2011年10月

2011年10月30日

17:00コメント(15)トラックバック(0)NPB(野手) 
  • 1:恥痢塵φ ★:2011/10/29(土) 18:38:46.77 ID:???0
    度々こんにちは

    明日から、松中さんがチームに合流する事が決まりました
    骨折から、1ヶ月以上リハビリとトレーニングを地道にやってきました
    終盤戦で、チームを離れた悔しさをCSでぶつけてくれると信じてます

    それから、一つ悲しい事がありました。
    病院で検査だったんですが、病院である中年の方が、松中さんに向かって「松中は復帰しなく
    ていいよ。いない方が勝つからな」と周りの人にも聞こえる程、大きな声で言われました。

    常識的に考えてもおかしいと思いませんか?

    必死でリハビリをして、グラウンドに戻ろうとしている人に対して言う言葉ではないと思います。
    シーズンでも怪我で離脱するまでは、3割以上打っていた訳ですし。
    それなのにという思いもあります。

    本人は何も言わなかったんですが、本当に悔しかったと思います。
    その言葉に奮起して、CSでは活躍してくれると信じて精一杯応援したいと思います。

    それでは。

    ソース(松中信彦マネージャーによるつぶやき日記)
    http://ameblo.jp/kkk-ar/entry-11060809481.html

    福岡ソフトバンクホークス 松中信彦オフィシャルウェブサイト
    http://www.matsunaka-nobuhiko.com/


15:00コメント(8)トラックバック(0)NPB(指導陣・球団関係者) 
巨人・原監督「継投は最善策だった。あしたは切り替えて行く」
  • 1:三毛猫φ ★:2011/10/30(日) 02:08:53.02 ID:???0
     巨人・原監督「沢村は堂々たる投球で良かった。(六回に勝ち越しを許し)
    継投は最善策だったが、1イニングで失策と四球が重なってはね。またあした、
    切り替えて行きます」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000917-yom-base


13:00コメント(8)トラックバック(0)NPB(投手) 
  • 1:ウインガーφ ★:2011/10/29(土) 22:04:13.81 ID:???0
    プロ野球のクライマックスシリーズが29日、開幕し、
    パ・リーグ2位の北海道日本ハムは3位の埼玉西武に2対5で敗れた。
    先発のダルビッシュ有が7回4安打1失点と好投したが、9回に守護神・
    武田久が同点に追いつかれ、延長11回に5番手の榊原諒が3点を勝ち越された。
    打線は初回に2点を先制したが、6回以降は無安打に抑えられた。

    以下はダルビッシュのコメント。
    「真っすぐも良く、チェンジアップを使い、お互いの球を良くしていました。
    しっかり腕も振れていたし、良かったです。楽しくというよりは勝つことができる
    投球をしました。短期決戦なので初戦は勝つことができるピッチングをしたいと
    思っていました。

    (交代について)チームの戦略なので、僕だけが判断することではないので。
    今、言うことではないです。(武田)久さんが打たれたなら仕方ないです。
    抑えてほしかったですけど、自分にできることは一生懸命声を出すことだけでした」

    [ スポーツナビ 2011年10月29日 19:53 ]
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20111029-00000035-spnavi-base.html

    関連記事:
    梨田監督、ダルビッシュの交代に「迷いはなかったよ」
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20111029-00000034-spnavi-base.html


11:00コメント(5)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
  • 1:三毛猫φ ★:2011/10/29(土) 14:13:33.93 ID:???0
     日本に帰国中のドジャース・黒田博樹投手(36)を28日、デイリースポーツが直撃した。
    来季に関しては日米を含め全くの白紙を強調。ただ「日本に帰るなら一番にカープを考える」と
    変わらない思いを語った。4年を過ごしたドジャースへの愛着も強く、「(選択肢の中で)何が決め手か
    今はそれを考えている」と今後のオファーを待ち、熟考の末、進路を決断する。

     米で4年を過ごし、メジャーリーガーとして確かな成績を残した。それでも黒田にとって
    古巣はやはり変わらぬ存在だった。去就についてのデイリースポーツの直撃に「今は全くのフラット」と日米を含め、
    白紙を強調しながら「日本に帰るなら、カープが欲しいと言ってくれるなら、一番にカープを考えないといけない」と、
    言い切った。

     米国にいても古巣は気にかけていた。「調子は良かったけどね。ここ一番で勝てるかの差。それが小さくない差かな、
    とも思う」と、今季は終盤までCS争いを演じながら失速し、5位に終わった広島の戦いを残念がった。

     今季13勝16敗、防御率3・07。2年連続で2桁勝利を挙げた。200イニングも米で初めて突破した。
    「(今季は)中4日でローテを崩さなかった。五回以内で降りたのも1試合だけ。派手さはないが
    チームの信頼を得るようになってきたかな」と胸を張った。

     ドジャースへの愛着ももちろんある。今季終了後にはマット・ケンプ、クレイトン・カーショウらチームメートから
    「来年もいっしょにやろうぜ」と言われた。

     米1年目で地区優勝しシャンパン・ファイト。広島では経験できなかった美酒を味わった。
    それでも「ワールドシリーズに出たい。そこで投げたい」と、やり残したことへの思いは強い。


09:30コメント(8)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
  • 1:かばほ~るφ ★:2011/10/29(土) 15:30:22.36 ID:???0
    FA濃厚の井川「韓国、台湾でも」 2011年10月29日

    今オフ、ヤンキースとの5年契約が満了し、FAになることが濃厚な井川慶投手(32)が、大半を
    マイナー生活で終えた現在の心境を本紙に激白した。来季も米国でのプレーを第1希望にしながらも、
    オファーがなければ日本球界復帰、さらには韓国、台湾でのプレーも視野に入れているという。
    また、契約時の失敗から今オフ、メジャーを目指す日本人選手にアドバイスを送った。

    ——5年契約が終わった。現在は何を
    井川:(マイナーの)シーズンが終わって1か月がたって、体も気持ちもリフレッシュできました。
    そろそろ来季に向けたトレーニングを(ニューヨークで)始めようと思っています。

    ——来季も米国にこだわるのか
    井川:やっぱり米国でプレーしたい。メジャー契約は難しいと思う。どこでもいいのでマイナー契約を
    結べたらいい。こっちでは自分が思う野球ができていないから、とにかく結果を出して、メジャーに上
    がりたい。ワールドシリーズが終わって5日後くらいにFAになるので、そこからです。ヤンキースが
    (今季年俸400万ドルの)80%くらいを出せば、6年目も僕を保有できるというオプションがある
    らしいので、それを行使しなければFAが確定します。

    ——米国でオファーがなかった場合は
    井川:まだ野球はやりたいので。どこでも行くという感じで、もちろん日本のプロ野球も。

    ——場合によっては韓国、台湾もあるか
    井川:日本からのオファーがなければ。優先順位は米国、日本、あとは韓国か台湾の順番。

    ——日本球界は去就に注目している。具体的な動きは
    井川:もちろん向こうも今の時期はオファーを出せないはずなので、何もないですね。


08:00コメント(8)トラックバック(0) 
  • 1:丁稚ですがφ ★:2011/10/29(土) 16:15:06.05 ID:???0
    中日は29日、佐伯貴弘内野手(41)と河原純一投手(38)に来季契約を結ばないと通告した。
    同日、球団が発表した。

    佐伯は横浜を戦力外となり、今季中日入り。河原は94年ドラフト1位で巨人入団。
    西武で戦力外となり、08年の浪人期間後、09年に中日にテスト入団した。

    2人とも落合政権下の今季戦力構想には入っており、この日もナゴヤドームで行われた
    チーム練習に通常通り参加。クライマックスシリーズに向け調整した。

    ソース:nikkansports.com
    http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20111029-856304.html


07:00コメント(13)トラックバック(0)NPB(指導陣・球団関係者) 
  • 1:Ψ:2011/10/29(土) 15:02:02.18 ID:hnSO/Qa10
     プロ野球セ・リーグは18日、中日が横浜と3-3で引き分け、2年連続9度目のリーグ優勝を決めた。
    その一方、リーグ戦早々に3年連続の最下位が確定した横浜は先の見えない低迷を続けている。
    目の前で優勝の瞬間を見せつけられた横浜・尾花高夫監督(54)は
    「キックベースなら優勝できるのだが…」と、くやしさをにじませた。

     この日リーグ優勝を決めた中日は、8月の段階では首位ヤクルトと10ゲーム差をつけられていたが、
    その後猛追。10月6日、ついに首位に浮上した。チームを率いてきた落合博満監督(57)は球団創設以来
    初めてのリーグ連覇を果たしたが、今期限りでの退任が決定している。

     一方、目の前で中日の胴上げを見せつけられた尾花監督は、今期首位中日と32ゲーム差、
    5位の広島とも10.5ゲーム差をつけられ圧倒的な最下位についたが、来期も続投が決定している。

    (ソース)
    http://kyoko-np.net/2011101901.html


2011年10月29日

21:30コメント(6)トラックバック(0)NPB(その他) 
  • 1:恥痢塵φ ★:2011/10/29(土) 09:15:48.48 ID:???0
    進次郎氏「後悔しない決断を」政界から菅野にエール

    プロ野球ドラフト会議で、伯父の原辰徳監督(53)率いる巨人ではなく日本ハムが交渉権を獲得した東海大・
    菅野智之投手(22)に対し、政界から様々なエールが寄せられた。

    自民党の小泉進次郎衆院議員(30)は「後悔しない決断をしてほしい」。ファンを公言する巨人・長野久義.
    外野手(26)は2006年に日本ハム、08年にロッテからの指名を拒否。09年のG指名を待ち、今季、
    首位打者に輝いた例もあるだけに、すぐにプロに進むか「難しい選択」と思いやった。

    一方、民主党の谷亮子参院議員(36)は「日本ハムに進むべき。ダルビッシュ選手ら良い投手も多い
    パ・リーグの中心的存在になってほしい」と即プロ入りを熱望。「原監督は複雑でしょうが、日本シリーズで
    勝負するという道が用意されてますよ」と期待した。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111029-OHT1T00028.htm


19:30コメント(11)トラックバック(0)NPB(その他) 
  • 1:かばほ~るφ ★:2011/10/29(土) 10:08:02.28 ID:???0
    デイリーが謝罪記事 ガッツポーズ報道で中日に
     
    ガッツポーズ報道をめぐりプロ野球中日球団から事実に反するとして抗議を受けていた問題で、
    デイリースポーツは29日付紙面で「本人確認という基本を怠った記事でご迷惑をおかけした」
    と謝罪する記事を掲載した。
     
    デイリースポーツは19日付の中日のリーグ優勝特集記事の中で、9月の巨人戦に敗れた後に
    中日の球団社長がナゴヤドームの関係者通路でガッツポーズをしたと報じた。
     
    謝罪記事によると、記者は目撃証言をもとに執筆したが、幹部がとったとされる行動の趣旨は
    定かでなく、球団幹部やフロントに確認取材をしていなかった。「名誉と信用を傷つける内容の
    場合は本人確認と談話掲載が欠かせないが、それを怠った」としている。
     
    中日球団はデイリースポーツの発行元の神戸新聞社に抗議、謝罪を求めていた。
    [ 共同通信 2011年10月29日 9:43 ]

    スポーツナビ
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20111029-00000005-kyodo_sp-spo.html


18:00コメント(23)トラックバック(0) 
  • 1:いかんのか?φ ★:2011/10/29(土) 12:46:51.31 ID:???0
     巨人の桃井恒和オーナー兼球団社長は28日、産経新聞のインタビューに応じ、
    今年不振に終わった新外国人選手について獲得手法などを見直す方針を明らかにした。
    現行のドラフト制度については、「基本的には本人が希望するところへいくべきだ」と持論を展開した。(聞き手・浅野英介)

     --今年のペナントレースは3位に終わり、2年連続して優勝を逃す結果になった。この結果をどうとらえるか

     「とても満足はできない。外側から見ると、今年はファイティング・スピリッツを感じられなかったこともあった。
    リードされてしまったらズルズルといってしまった。私が感じるんだから、お客さんはもっと感じているでしょう」

     --今年は東日本大震災の影響もあり、入場者数も昨年に比べて8・4%減少した

     「9月以降は昨年だと(東京ドームでの1試合平均入場者数が)4万3700人だったのが、今年は3万9000人だった。
    去年は4万人が割れることはゼロだった。深刻だと思う」

     --原監督には9月中に続投を要請したが、一番の決め手は

     「すでにリーグ優勝4回、日本一も2回やっているが、彼にとって(今年は)不本意なシーズンだったと思う。
    だから、リベンジの機会を与えたい気持ちが強かった。今年の成績に関係なく、もう一回やってもらおうと
    いうことになった。来季はリベンジのシーズンになる」

     --今年はシーズン途中で帰国したライアル、1勝に終わったトーレスなど、外国人選手の不振が痛かった

     「今年はそこ(外国人選手)が弱かったというのは認めざるを得ない。(外国人選手の獲得における)
    クロスチェックの態勢が弱かったのだと思う。日本の生活になじめるかといった、メンタル面での事前の
    リサーチも弱かった。候補者をより多くの目でチェックしないといけない」

     --(東海大・菅野を抽選で外した)今年のドラフトは球団にとって残念な結果に終わった。
    現行のドラフト制度で思うところはあるか

     「基本的には本人が希望するところへ行くべきだと思う。ただ、現行の方式で動いてきているので
    変えようといってもそれはすごい大変なこと。ただ(現行の制度が)おかしいとは思っている」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000518-san-base


野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ