快諾して、食事の席でこんな話をしてくれた。

「お前もそのうちわかると思うけど、後輩から声を掛けられるのって嬉しいから。
そもそもなんでオレから声を掛けなきゃならねぇんだよ。お前が行きたいなら、お前が声掛けてこいよ」

森本は「なるほど」と思いながら、新庄に言われたことをそのまま自身の後輩に言ってみた。
「お前から誘って来いよ」と。そして実際に「食事に連れていってください」と後輩から言われてみて、確かに嬉しさを感じたのだった。





      -スポンサード リンク-
引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459750732/


4: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:20:21.00 ID:CAP_USER*.net
「それからですね。上の人たちにも平気で『お願いします』と言えるようになって、コミュニケーションが取れるようになったのは。
今にして思えば、なんであんなに上の人たちにツンツンしてたのか、自分でもわからないんですけどね(笑)」

新庄とのかかわりを通して徐々に変わり始めた森本だったが、さらに翌2005年も次なる強敵が現れた。森本は内心、こう叫んでいたという。

「なんで稲葉を獲るんだよ!」

フリーエージェント宣言をしてメジャー移籍を目指したものの、オファーがなかった稲葉篤紀が、日本ハムと契約を結んだのだ。
社交性を取り戻していた森本だったが、稲葉に対しては「ツンツンしていました」と笑う。

だが、森本が稲葉の野球に対する姿勢に感銘を受けるまで、時間はかからなかった。
森本は「稲葉さんのプレースタイルはチームを変えた」と断言する。

「ミスをしたり、凡退した後の切り替えがうまいんです。ベースランニングも攻守交替もいつも全力で走るし、練習もすごくする。
『なんで獲るんだよ』なんて思ってごめんなさい……って感じでした(笑)」

そして2006年には、坪井が故障したこともあり、森本は年間通してレフトの定位置を獲得する。レフト・森本、センター・新庄、ライト・稲葉の鉄壁の外野陣は他球団の脅威になった。

「あの頃は、試合前から『今日は勝ったな』と思えるくらい、チームがひとつになっていることを肌で感じていました。
相手は硬くなっているのに、こっちは『いつも通りいくぞ~!』という感じで。
2006年から2007年の2年間は、ずっと『ゾーン』に入っていたような気がします。過ぎてしまえば、ほんの一瞬の出来事みたいでした」

2006年に日本一、2007年にはリーグ連覇。栄光が続いた後、森本にとっては試練の年が続いた。
2008年からなんと3年連続で死球を受け、指を骨折するという不運があったのだ。
故障の影響もあって打撃不振に陥り、糸井嘉男ら若手の台頭もあった。それでも森本は、当時を「ツイてる」と総括する。

「苦しい時期を味わえたことは、勉強になりました。『野球がしたい!』と心から思えましたから。
ファームで苦しんでいるときは、いつも前を向いて練習していた稲葉さんの姿が浮かびました。
あの時期は自分にとってすごくプラスになったし、成長できたと思います」

それからDeNA、西武での5年間を経て、森本はユニフォームを脱いだ。
2015年9月27日に行なわれた森本の引退セレモニーでは、稲葉が花束贈呈に現れ、新庄からはメッセージが贈られるサプライズもあった。

「稲葉さんが来てくれて嬉しかったですね。新庄さんだって、(球団関係者が)メッセージをもらうのによく連絡が取れたなと思いますよ」

そう言って、森本は無邪気に笑った。17年間の現役生活を終え、現在は解説者として新たな野球人生をスタートさせている。

かつて、いつも帽子をかぶっていた少年は、今もプライベートで帽子が手放せないという。
それは、帽子をかぶっていないと常に「森本だ!」と声を掛けられるほどの存在になってしまったからなのだ。

(つづく)


10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:23:05.53 ID:hwHCY1IB0.net
苦労してたんだな。


14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:24:26.17 ID:njDDyYo70.net
サッカーは田坂 野球は森本


17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:26:47.84 ID:q2ClfnmE0.net
小学生は残酷だから平気で言葉のビーンボールを投げてくるよな


19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:27:21.56 ID:njDDyYo70.net
田坂は髪の毛のことに触れると東海大時代はブチ切れることで当時有名だったけどな
Jに入ってからは知らんが


28: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:34:05.73 ID:IRsFoj3j0.net
ただのスキンヘッドかと思ってた・・・


30: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:35:28.95 ID:MHdNdPJk0.net
正直成績だけ見たら
通算8億 最高1億3000万 実働17年だから平均5000万とは信じられん 外野手だからなおさら


34: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:38:57.73 ID:/JoKvjXI0.net
>>30
実働は長いから選手層の厚みで貢献してるけど、やっぱり打率が・・・


35: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:49:46.03 ID:npgXx0Qp0.net
すごい身体能力だったよね。
体は大きいし、走っても速い。肩も強く。
野球選手としては申し分のないものを持っていた。
プロとしてはもっと活躍できたかもしれない。
国籍は多分向こうだろうが、そんなことはどうでもいいほどの
ナイスガイだよ、森本は。


39: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:52:19.14 ID:wRXEK//J0.net
北海道で解説やってる


44: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:55:32.94 ID:PXUGhoiwO.net
この人は腕が長い
だからインコースが打てなかった




56: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:01:56.34 ID:ded44vYN0.net
稲葉ぐう聖


59: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:05:19.70 ID:gELKuNH80.net
チョリさんは、身体能力ずば抜けてたからねえ


70: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:14:05.37 ID:TsHvrkv30.net
引退セレモニーの時に初めて見たけど、ひちょりの奥さんが美人過ぎw


79: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 17:09:14.28 ID:id58qt060.net
最近、解説やってるんだけど上手いんだよな


94: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 18:30:10.20 ID:W9qHFy5N0.net
ガキはバカで残酷だからしゃーないよ。しかし野球上手けりゃなんでも許される土壌があるのがなんとも…


98: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 18:44:40.45 ID:Cmd7iKofO.net
なんかひちょりって面白くはないんだけど、誠実さの上に必死さが重なり人格が乗っかってるイメージで白けても許せるっていうか、ナイスガイなんだよな、じゃなきゃ西武引退セレモニーでみんなを泣かせられんわな




      -スポンサード リンク-

    • 1.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 17:17 ID:Yk7nL6j90
    • イイハナシダナー
    • 2.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 17:20 ID:35YQtJYZ0
    • まあ子供はストレートに言うからねえ
    • 3.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 17:33 ID:1C.zSVEc0
    • 坪井、新庄、稲葉が3年連続でやってきたんだもんなぁ
      これからレギュラーとるぞ!ってタイミングで
      そりゃ内心文句も言いたくなりますわ
    • 4.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 17:45 ID:XRwc7P2f0
    • 新庄獲って、稲葉獲ってなんでだよ!ってのはちょっとおもしろかったw
    • 5.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 17:51 ID:pPQj.uYq0
    • >>94
      なんでも許されるとは書かれてないと思うんだけどなぁ…
      からかわれたのを発奮材料にしてめっちゃうまくなって、こいつには野球で敵わないなって黙らせることって別に変でもないと思うけど
    • 6.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 18:00 ID:EtrfzLfj0
    • 髪でもひちょりの髪を笑うのは障害者や高齢者の認知症やらを平気で笑うような奴だろ。まあ、小学生の子ならそこら辺の人の事をまだ知らないから仕方ないとはいえ、周りの大人は配慮してあげないといけないと思う。
    • 7.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 18:10 ID:y4OHLorO0
    • 新庄が日ハムに入った後から知った口だけど、
      この人がいなかったら今ほど北海道になじめてなかったんじゃないかな
    • 8.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 18:29 ID:LhshHI.l0
    • 焼肉絵里花~日暮里駅前〜歩いて5分の一等地〜
    • 9.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 19:14 ID:Of27H.w60
    • 見返してやるっていうエネルギーはすごいな。悪口言われたから先生に報告するとか仲間に慰めてもらうんではなく自分の中に溜めて自己実現のためのエネルギーに変換する方がいい。
    • 10.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 19:36 ID:OJzyYfCN0
    • 周りに恵まれたのもあるけど、やっぱり本人が凄いな
      自分で見返そうと努力して、必要なことに自分で気付くことができる
      簡単ではないけど、見習いたいわ
    • 11.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 20:42 ID:OLG6.kv.0
    • セ専やけどひちょりはなんとなく好きだった
    • 12.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 22:05 ID:HtIDtX3x0
    • 確かもう脱毛症自体はほぼ治ったけど
      「同じ病気の人のためにハゲのまま堂々としていたいから」って理由で
      今はあえて剃ってるらしい

      コンプレックスや障害があっても自分に自信をもって結果を残せば
      みんな付いてきてくれるんだな
    • 13.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月05日 23:38 ID:eDhnx9tS0
    • 「なんで獲るんだよ」って思った相手2人が引退の時にメッセージくれたり
      実際登場してくれたりするのがいいな
    • 14.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月06日 01:20 ID:q3Yedz.Z0
    • コンプレックスや障害はマイナスのことではなくて自分を奮い立たせるプラスのエネルギーだと思う。同じ状況に立った時にそれをマイナスと感じるかプラスと感じるかで結果が異なってくるんだと思う。難しいミッションだと思うが。
    • 15.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月06日 01:34 ID:R9mPJChm0
    • この反骨精神、そらヤマヤスも慕いますわ
    • 16.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月06日 05:33 ID:5MdghYGm0
    • 頭だけじゃなく全身の毛が抜け落ちるんか大変すぎやろ
    • 17.
    • 四番ピッチャー名無しさん
    • 2016年04月07日 06:57 ID:6C0fWVbQO
    • ひちょりさん、今は何してるのかな。元気に生きてるか~?


※httpや特定の単語をNGワードに設定しております(蔑称・卑猥な言葉など)。
※特定の選手の愛称などが引っかかってしまう場合もあるのでお気をつけ下さい。
※不適切と管理人が判断したコメントは削除致します。ご了承下さい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ