国際試合

2017年04月25日

19:00コメント(0)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/04/24(月) 17:48:13.54 ID:CAP_USER9
元ロッテの里崎智也氏(野球評論家)の「ウェブ特別評論」を掲載中。
39回目は「WBC後遺症が不調の要因となるか」です。


    ◇   ◇   ◇

WBCで侍ジャパンの先発ローテとして活躍した石川が勝ち星なしの0勝3敗となり、先日2軍再調整となった。
本人がWBC疲れをコメントした記憶はないのだが、同大会が開催された開幕まもないこの時期には、「WBC後遺症」を指摘する声もたまに聞こえてくる。

しかし本当にそうなのか。23日現在、侍ジャパンのメンバーの成績を調べてみた。

<WBC日本代表メンバー成績(4月23日現在)>

【投手】

増井浩俊(日本ハム)4試合勝敗なし、1H2S、防2・25

宮西尚生(日本ハム)6試合0勝1敗、4H、防6・75

菅野智之(巨人)3試合2勝0敗、防2・49

秋吉亮(ヤクルト)7試合2勝0敗、1H2S、防0・00

牧田和久(西武)7試合勝敗なし、4H、防0・00

則本昂大(楽天)3試合1勝1敗、防4・74

松井裕樹(楽天)13試合2勝0敗、2H8S、防0・00

千賀滉大(ソフトバンク)3試合2勝1敗、防3・60

石川歩(ロッテ)3試合0勝3敗、防7・62>>>>2軍再調整

藤浪晋太郎(阪神)2試合1勝1敗、防2・08※インフルエンザで2軍再調整

岡田俊哉(中日)4試合0勝1敗、1H、防6・75>>>>2軍再調整

平野佳寿(オリックス)8試合0勝1敗、1H5S、防4・50

武田翔太(ソフトバンク)2試合1勝1敗、防5・91※けがで2軍再調整

【捕手】

大野奨太(日本ハム)打率・167、1本、4打点

小林誠司(巨人)打率・127、0本、0打点

炭谷銀仁朗(西武)打率・256、0本、2打点

【内野手】

中田翔(日本ハム)打率・176、0本、1打点>>>>23日復帰

菊池涼介(広島)打率・281、1本、7打点

坂本勇人(巨人)打率・356、1本、9打点

山田哲人(ヤクルト)打率・224、2本、6打点

松田宣浩(ソフトバンク)打率・192、0本、5打点

田中広輔(広島)打率・306、0本、7打点

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812471-nksports-base
日刊スポーツ 4/24(月) 11:29配信




2017年04月22日

07:00コメント(4)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/04/21(金) 20:45:44.27 ID:CAP_USER9
「抑え方が分からない」

ロッテの石川は、こう言い残して二軍落ちした。18日に先発するも、5回6失点でKO。
今季は3戦3敗、防御率7.62。昨季の最優秀防御率投手(2.16)が、今や見る影もない。

石川に限らず、WBC日本代表選手の多くが故障に泣かされ、不振にあえいでいる。
ソフトバンクは武田が右肩炎症、日本ハムは中田が右内転筋筋挫傷で、共に登録抹消中。
ヤクルトの山田は打率.224、DeNAの筒香は.241、ソフトバンクの松田は.213と低迷中だ。

彼らはWBCで世界を相手に激戦を繰り広げた。ボールの違いはもちろん、
疲労や前倒しになった調整など、「WBCの悪影響」とみる関係者は球界に多い。

こうした故障者、不振者続出に、かねて警鐘を鳴らしていたのが日本プロ野球選手会だ。

昨年、選手会はWBCの影響を踏まえて、開幕を例年より遅い4月7日にするよう、NPBに要望を出した。が、返答は「NO」。予定通り、3月31日に開幕を迎えた。

選手会の森忠仁事務局長は「過去の大会に出場した選手から、『調整期間が欲しい』という声があったからです」と、こう続ける。

「昨年6月のNPBとの事務折衝では、WBC出場経験のある(ソフトバンクの)内川選手、(ロッテの)角中選手も出席し、彼らの意見を直接12球団の代表者に聞いてもらいました。
しかし、各球団は(集客が期待できる)春休み中に開幕させたいという思惑がある。
さらに『WBCに出場していない選手の調整に影響が出るから』という反対意見もあって、要望は通りませんでした」

しかし、多くの代表選手が苦しんでいるのも事実。選手会は原因究明のため、“事情聴取”を開始するという。森事務局長が言う。

「まだ代表選手をリサーチしていないので、WBCと成績の関連性については、何も言えません。
ただ、今後は12球団を回って、代表選手自身に現在の状態や、WBCの影響などを聞いて回る予定です。
WBCから帰国後、故障した選手がいる場合は球団に『今回のケガを、どう考えているのか』と聞きたいですね」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000011-nkgendai-base
日刊ゲンダイDIGITAL 4/21(金) 9:26配信




2017年04月18日

09:00コメント(2)トラックバック(0)国際試合NPB(投手) 
1: 名無し 2017/04/16(日) 07:37:10.23 ID:CAP_USER9
コラム
【権藤博の「奔放主義」】

ロッテの石川歩(29)が、今季初登板から2試合連続でKOされた。

先のWBCで日本代表の先発を任せ、投手コーチだった私が最も頼りにしたひとりだ。
本人に聞くと「調子はいいんですが……」と言っていた。確かに、投げているボール自体は決して悪くない。

そこに原因がある。

巨人の菅野智之(27)も11日の広島戦で5失点KO。翌日、楽天の則本昂大(26)は西武打線に打ち込まれ、5回6失点でマウンドを降りた。
ソフトバンクの千賀滉大(24)も今季初登板となった4日の楽天戦で4回7失点KO。
侍ジャパンの先発陣がみな、一度は派手にやられている。

■「疲労」は的外れ

彼らも石川と同じで、いいボールを投げてはいる。
しかし、打たれた。いや、だから打たれた、と言っていい。

侍ジャパンの面々は、3月7日のWBC開幕に合わせて、オフから調整をした。「その疲れがあるんだろう」と訳知り顔の解説もあるが、それは違うだろう。
今後、通常より1カ月早くピークを持ってきた影響が出てくる選手はいるかもしれないが、それはもっと先の話。
石川が、「調子はいい」と言うのはもっともで、とっくに臨戦態勢を整え、あのWBCの激闘を戦った日本代表の投手陣の多くは、仕上がった状態のはずだ。

いきおい、力で押したくなる。ましてや、世界のパワーヒッターと対峙し、ヒリヒリするような勝負をしてきたばかりである。
日本の打者を見下すわけではないが、どうしたってパワーでは劣る相手に、投球の「強弱」をおろそかにしてしまっているように見えるのだ。

私の言う「強弱」は、「緩急」とは違う。緩急は、誰にだってつけられる。真っすぐのあとにカーブを投げれば、それだけで緩急。
必要なことではあるが、勝負においてそれ以上に効くのが、打者の「目」と「間」を狂わせる「強弱」だ。

同じ直球を投げるのでも、意識的に150キロと140キロを投げ分ける。変化球でもそう。
これが私の言う「強弱」で、侍ジャパンの投手陣にはその効用を何度も説いた。

一本調子でいけば、菅野だって石川だって、そうは簡単に勝たせてもらえない。
海外勢に比べてパワーは劣っても、日本の打者はミート力には優れている。
調子の良さに任せて力でグイグイ押すだけでは打たれて当たり前だが、状態が良ければ良いほど力で押したくなるのも事実。
気持ちは分かる。それが、投手という生き物だ。調子の良し悪しが必ずしも結果にはつながらない。だから野球は面白く、難しい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000014-nkgendai-base
日刊ゲンダイDIGITAL 4/15(土) 9:26配信


3: 名無し 2017/04/16(日) 07:44:08.73 ID:pSSK5MeD0
権藤「藤浪? 彼はまっすぐを投げることが大事だ」




2017年04月16日

17:30コメント(4)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/15(土) 12:45:10.49 ID:ahMEB1EVK
誰?

選ばれてたことすら知られてない選手とかおるやろ


2: 名無し 2017/04/15(土) 12:45:21.91 ID:6D8t/rAPr
武田




2017年04月14日

23:00コメント(13)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/14(金) 16:49:41.25 ID:SKdhPxNX0
アジア
日本 ベスト4
韓国 1次敗退
台湾 1次敗退予選送り
中国 1次敗退予選送り

ヨーロッパ
オランダ  ベスト4
イスラエル ベスト8
イタリア  1次敗退


17: 名無し 2017/04/14(金) 16:53:19.16 ID:dwP9MXRnp
>>1
オランダ キュラソー島
イスラエル 全員アメリカ人

これの何処がヨーロッパなんですかね




2017年04月07日

21:30コメント(3)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/04/06(木) 18:57:40.31 ID:CAP_USER9
開幕3連戦を終え、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した打者に“後遺症”がみられる。

 3日現在、両リーグの打率トップ10に名前を連ねているのは、・417でパ9位のソフトバンク・内川だけ。鳴りを潜めているのが、打線の主軸を務めた横浜DeNA・筒香嘉智外野手(25)と日本ハム・中田翔内野手(27)だ。

 筒香は・100、中田は・091。中田は「ポイントで打線を切ってしまっている」と肩を落とし、四球攻めに遭っている筒香は「我慢するしかない」ともどかしさを滲ませる。

 WBCが開催されるシーズンに取り沙汰される“後遺症”。前回の2013年大会でベストナインに選出されるなど獅子奮迅の働きをみせた井端(現巨人内野守備走塁コーチ)も、シーズンでは不振に見舞われた。

 なぜ日本でトップクラスの打者たちが後遺症に悩まされるのか。今回のWBCで4試合に出場し打率3割をマークした西武・秋山翔吾外野手(28)も、打率・143と苦戦中。「そもそもWBCとシーズンでは打席に臨む考え方が全く違います」と説明する。

 「WBCでは相手投手との対戦は1度だけしかないことが多い。初めて見る投手の初めて見る球を、1打席でいかに確率高くとらえるか、というアプローチになる。シーズンでは何度も対戦することを前提にデータを集めたり、1打席を捨てて次の対戦のために“エサ”をまくことも考える。読み合い、手の打ち合いです」。大会の疲労だけでなく、思考法の違いが影響を及ぼしているという。また、国内のオープン戦にほとんど出場できない影響も小さくない。

 「シーズンもWBCもしっかりやれるのが日本のトップ選手」とは小久保前日本代表監督。その期待に応えてこそ侍だ。 (片岡将)

2017年4月5日 17時6分 ZAKZAK(夕刊フジ)
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12895593/


3: 名無し 2017/04/06(木) 18:58:34.79 ID:6Kblb3LU0
WBCがある年は打つのがバレンティン




2017年04月06日

13:00コメント(1)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/05(水) 21:06:37.68 ID:DCkraZOb0
菅野
坂本
秋吉
大谷

このくらいやろ


3: 名無し 2017/04/05(水) 21:07:00.85 ID:M86MKTJ7a
秋吉…?




2017年04月04日

07:00コメント(5)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/02(日) 23:01:36.50 ID:OpKvG/6la
ちょっと雑魚すぎんよ~


5: 名無し 2017/04/02(日) 23:02:57.31 ID:J+Z8JCeX0
あんなにいいピッチングしてた守護神がサクッと逆転ツーラン打たれるようになってたで~




2017年04月03日

09:00コメント(7)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/02(日) 16:42:45.94 ID:D9uL+b1y0
【探しています】【帰国困難者】

日本代表 筒香嘉智 さん

日本代表 中田 翔 さん

日本代表 小林誠司 さん

日本代表 平野佳寿 さん

オランダ代表 バレンティン さん


2: 名無し 2017/04/02(日) 16:43:01.55 ID:A6dlnoCY0
秋山も




2017年03月31日

22:00コメント(3)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/03/30(木)20:25:01 ID:YfD
それは試合でなくとも練習でも怪我することあるやん?
おかしない?
今更やが


2: 名無し 2017/03/30(木)20:25:26 ID:He3
リスクが違うんやない?




2017年03月27日

12:00コメント(11)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/03/26(日)10:24:48 ID:lcO
金城


2: 名無し 2017/03/26(日)10:25:09 ID:9h7
藤浪




2017年03月26日

19:00コメント(10)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/03/26(日) 13:03:22.42 ID:CAP_USER9
張本流ベストオーダーも発表

野球評論家の張本勲氏(76)が26日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で米国に敗れた小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの敗因を分析し、“張本流”のベストオーダーを発表した。

米国戦のVTRを見た張本氏は「武士の情けで負けたチームを悪く言いたくないんだけれども、敗因は2つある」と明言。
「コーチも監督も経験がない小久保監督に代表監督という大役を与えたのだから、良いコーチを付けるべきだった」と、まずはコーチ人事を敗因に挙げた。

また「打線に迫力がなかった」と語り、小久保監督が3番に青木宣親外野手(アストロズ)を置いたことを疑問視。
「青木は“リトルイチロー”と呼ばれるくらい素晴らしい選手だけど、もう35、6歳でピークを過ぎている。
その選手を3番に置いてはダメ。青木は内川のように代打の切り札に置いておくべきだった」と指摘した。

3番には山田哲人内野手(ヤクルト)を置くべきだったという持論を展開すると、
「順番をちょっと変えてみて。専門家が言ってあげますから」と司会の関口宏(73)にパネル上の米国戦スタメンを変更するように要求。
「1番は坂本、3番は山田。あと鈴木(誠也)を使う。
小林を8番、秋山を9番」と“張本流世界一オーダー”を完成させ、
「トータル的にこういう打線が良いんじゃないかと思います。以上です」と締めくくった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/26/kiji/20170326s00001004180000c.html
2017年3月26日 10:05


27: 名無し 2017/03/26(日) 13:13:21.35 ID:dLz5xFdM0
>>1
張本、関口を挑発していたなww




野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ