国際試合

2017年03月27日

12:00コメント(10)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/03/26(日)10:24:48 ID:lcO
金城


2: 名無し 2017/03/26(日)10:25:09 ID:9h7
藤浪




2017年03月26日

19:00コメント(10)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/03/26(日) 13:03:22.42 ID:CAP_USER9
張本流ベストオーダーも発表

野球評論家の張本勲氏(76)が26日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で米国に敗れた小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの敗因を分析し、“張本流”のベストオーダーを発表した。

米国戦のVTRを見た張本氏は「武士の情けで負けたチームを悪く言いたくないんだけれども、敗因は2つある」と明言。
「コーチも監督も経験がない小久保監督に代表監督という大役を与えたのだから、良いコーチを付けるべきだった」と、まずはコーチ人事を敗因に挙げた。

また「打線に迫力がなかった」と語り、小久保監督が3番に青木宣親外野手(アストロズ)を置いたことを疑問視。
「青木は“リトルイチロー”と呼ばれるくらい素晴らしい選手だけど、もう35、6歳でピークを過ぎている。
その選手を3番に置いてはダメ。青木は内川のように代打の切り札に置いておくべきだった」と指摘した。

3番には山田哲人内野手(ヤクルト)を置くべきだったという持論を展開すると、
「順番をちょっと変えてみて。専門家が言ってあげますから」と司会の関口宏(73)にパネル上の米国戦スタメンを変更するように要求。
「1番は坂本、3番は山田。あと鈴木(誠也)を使う。
小林を8番、秋山を9番」と“張本流世界一オーダー”を完成させ、
「トータル的にこういう打線が良いんじゃないかと思います。以上です」と締めくくった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/26/kiji/20170326s00001004180000c.html
2017年3月26日 10:05


27: 名無し 2017/03/26(日) 13:13:21.35 ID:dLz5xFdM0
>>1
張本、関口を挑発していたなww




2017年03月25日

21:30コメント(3)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/03/24(金) 14:37:42.57 ID:CAP_USER9.net
最後まで「紳士」に徹した。

23日、WBC準決勝で敗退した侍ジャパンの小久保監督が帰国後、都内で退任会見。
「素晴らしい選手たちと一緒に戦えたことは人生の宝物」と優等生発言に終始した。しかし、腹の中は穏やかではなかったはずだ。

13年10月に日本代表の指揮官に就任した小久保監督は指導者経験がなく、当初から「雑音」が多かった。
今大会、メジャー組が軒並み出場辞退を発表するとチームは「史上最弱」と言われ、
「采配がヘタ」とか「ベンチで表情が暗い」などと、スポーツマスコミにもアレコレ言われた。

だからなのか、「大会中はメディアには目を通さずにいた」と意図的に情報をシャットアウトしていたという。

「代表監督はやさしいものではなかった。選手を集める中で、日の丸を背負うのはリスクも高いですし、選手の負担も大きい。
勝つことだけを考えると選手起用が偏ってしまう。
すべての選手にある程度チャンスを与えないといけないが、結果的に打席に立てなかった選手、登板できなかった選手も出てきてしまった」

■実働時間は前監督よりはるかに長い

会見ではベンチでの苦労も吐露していたが、今大会の前だってそうだ。
代表メンバーの編成権はNPB(日本野球機構)にありながら、メジャーリーガーと連絡を取ったり、国内選手の体調把握も丸投げされた。
右足首痛を抱える大谷翔平の状態も知らされていなかった。

「重労働」の一方で軽視もされた。監督手当が数億円も出ているのなら仕事と割り切ることもできたかもしれないが、
前回の13年大会を例にとれば、山本浩二監督の手当は4カ月で150万円。
監督・コーチの出場手当は一律150万円だった。
侍ジャパンが「常設化」されたことで、小久保監督の実働時間は前監督よりはるかに長い。
それでも働いた月の報酬は40万円程度だったはずだ。

強化試合でさえ負ければ批判の嵐が待っている日の丸監督には、それなりのニンジンが必要かもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000023-nkgendai-base
日刊ゲンダイDIGITAL 3/24(金) 12:11配信


89: 名無し 2017/03/24(金) 16:24:57.87 ID:TqITr0SH0.net
>>1

別に、金額で監督を引き受けたわけねーだろよ。

名誉だよ、名誉

なりたくてなれるものでもない。

月給20万でも引き受けるよ。

重圧なんて最初から承知、ナショナルチーム監督なんて歴史の名が残る名誉だよ。




09:00コメント(9)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/03/24(金) 15:13:00.93 ID:CAP_USER9
WBCで日本は2大会連続の4強に終わった。個人的には2次リーグ突破も簡単ではないと思っていたから、
1次リーグから7試合の戦いぶりには満点に近い点数をあげたい。準決勝の米国戦も大満足。これが今の日本の実力だ。

 過去の大会は同じ大リーガーでもピークを過ぎた選手が多かったが、今大会はバリバリの選手をそろえてきた。
もし日本に田中(ヤンキース)、ダルビッシュ(レンジャーズ)、岩隈(マリナーズ)らが加わっていたら…。
それでも結果は同じだろう。投手陣はよく抑えた。しかし、相手より多く点を取らないことには勝てない。

 外国人には体格、パワーで劣る。これはどうしようもない。日本にも一流の打者はいるが、メジャーの
スーパースター級となるとどうだろう。1メートル93、92キロの大谷(日本ハム)クラスがそろうなら話は別だが、
現陣容で優勝を狙うとしたら、根本的に目指す野球を変えるしかないと痛感した。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20170324/wbc17032408000012-n1.html


25: 名無し 2017/03/24(金) 15:42:27.23 ID:R84eUlND0
野球を変えるっていうなら、手元でちょこっと動く球
これを日本でも流行らせて普段から慣れとくようにしなきゃだめだろ。




2017年03月24日

21:30コメント(7)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/03/22(水) 14:41:20.54 ID:+yz6GAtr0.net
プレミアのときに叩いてすまんかった
普通に有能だったわ
お疲れ


2: 名無し 2017/03/22(水) 14:41:41.80 ID:Jb/Oail8d.net
うちの監督やってくれや
ちな鷹




12:00コメント(6)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/03/23(木) 12:38:04.70 ID:CAP_USER9
リプレーの嵐が吹き荒れた。

 米国との準決勝、最初のソレは二回表。1死走者なしの場面でホスマーのゴロを松田(三塁)がさばくも、中田(一塁)の足がベースから離れていたと、米国側がリプレーを要求。覆らずアウトとなったが、これは序章にすぎなかった。三回表、先頭のポージーが左前打で出塁後、スタントンの三ゴロで5-4-3の併殺かと思ったら、菊池が二塁ベースを踏んでいないと、またしても米国が抗議。覆って二塁はセーフになった。

 米国怒涛の「ビデオ攻撃」に小久保監督も応戦。三回裏の1死一塁から山田の打球をファンブルしたクロフォード(遊撃)が二塁へ送球してアウトとされるや、すかさず小久保監督がベンチを出た。リプレーの結果、判定は覆らず、2死一塁。直後に山田が盗塁すると、今度は米国が検証を求め、これまた結果はセーフのままといったアンバイである。結局、ビデオ判定は計4回。前日のプエルトリコ対オランダでも4度の検証が行われた。

 09、13年の大会でのビデオ検証は、1次ラウンドから本塁打の判定のみだった。今大会は1、2次ラウンドは本塁打限定、決勝トーナメントでは無制限にビデオ判定を要求できるシステムが初導入されたことで、やらなきゃ損とばかりに監督はすぐにベンチを飛び出し、そのたびにゲームの流れが止まって試合時間は長くなるばかり。審判の権威なんてあったもんじゃない。

 日本は06年の米国戦で「世紀の誤審」に泣いた苦い経験があるものの、常に正確な判定を望むなら、いずれ選手のスパイクとベースにチップを埋め込み、センサーでのアウト、セーフを判定する「フェンシングスタイル」になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITAL 3/23(木) 12:02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000024-nkgendai-base


3: 名無し 2017/03/23(木) 12:38:46.94 ID:M9l5wspG0
審判はAIで良いよ




01:00コメント(2)トラックバック(0)MLB・北中米国際試合 
1: 名無し 2017/03/23(木) 17:31:11.20 ID:CAP_USER9
試合中に選手が見せる派手な感情表現をあまり快く思わない人がいる。今回のWBCで米国代表として活躍したタイガースのイアン・キンズラー内野手(34)もその一人。
22日のニューヨーク・タイムズ紙(電子版)には次のようなコメントが掲載されている。

「WBCを観戦している子供たちにはプレー中に米国選手の振る舞いをしっかり見てほしいな。
米国は試合での感情表現に関してプエルトリコやドミニカ共和国とは対極にある。
もちろん、彼らが見せる派手な振る舞いがすべてダメという訳ではないよ。自分たちとは育った環境が違うから、感情の表現方法が違って当然だよね。
でも、米国の選手は彼らとは違ったかたちで感情を表現するんだ」。

WBCの開催目的は野球のグローバル化。プレーだけでなく、選手の派手なパフォーマンスもファン拡大に寄与することだろう。
そう考えると、キンズラーのこの発言には矛盾が生じる。
ホームランをかっ飛ばした打者がバットを高々と放り投げるパフォーマンスは賛否両論ある。
ただ、バットを静かに置き、うつむきながらベースを一周するよりはファンの興奮をあおることだろう。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0323/spn_170323_7273452430.html
スポーツニッポン3月23日(木)16時28分


3: 名無し 2017/03/23(木) 17:34:48.76 ID:DEqn+jv80
「対戦相手にリスペクトが無い」
「これはあくまでゲームであって戦争では無い」
とかそんな感じかな?




2017年03月23日

23:00コメント(14)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/03/22(水) 20:19:47.23 ID:CAP_USER9
菊池の本塁打を含むわずか4安打と打線が湿った日本。小久保監督は試合後、「相手投手の球が動く威力やスピードがワンランク上だった」と認めた。

 相手先発のロアークに対し、侍打線はツーシームを中堅方向に打ち返す狙いで試合に臨んだ。
しかし、そのツーシームの鋭さが想像以上で、打つ際にボールが重く感じたという。四回に打席に入った中田は初球の内角寄りの甘いツーシームをファウルにしたが、最後は真ん中のツーシームで右直に倒れた。

 「球のスピードを感じなくても、ツーシームで差し込まれる」と中田。日本のプロ野球の公式球に比べ、WBC公式球はボールの縫い目が粗く、変化が大きいとされるのも影響があるのか。
「日本であそこまで動く球を投げる投手はいない。(日本と世界の野球の差を感じたのは)ツーシーム」と中田は言う。

 「動く球への対応」。侍ジャパンが次の大会までに大きな課題を突きつけられた。【田中義郎】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000093-mai-base


2: 名無し 2017/03/22(水) 20:22:05.02 ID:eDEBWBoS0
綺麗な真っ直ぐを至高とする日本野球が間違ってるんだな




21:30コメント(6)トラックバック(0)国際試合その他海外 
1: 名無し 2017/03/23(木) 13:00:10.97 ID:Hsw74vF7d
wdcvuSO


2: 名無し 2017/03/23(木) 13:00:20.50 ID:pY1fWkI0d
可哀想




18:00コメント(7)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/03/23(木) 13:00:20.48 ID:QNt4v7As0
辞退者メッチャ減りそう


4: 名無し 2017/03/23(木) 13:01:22.30 ID:+CSgiX1E0
辞退しても勝てるんやから変わらんやろ




16:00コメント(12)トラックバック(0)国際試合横浜 
1: 名無し 2017/03/23(木) 06:53:04.38 ID:CAP_USER9
◆WBC ▽準決勝 日本1―2アメリカ(21日、ロサンゼルス)

日本国民の夢を乗せた打球は、マカチェンのグラブに収まった。
「ただただ、僕の技術不足です」。筒香が奥歯をかんだのは1点を追う8回だ。
2死一、二塁で変則右腕のニシェクから右飛。チェンジアップに、ややタイミングが狂った。

試合後は、気持ちを整理して帰りの通路に現れた。
「国を背負って戦うことの覚悟や重み、いろんなことがあった。
負けてしまったけど、本当にいい勝負ができました」。
絶望から侍の4番へ。「あの時を考えれば、信じられないです」とつぶやく出来事があった。

14年8月13日の中日戦(ナゴヤD)だ。左中間の打球を追い。味方と交錯して後頭部を強打した。
試合中に救急車で搬送。リハビリは壮絶だった。
平衡感覚や視界の回復具合を確認する作業。
直線に沿って数歩進むだけで、吐き気をもよおした。
「自分でも、よっぽどだったと思います…」。塗り絵のテストはドラえもん。後で見ると、真っ赤に塗りつぶしていた。

初のWBCでは「子どもたちや見ている人に、夢とか生きる力を与えたい」と言い続け、自身の成長も実感した。
「何も変えずにいてくれ」と絶えず信頼してくれた小久保監督とは同じ和歌山出身。
「体、大丈夫か?」。何気ない言葉がうれしかった。
「監督と選手が尊敬し合う関係。最高の監督だと思います」。
裏方やスタッフへ感謝の言葉も添えた大黒柱。さらに強く、太くなって帰ってくる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000008-sph-base
スポーツ報知 3/23(木) 6:13配信

>
2: 名無し 2017/03/23(木) 06:54:29.56 ID:5qKx6Nsn0
これで技術不足なら青木は切腹もんだな
他の一部を除いた野手陣も




13:00コメント(48)トラックバック(0)国際試合J野球談義 
1: 名無し 2017/03/07(火) 19:29:14.21 ID:KhDSiorf
国内ならまだしも国際大会でやるのホントやめてほしい


3: 名無し 2017/03/07(火) 21:35:17.44 ID:AeJuWefX
せやろか?
みんなで応援すること考えるのならええんちゃうん?




野球ニュース
TOPE1-300x103 (1)
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
TOPE1-300x103 (1)
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ