国際試合

2017年08月02日

03:00コメント(0)国際試合 
1: 名無し 2017/08/01(火) 13:36:47.82 ID:KnIptCu/0
1(遊)茂木
2(中)桑原
3(指)吉田
4(左)鈴木
5(一)森
6(三)大山
7(右)上林
8(捕)田村
9(二)京田

強い(確信)


3: 名無し 2017/08/01(火) 13:37:36.20 ID:wwIHNRNN0
何歳以下や



2017年05月21日

11:00コメント(14)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/05/20(土) 04:27:42.43 ID:5xO86WZh0
ワイこのあとぶち切れてTBSに苦情メール送ったんや
PC整理してたら出てきたから晒すで


2: 名無し 2017/05/20(土) 04:28:19.24 ID:5xO86WZh0
拝啓 TBS様

中居正広氏の「頑張れ、侍ジャイアンツ」という発言についてです。

この大会は12球団のファン、日本の野球ファンが心を一つにして応援しています。
中居正広氏がジャイアンツを好きのは解ります。しかし、日本の野球ファンにはジャイアンツのことを快く思っていない方もたくさんいます。
それでも大会期間中はそのことを忘れ、どこの球団に所属しているかは関係なく、日本の選手全員を応援しているのです。

中居正広氏の発言は、そのような野球ファンの思いを踏みにじるものであり、非常に不快な気持ちになりました。

今後、こういう発言がないように注意して頂きたいと思います。


3: 名無し 2017/05/20(土) 04:28:25.86 ID:wGKvaTHDd
自分の過去の恥晒すとかやめとけ




2017年05月17日

23:00コメント(0)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/05/17(水)11:39:08 ID:s69
助監督は古田で
海外遠征の時は野村が日本から指示を出せばいい


どうや?反論・意見があれば言ってクレメンス


4: 名無し 2017/05/17(水)15:19:16 ID:M3E
本人行かないと志気に違いが出そう




13:00コメント(4)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/05/17(水)00:45:23 ID:qFn
相手がソフトバンクの時のHR松田「熱男ーッ!!」←うざっ…


なぜなのか


2: 名無し 2017/05/17(水)00:45:47 ID:VPt
わかる




2017年05月16日

20:00コメント(0)トラックバック(0)国際試合NPB(野手) 
1: 名無し 2017/05/16(火) 08:15:59.59 ID:CAP_USER9
WBCが終わり、息つく間もなくプロ野球が開幕した。開幕当初、WBCに参加した選手の不調が話題となった。
いや、公式戦がスタートして1カ月半以上経った今でも、その影響から抜け切れず、本来の調子に戻っていない選手もいる。


ヤクルトの山田哲人やDeNAの筒香嘉智も、そんな選手といえる。5月15日現在、山田は打率.240、4本塁打、14打点と本来の数字にはほど遠い。
筒香も打率こそ.284と上向いてきたが、肝心の本塁打は3本で、その1本目も開幕から21試合目の4月27日の阪神戦でようやく飛び出したものだった。

「たしかにWBCの影響はあるでしょう。しかし、選手により不振の原因は様々です。
それを見極めて対処法を考えないと、復調できるものもできなくなってしまう」

そう指摘するのは、野球解説者の伊勢孝夫氏。ヤクルト、近鉄、巨人などで打撃コーチやヘッドコーチを歴任し、中村紀洋や坂本勇人、山田哲人らを育て上げた球界屈指の指導者だ。

伊勢氏はまず山田の不振について触れた。

「哲人の場合は、バレンティンが60本塁打を打った翌年(2014年)とよく似た状態に陥っていました。それは下半身の粘り不足。
打者は打つときに、投手側の足を大なり小なり上げますが、いい打者というのは軸足に粘りがあり、概してステップ幅は小さく、極端にいえば構えたときの位置に戻すくらいで、そこから回転して打ちます。
逆に調子の悪い打者は、ステップの幅が広くなり、軸足の粘りも利かなくなっている場合が多いんです」

バレンティンが60本塁打を記録した年は、ステップしてもキッチリ鋭い軸回転でボールを飛ばせていた。だが翌年は、疲労などから、ステップ幅がやや広くなり、軸もぶれていたというのだ。
今シーズンの開幕後の山田が、まさにその状態だったと解説する。

「歩幅でいえば一足半程度かな。目測に過ぎませんが、哲人のいい状態のときに比べれば、明らかに広かった。打てていないときは歩幅が広く、軸足の粘りもない。
だから体が前(投手側)に飛び出してしまい、ボールを引きつけられなかった。
最近はよくなってきたけど、とにかく哲人は、ステップした足が構えたときの位置にそのまま下りてくるかどうか。そこが彼の好不調を極めるポイントと言っていいんです」

軸足の粘りがない状態が長引いていたのは、伊勢氏によれば、やはりWBCの影響によるトレーニング不足、走り込み不足が原因だと指摘する。

「代表チームでも下半身強化の走り込みなどは、気をつけてしていたと思います。
でも、所属チームとの練習量と比べれば、やはり足りないことは否めない。
それに哲人は指名打者での出場が多く、野手としてグラウンドに出る機会はほとんどなかった。
その影響も少なくないと思いますね。イニングごとにダッシュして守備位置につく。あれだって、下半身には十分なトレーニングになっていますから」

そしてこう続けた。

「哲人も帰国してから必死に走り込んで、間に合わせようと頑張ったと思いますが、やはり2月下旬から3月中旬まで試合中心だった影響は残っていたのではないかな……」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010002-sportiva-base
webスポルティーバ 5/16(火) 8:10配信

http://www.nikkansports.com/baseball/professional/data/pfdata/person/cl-batter.html
セリーグ打撃成績




2017年05月04日

13:00コメント(6)トラックバック(0)国際試合横浜 
1: 名無し 2017/05/02(火) 09:51:58.52 ID:79r4etYw0
あれほんま闇深いよな



2: 名無し 2017/05/02(火) 09:52:50.44 ID:Xoj3zXNu0
打球は浅かった




2017年05月03日

17:00コメント(0)トラックバック(0)巨人国際試合 
1: 名無し 2017/05/03(水) 09:39:17.77 ID:CAP_USER9
侍たちの“WBC後遺症”を巡る議論が熱を帯びている。日本プロ野球選手会は先月末、日本野球機構(NPB)と事務折衝を行い、今年3月のWBCに出場した侍ジャパンの全選手に対し、聞き取り調査を開始した。

 選手会側が問題視したのは、シーズン開幕後、調子を落としている代表選手が続出していること。事実、侍ジャパンで4番を担った筒香(DeNA)は、初本塁打を放つまで92打席を要した。山田(ヤクルト)、中田(日本ハム)らも苦しんでいる。

 一方で、少数ながら好成績を残している選手もいる。代表的な一人が、坂本勇人内野手(28=巨人)だ。WBCでは6試合で4割1分7厘と打ちまくり、開幕後も3割を大きく超える高打率をキープ。そのため、代表選手の好不調は「各選手個人の問題」とする声も少なくない。

 しかし、その坂本ですら、今も“WBC後遺症”に悩まされているという。本紙の直撃に対し「(昨季と比べて)タイミング(の取り方)がちっちゃくなったりとかはしているなと感じます。まだ、しっくりきていない感覚ですね」と明かした。

 具体的には、どういうことか。「(WBCで対戦した多くの投手は)変化が小さくて、速い球ですからね。曲がらない投手が多いから、こっちがあんまりゆっくりタイミングを取っていると、対応できない。

タイミングの取り方を変えるしかないんです。こっち(NPB)とは、そのへんが違うので…」(坂本)。WBC終了後、短期間で“NPB式”の間の取り方に戻すのは、簡単ではないという。

 坂本は「自分のせいだし、他の選手のことはわかりません」と付け加えたが、他の侍たちも同様の苦しみを抱えているのだろう。

 選手会とNPBは今後、聞き取り調査の結果を検証し、2020年の東京五輪などへ活用していくという。NPBサイドは「負担があるのは事実。選手会の調査結果を踏まえつつ、良い方向に導けるよう検討していきたい」としているが…。国際大会とシーズンの両立という難題を解決する良策は生まれるか

2017年5月2日 16時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13013465/


2: 名無し 2017/05/03(水) 09:41:03.04 ID:H9BeY7s50
.356も打って打率2位なのに贅沢だぞ




2017年04月25日

19:00コメント(0)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/04/24(月) 17:48:13.54 ID:CAP_USER9
元ロッテの里崎智也氏(野球評論家)の「ウェブ特別評論」を掲載中。
39回目は「WBC後遺症が不調の要因となるか」です。


    ◇   ◇   ◇

WBCで侍ジャパンの先発ローテとして活躍した石川が勝ち星なしの0勝3敗となり、先日2軍再調整となった。
本人がWBC疲れをコメントした記憶はないのだが、同大会が開催された開幕まもないこの時期には、「WBC後遺症」を指摘する声もたまに聞こえてくる。

しかし本当にそうなのか。23日現在、侍ジャパンのメンバーの成績を調べてみた。

<WBC日本代表メンバー成績(4月23日現在)>

【投手】

増井浩俊(日本ハム)4試合勝敗なし、1H2S、防2・25

宮西尚生(日本ハム)6試合0勝1敗、4H、防6・75

菅野智之(巨人)3試合2勝0敗、防2・49

秋吉亮(ヤクルト)7試合2勝0敗、1H2S、防0・00

牧田和久(西武)7試合勝敗なし、4H、防0・00

則本昂大(楽天)3試合1勝1敗、防4・74

松井裕樹(楽天)13試合2勝0敗、2H8S、防0・00

千賀滉大(ソフトバンク)3試合2勝1敗、防3・60

石川歩(ロッテ)3試合0勝3敗、防7・62>>>>2軍再調整

藤浪晋太郎(阪神)2試合1勝1敗、防2・08※インフルエンザで2軍再調整

岡田俊哉(中日)4試合0勝1敗、1H、防6・75>>>>2軍再調整

平野佳寿(オリックス)8試合0勝1敗、1H5S、防4・50

武田翔太(ソフトバンク)2試合1勝1敗、防5・91※けがで2軍再調整

【捕手】

大野奨太(日本ハム)打率・167、1本、4打点

小林誠司(巨人)打率・127、0本、0打点

炭谷銀仁朗(西武)打率・256、0本、2打点

【内野手】

中田翔(日本ハム)打率・176、0本、1打点>>>>23日復帰

菊池涼介(広島)打率・281、1本、7打点

坂本勇人(巨人)打率・356、1本、9打点

山田哲人(ヤクルト)打率・224、2本、6打点

松田宣浩(ソフトバンク)打率・192、0本、5打点

田中広輔(広島)打率・306、0本、7打点

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812471-nksports-base
日刊スポーツ 4/24(月) 11:29配信




2017年04月22日

07:00コメント(4)トラックバック(0)国際試合 
1: 名無し 2017/04/21(金) 20:45:44.27 ID:CAP_USER9
「抑え方が分からない」

ロッテの石川は、こう言い残して二軍落ちした。18日に先発するも、5回6失点でKO。
今季は3戦3敗、防御率7.62。昨季の最優秀防御率投手(2.16)が、今や見る影もない。

石川に限らず、WBC日本代表選手の多くが故障に泣かされ、不振にあえいでいる。
ソフトバンクは武田が右肩炎症、日本ハムは中田が右内転筋筋挫傷で、共に登録抹消中。
ヤクルトの山田は打率.224、DeNAの筒香は.241、ソフトバンクの松田は.213と低迷中だ。

彼らはWBCで世界を相手に激戦を繰り広げた。ボールの違いはもちろん、
疲労や前倒しになった調整など、「WBCの悪影響」とみる関係者は球界に多い。

こうした故障者、不振者続出に、かねて警鐘を鳴らしていたのが日本プロ野球選手会だ。

昨年、選手会はWBCの影響を踏まえて、開幕を例年より遅い4月7日にするよう、NPBに要望を出した。が、返答は「NO」。予定通り、3月31日に開幕を迎えた。

選手会の森忠仁事務局長は「過去の大会に出場した選手から、『調整期間が欲しい』という声があったからです」と、こう続ける。

「昨年6月のNPBとの事務折衝では、WBC出場経験のある(ソフトバンクの)内川選手、(ロッテの)角中選手も出席し、彼らの意見を直接12球団の代表者に聞いてもらいました。
しかし、各球団は(集客が期待できる)春休み中に開幕させたいという思惑がある。
さらに『WBCに出場していない選手の調整に影響が出るから』という反対意見もあって、要望は通りませんでした」

しかし、多くの代表選手が苦しんでいるのも事実。選手会は原因究明のため、“事情聴取”を開始するという。森事務局長が言う。

「まだ代表選手をリサーチしていないので、WBCと成績の関連性については、何も言えません。
ただ、今後は12球団を回って、代表選手自身に現在の状態や、WBCの影響などを聞いて回る予定です。
WBCから帰国後、故障した選手がいる場合は球団に『今回のケガを、どう考えているのか』と聞きたいですね」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000011-nkgendai-base
日刊ゲンダイDIGITAL 4/21(金) 9:26配信




2017年04月18日

09:00コメント(2)トラックバック(0)国際試合NPB(投手) 
1: 名無し 2017/04/16(日) 07:37:10.23 ID:CAP_USER9
コラム
【権藤博の「奔放主義」】

ロッテの石川歩(29)が、今季初登板から2試合連続でKOされた。

先のWBCで日本代表の先発を任せ、投手コーチだった私が最も頼りにしたひとりだ。
本人に聞くと「調子はいいんですが……」と言っていた。確かに、投げているボール自体は決して悪くない。

そこに原因がある。

巨人の菅野智之(27)も11日の広島戦で5失点KO。翌日、楽天の則本昂大(26)は西武打線に打ち込まれ、5回6失点でマウンドを降りた。
ソフトバンクの千賀滉大(24)も今季初登板となった4日の楽天戦で4回7失点KO。
侍ジャパンの先発陣がみな、一度は派手にやられている。

■「疲労」は的外れ

彼らも石川と同じで、いいボールを投げてはいる。
しかし、打たれた。いや、だから打たれた、と言っていい。

侍ジャパンの面々は、3月7日のWBC開幕に合わせて、オフから調整をした。「その疲れがあるんだろう」と訳知り顔の解説もあるが、それは違うだろう。
今後、通常より1カ月早くピークを持ってきた影響が出てくる選手はいるかもしれないが、それはもっと先の話。
石川が、「調子はいい」と言うのはもっともで、とっくに臨戦態勢を整え、あのWBCの激闘を戦った日本代表の投手陣の多くは、仕上がった状態のはずだ。

いきおい、力で押したくなる。ましてや、世界のパワーヒッターと対峙し、ヒリヒリするような勝負をしてきたばかりである。
日本の打者を見下すわけではないが、どうしたってパワーでは劣る相手に、投球の「強弱」をおろそかにしてしまっているように見えるのだ。

私の言う「強弱」は、「緩急」とは違う。緩急は、誰にだってつけられる。真っすぐのあとにカーブを投げれば、それだけで緩急。
必要なことではあるが、勝負においてそれ以上に効くのが、打者の「目」と「間」を狂わせる「強弱」だ。

同じ直球を投げるのでも、意識的に150キロと140キロを投げ分ける。変化球でもそう。
これが私の言う「強弱」で、侍ジャパンの投手陣にはその効用を何度も説いた。

一本調子でいけば、菅野だって石川だって、そうは簡単に勝たせてもらえない。
海外勢に比べてパワーは劣っても、日本の打者はミート力には優れている。
調子の良さに任せて力でグイグイ押すだけでは打たれて当たり前だが、状態が良ければ良いほど力で押したくなるのも事実。
気持ちは分かる。それが、投手という生き物だ。調子の良し悪しが必ずしも結果にはつながらない。だから野球は面白く、難しい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000014-nkgendai-base
日刊ゲンダイDIGITAL 4/15(土) 9:26配信


3: 名無し 2017/04/16(日) 07:44:08.73 ID:pSSK5MeD0
権藤「藤浪? 彼はまっすぐを投げることが大事だ」




2017年04月16日

17:30コメント(4)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/15(土) 12:45:10.49 ID:ahMEB1EVK
誰?

選ばれてたことすら知られてない選手とかおるやろ


2: 名無し 2017/04/15(土) 12:45:21.91 ID:6D8t/rAPr
武田




2017年04月14日

23:00コメント(13)トラックバック(0)国際試合雑談 
1: 名無し 2017/04/14(金) 16:49:41.25 ID:SKdhPxNX0
アジア
日本 ベスト4
韓国 1次敗退
台湾 1次敗退予選送り
中国 1次敗退予選送り

ヨーロッパ
オランダ  ベスト4
イスラエル ベスト8
イタリア  1次敗退


17: 名無し 2017/04/14(金) 16:53:19.16 ID:dwP9MXRnp
>>1
オランダ キュラソー島
イスラエル 全員アメリカ人

これの何処がヨーロッパなんですかね




野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ