2011年12月

2011年12月31日

00:10コメント(29)トラックバック(0)国際試合 
1:継続φ ★:2011/12/30(金) 07:44:04.93 ID:???0
現役を退いて数十年経つ今でも、野球への情熱は燃え上がるばかり。まだまだ若い者には任せられん! 

そんな球界の重鎮が日本のプロ野球にモノ申す。ここでは元巨人で現ワシントン・ナショナルズ監督のD.ジョンソン氏の主張を聞こう。

WBCで連覇してからというもの、日本では「もはや日本野球は米国から学ぶべきものはない」という風潮があると聞くが、とんでもない話だ。

日本の野球は、私が巨人に在籍した時代(1975~1976年)から格段の進歩を遂げた。

それでもパワーもスピードもMLBのレベルではない。

WBCで米国が日本に負けたのは、米国代表が「代表」ではなかったからだ。

サバシア(ヤンキース)、ハラデー(フィリーズ)ら、MLBを代表する投手に参加を断わられ、所属球団の圧力かどうかは知らないが、大会期間中に“体調不良”を訴えてリタイアする選手が続出した。

米国は日本に負けたのではなく、WBCの運営方法に敗れたのだ。

来季は多くの日本人がMLBに来る。大半はWBCで活躍した選手だが、その点は勘違いしないでほしい。

これは私が巨人時代に成績を残せずに「ジョン損」と批判されたことの腹いせではない(笑い)。

日本野球の経験は私の人生の財産だ。かつて「助っ人」として海を渡った私だからこそ、「日本人の“助っ人”よ、謙虚であれ」といいたい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111230-00000006-pseven-spo


2011年12月30日

22:30コメント(16)トラックバック(0)NPB(指導陣・球団関係者) 
1:かばほ~るφ ★:2011/12/30(金) 17:29:27.07 ID:???0
原監督、新生・高木竜を警戒「温故知新的なチームになる」
 
巨人・原辰徳監督(53)が29日、「新生・高木竜」を警戒した。退任した落合監督に
代わり高木守道新監督(70)の下で再スタートを切った中日に「チャンピオンチームだし、
どういうふうになるんだろうね。温故知新的なチームになるのではないでしょうか」と
眉をひそめた。

今季、リーグ連覇の中日とは12勝10敗2引き分けで、2年ぶりに勝ち越した。
しかし、投手陣を中心に守り勝つ“オレ竜”とは、幾度となく接戦を強いられた。
「どうやって、チームが動いていくのか。権藤さんも(投手)コーチになられてね」と
原監督。指揮官として横浜を98年に日本一へ導いた権藤博氏(73)の投手コーチ
就任が「落合野球」をいっそう進化させると予想し、警戒を強めた。

まずは研究と観察から始める。例年、スコアラーが各チームの春季キャンプを視察するが、
中日は徹底的にマークしていくもようだ。原監督は「非常に勉強したいなと思いますね」
とし、オープン戦では勝利を意識するよりも、「相手を知る」ことから始めていく考えだ。

現役時代に3度も盗塁王に輝いた高木新監督だけに、機動力をふんだんに絡めてくる
可能性もある。いずれにしても、3年ぶりの覇権奪回は「新生・竜」を攻略しない限りは、
見えてこない。(2011年12月30日06時01分 スポーツ報知)

スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20111229-OHT1T00215.htm


21:00コメント(2)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:三毛猫φ ★:2011/12/30(金) 11:20:02.67 ID:???0
 ドジャースからFAとなり、去就が注目される黒田博樹投手(36)が28日
(日本時間29日)、本紙の電話取材に応じ、長期戦も辞さない考えを示した。
既に越年は決定的となっており「野球人生を見つめ直す意味で大事なオフ。
時間の許す限り、じっくり決断を下したい」と語った。

 FAの先発投手の目玉とされながら、ここまで時間がかかっているのは理由がある。
今年は例年以上に移籍市場の動きが鈍く、黒田側と交渉のテーブルについている
レッドソックス、ヤンキースなどは同時進行でトレード交渉も行っており、黒田へ
最終的な条件提示には至っていない。古巣・広島からは11月にオファーを
受けているが、来年2月に37歳になる右腕は悔いのない決断を下すためにも、
メジャー球団の条件が出そろうまで待ち続ける覚悟だ。

 関係者によると黒田は大リーグに残る場合、ワールドチャンピオンを狙える球団で
あることに重きを置いているという。メジャーで世界一を目指すのか、それとも愛着ある
広島への復帰か。黒田の動向が注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111230-00000038-spnannex-base


19:44コメント(10)トラックバック(0)NPB(投手) 
1:かじてつ!ρ ★:2011/12/30(金) 14:06:45.69 ID:???P
○日本ハム、菅野入団へダルの「11」提示へ

日本ハムが今秋ドラフト1位・菅野智之投手(22)=東海大=に対し、今季までダルビッシュが
背負った背番号「11」の提示を検討していることが29日、分かった。すでに菅野は来年まで
浪人する意思を表明しているが、球団側はあきらめておらず“最後の切り札”として使われそうだ。

11月21日に入団拒否を表明されてから1カ月以上が過ぎた。球団側は菅野側へ接触を試みたが、
電話で“門前払い”となり、直接対面できていない。だが、3月末の交渉期限まであきらめない
姿勢に変わりはない。そこで切り札として浮上したのが背番号だった。

あくまでダルビッシュのレンジャーズ移籍が決まった場合の話だが、球団関係者は「菅野に背番号
『11』というのも考えている」と明かした。“ダル級”の評価という気持ちを伝え、本人の心を揺さぶる。

□ソース:デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/12/30/0004714030.shtml


2011年12月29日

23:00コメント(11)トラックバック(0)NPB(投手) 
1:やるっきゃ騎士φ ★:2011/12/29(木) 11:11:59.82 ID:???0
3億円プレーヤーの仲間入りをした楽天・田中将大が、26日の会見の最後に
「1年間お世話になりました。よいお年を」と報道陣に丁寧に頭を下げたそうだ。

ぶっきらぼうで、取っつきにくいという声も聞いたことがあるが、さすがに
23歳の若さで3億円、というだけあって人間的にもしっかり成長しているようだ。
投手としての今年の大飛躍はいうまでもない。
楽天監督時代、なかなか黒星のつかない田中の幸運ぶりに“神の子”と名付けた
育ての親、野村克也氏(サンケイスポーツ専属評論家)でさえノー文句だ。
「2点あれば大丈夫、と神頼みを必要としない投手になった。直球の切れと精度では
ダルビッシュを上回った」と本紙『ノムラの考え』で述べている。
楽天は08年オフに岩隈と3年総額10億円、
翌年には40歳過ぎの山崎と2年2億5000万円で更改し話題を呼んだ。

今年のチーム平均年俸3656万円で12球団中7位だが、スター作りの投資は
惜しまないようだ。もっとも田中は、ダルビッシュ渡米後は間違いなく日本球界を
背負って立つ男だけに適正な評価だろう。 
「マー君」の話題が出ると反射的に思い出す日本ハム・斎藤佑樹は、先月の更改で
年俸は倍増の3000万円でサインした。ちょうど10分の1。
9月に田中と初めて投げ合って4失点で完敗したとき斎藤は「これが4年間の差」
と素直に認めたが、年俸的には10年も差がついた感じだ。
まだまだ「佑ちゃん」の雰囲気が抜けない斎藤に対し、相手を力でねじ伏せる
堂々たる投球で最年少3億円プレーヤーになった田中は、
もはや「マー君」と呼ぶのはためらわれる。
球界のエースとして来年も躍動し、日本を元気づけてもらいたい。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111228/bbl11122820120006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111228/bbl11122820120006-n2.htm


21:30コメント(18)トラックバック(0)NPB(投手) 
1:いかんのか?φ ★:2011/12/29(木) 15:15:50.10 ID:???0
 阪神が、順調なら来季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得するソフトバンク・馬原孝浩投手(30)と
日本ハム・武田久投手(33)の獲得調査に乗り出すことが28日、分かった。藤川が来オフ、米大リーグに
移籍することが濃厚で、火の玉右腕に代わるストッパー候補を水面下でマークする。

 来季、国内FAを取得予定の選手について、球団関係者はこの日「調査していかないといけない」と明言。
タンパリングに配慮して個人名こそ明かさなかったが、関係者の話を総合すると、馬原と武田久に注目しているという。

 馬原は今季、右肩関節付近の筋断裂を発症するなど、33試合で1勝2敗、19セーブ、防御率3・06に終わった。
日本シリーズも不調だったが、歴代7位の通算180セーブと実績は抜群。武田久も通算103セーブを挙げており、
今季は53試合で2勝2敗、37セーブ、防御率1・03で最多セーブのタイトルを獲得した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20111228-OHT1T00215.htm


20:00コメント(14)トラックバック(0)NPB(投手) 
1:三毛猫φ ★:2011/12/29(木) 11:56:57.64 ID:???0
 楽天からFA宣言した岩隈久志投手(30)は28日、メジャー球団との交渉に進展がないことを
明かした。現地26日付のサンフランシスコ・クロニクル紙が、アスレチックスの撤退を報道。
「出てましたね。(代理人からは)何も聞いてないです。年内? 分からないですけど、僕も
今か今かと待っています」と話した。

 この日は、Kスタの屋内練習場で2日連続の“ブルペン入り”。スパイクは履かず、キャッチボール
程度の強度でバランスを確認しながら、軽いピッチングを行った。「投げるのは(年内は)今日で最後。
いい感じで終われました」。年末年始もできる範囲で体を動かしながら、朗報を待つ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20111228-OHT1T00223.htm


18:31コメント(10)トラックバック(0)社会人・独立リーグ・その他 
1:かばほ~るφ ★:2011/12/29(木) 10:34:43.73 ID:???0
前代未聞 違反バットで2時間中断→ノーゲーム
 
小学5、6年生の選手による「NPB12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2011」
の大会2日目が28日、札幌ドームで行われたが、第6試合の中日Jr対広島Jr戦で、
使用バットをめぐり、ノーゲームとなる前代未聞の事態が起こった。

初回1死一、三塁の場面で広島Jrの4番打者が打席に立ち、初球がボールとなった直後に
中日Jrの新宅洋志監督が審判団に「違反バットではないか」と抗議。同時に没収試合を
求めたが、結論が出ず、約2時間の中断の末にノーゲームとなった。

広島Jrの選手が使用したのは「カタリスト」という軟式野球で通常よりも飛距離が
10メートル以上出るとされるバット。今大会の規定では使用禁止となっており、
大会事務局は「広島さんが強く認識していなかった。他の11球団に謝罪があった」と
説明した。広島Jrは初戦のDeNAJr戦にこのバットを使用して勝っていた。

今年で7回目となる同大会だが、今まで大きなトラブルはなかった。大会事務局では
28日深夜まで協議を重ね、ノーゲームとなった同試合は、再試合として29日の
準決勝、決勝の前の第1試合として午前6時40分から行うことを決定した。
[ 2011年12月29日 06:00 ]

スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/12/29/kiji/K20111229002332350.html


17:00コメント(2)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:いかんのか?φ ★:2011/12/28(水) 16:21:59.14 ID:???0
ライバルたちが語る2011年のイチロー②~松井秀喜(アスレチックス)編

 2011年、イチローが200安打を達成できなかった理由は何なのか? 
このことについて取材を進めていると、各方面から次のような話をよく聞いた。

「試合時間短縮のためにストライクゾーンを広くしている」

 選手たちは本当にそのことを感じているのだろうか。松井秀喜に今シーズンの
ストライクゾーンについて聞いてみた。

「ストライクゾーンが広がったという話は聞いたことはありますけどね……。
でも、僕に言わせれば、こっちに来た時からずっと広いって感じですよ(笑)。
僕自身は意識したことはあまりないね」

 今シーズンの松井は、打率.251、本塁打12、打点72と、自己ワーストの成績に終わった。
この結果について、松井は37歳の年齢が及ぼした部分を否定しようとはしなかった。
一方で、松井より1つ年上のイチローの今シーズンについてどう思ったかを聞くと、
マイケル・ヤングと同じようなことを話し始めた。

「アスレチックスとの試合ではすごく打っていますからね。イチローさんの打撃に
変化を感じたことはないけど、リーグ全体でみると打撃成績は落ちている。
昨年あたりから投手レベルが格段に上がったと感じます。どんな投手でも最低4つ
ぐらいは球種を持っていますから。本当に球種は増えましたよ。
その上、フロントドア(内角のボールゾーンからストライクゾーンに入ってくる球)とか
バックドア(外角のボールゾーンからストライクゾーンに入ってくる球)の反則技も
使うからね……(笑)」

 松井の言葉通り、メジャー全体を通して2009年には40人いた3割打者が、
昨年は24人に減り、今年は26人。安打製造機と評されるヤングでさえ「厄介だ」と語った
投手陣のレベルアップ。松井は投手がレベルアップした理由を、次のように分析する。(>>2に続く)

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/mlb/2011/12/28/mlb_22/index.php


14:00コメント(11)トラックバック(0) 
1:いかんのか?φ ★:2011/12/28(水) 16:13:58.35 ID:???0
 ◇地域密着だけでは限界

 ソフトバンクが8年ぶりに日本一に輝いた今年の日本シリーズ。
最終第7戦のテレビ視聴率は、ソフトバンクの地元・北部九州地区で44・4%と驚異的な数字を記録した。
だがプロ野球関係者の表情は複雑だ。関東地区の視聴率は第7戦こそ18・9%だったものの、
第1戦は9・2%で、その後も10%前後(ビデオリサーチ調べ)。
在京スポーツ紙はシリーズそっちのけで、巨人・渡辺恒雄球団会長と清武英利前球団代表の
「お家騒動」を連日トップで報道した。九州と関東の温度差に、ある球界関係者は
「プロ野球最大のイベント日本シリーズすら、出場チームの本拠地以外では関心が
持たれなくなっているのでは」と危惧する。

 ■ファン全体数増えず

 その原因の一つと見られるのが、近年のプロ野球で主流となった「地域密着」の流れだ。
地域に密着した球団運営は「地元での球団の存在感が増し、集客や収入面でメリットがある」
(ロッテ・瀬戸山隆三球団顧問)として、経営難に苦しむ多くの球団が取り入れてきた。
本拠地で熱狂的支持を受けるソフトバンクや日本ハムが成功例だろう。だが、それが皮肉にも
「狭い範囲で個々のチームや選手へのファンは増えても、プロ野球全体のファンは増えない」
(パ・リーグ関係者)結果になっているのでは、というわけだ。かつては巨人が「全国区」の存在として、
プロ野球人気を下支えしていたが、巨人の人気低下とテレビの全国中継の激減で、その構造はほぼ崩れている。

 あるパ球団の幹部は「日本野球機構(NPB)内にしっかりしたビジネス部門を作り、各球団の役割分担、
全国的にどう展開するかを考えなければ」と指摘。「例えば巨人と阪神、それにソフトバンクに
『全国区』の役割を担わせ、他の9球団は『地域密着』と2本立てでビジネス展開しては」と提案する。(>>2に続く)


11:00コメント(28)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:いかんのか?φ ★:2011/12/28(水) 18:51:35.71 ID:???0
<井川→楽天 川上→巨人 福留→中日>

 6年ぶりの日本球界復帰が現実味を帯びてきた。

 ヤンキースとの5年契約が今季限りで切れた元阪神の井川慶(32)が、
楽天の三木谷浩史球団会長(46)、星野仙一監督(64)と極秘3者会談を
していたことが26日までに分かった。

 場所は仙台から遠く離れた兵庫県・三宮のとある高級中華料理店。
三木谷会長は神戸、星野監督は芦屋と、ともに兵庫に拠点がある。
アメリカでトレーニングを続けていた井川は今月上旬に帰国。
すぐに楽天のフロント、現場のトップと会っていたことになる。

 井川はヤンキースと5年総額約23億8000万円の大型契約を結んだものの、
メジャー通算2勝4敗、防御率6.66。3年目以降は一度もメジャー昇格はなく、
2Aと3Aの行き来を余儀なくされていた。

 日本球界復帰を視野に入れ始めた井川に関しては、古巣の阪神、オリックスも
調査を続けているが、楽天とは深いつながりがある。星野監督は阪神時代、
エースに育ててくれた恩師。井川の信頼も厚いのだという。

 加えて、楽天は仙台のチームという点に大きな意味がある。井川に近い関係者がこう言う。

「本人には『もう阪神には戻りたくない』という意向がある。大阪は何かと騒々しいからです。
加えて3月11日に東日本大震災が起きて、茨城・大洗町にある井川の実家も被災した。
直後にキャンプ地の米フロリダ州タンパから急きょ帰国。両親らの住む故郷に戻り、
変わり果てた街の姿に呆然と立ち尽くした。契約が終わる今季、このまま米国で
骨をうずめるか、日本球界に復帰するかで悩んだが、『被災者のために何か力になりたい』
と言い続けていた井川が、このタイミングで決意した。茨城と仙台は近いし、
星野監督のやり方も分かっていますから」(>>2に続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/6155054/


09:31コメント(4)トラックバック(0)MLB(日本人選手) 
1:かばほ~るφ ★:2011/12/28(水) 12:06:13.34 ID:???0
岡島、ヤンキースとマイナー契約か=米大リーグ
 
【ニューヨーク時事】米大リーグのレッドソックスで今季プレーした岡島秀樹投手(36)が、
ヤンキースとマイナー契約を結ぶことで合意に近づいていることが27日、分かった。
関係者が、年明けにも契約が成立するとの見通しを示した。
 
岡島は日本ハムからフリーエージェントで2007年にレッドソックス入り。米国5年目の今季は
7試合に登板して1勝0敗、防御率4.32の成績で、5月下旬からはマイナーでプレーした。
大リーグ通算で261試合、17勝8敗6セーブ、防御率3.11。 
[ 時事通信 2011年12月28日 11:37 ]

スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20111228-00000045-jij-spo.html


野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ