学生野球

2017年04月02日

20:00コメント(9)トラックバック(0)学生野球 
1: 名無し 2017/04/02(日) 13:40:55.41 ID:CAP_USER9
NHKセンバツ中継で「球数制限」論争が再燃 200球の酷使はクレージーか…
2017.4.2 07:00

高校野球の「球数制限」論争が再燃している。NHKが選抜甲子園の中継に投手の投球数をリアルタイムで表示、
画面を通じて“酷使”の実態が明らかにされたからだ。高校球児の投球制限は地方大会を含めてないが、
直前に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では厳しい球数制限が行われ、
継投が勝負のアヤとなった。強豪校ほど「勝利至上主義」に陥りやすいが、将来性あるエースの肩を
甲子園でつぶしていいものか。悲劇をこれ以上繰り返さないために、高野連の「妙手」が待たれている。

今大会1回戦で延長十四回、死闘の末に敗れた東海大市原望洋(千葉)の右腕・金久保は218球投じた。
たった一人の熱投は実らなかったが、本人は「初めて1試合で200球投げた。自信になった」と振り返った。
自信という強がりの裏に漠然とした不安が読み取れる。

いずれにしても、1試合200球超えは常識的に考えて“危険水域”を超えている。
鍛え抜かれた高校球児は、監督の交代指示がない限り、自らマウンドを降りることはない。
実際、同校の和田監督は「展開も展開。代えるつもりはなかった」と振り返っている。

今大会、延長引き分け再試合が2戦続けて起きた。こんな“珍事”は春夏通じて甲子園では史上初。
高野連は「がっぷり四つの結果」と冷静に分析していたが、やや他人事のような印象を否めない。

甲子園の悲劇で今も語り草になっているのが4年前の選抜だ。
3日連続を含む5試合に登板して計772球投じた愛媛・済美の2年、安楽智大(楽天)だ。
当時、米スポーツメディアから「酷使だ」「クレージー」などと厳しい批判を一斉に浴びたが、
その教訓は生かされていない。

■球数制限は時代の趨勢

とはいえ、NHKの甲子園中継に投手の球数が表示されるようになったことは「改革」の第一歩といえるだろう。
地方大会を含めて投手の球数制限や投球間隔の制約を科せば、1チームに最低でも3人は投手が必要となり、
台所事情が厳しくなる学校も出てくるだろう。部員10人で今年の選抜に出場した
「21世紀枠」不来方(岩手)のようなチームは、投手兼野手を育成すれば緊急事態に対処できる。

(後略、全文はソースで)
産経ニュース http://www.sankei.com/sports/news/170402/spo1704020002-n1.html


172: 名無し 2017/04/02(日) 14:16:56.59 ID:2ixaGQlG0
>>1
プロの藤浪ですら160球が叩かれてたから制限してやってよ
クズ揃いのネットの実況もドン引きだったわ
投手も断りにくいし、それどころかむしろ投げたい奴もいるだろうけど、そこを制限するのが高野連の役割じゃないの




2017年04月01日

19:00コメント(1)トラックバック(0)学生野球雑談 
1: 名無し 2017/04/01(土) 14:44:30.33 ID:MzFC2f3G0
どんだけ強くなっとんねん


2: 名無し 2017/04/01(土) 14:44:56.13 ID:MSQFiRCx0
二位はどこやねん




15:00コメント(2)トラックバック(0)学生野球 
1: 名無し 2017/03/31(金) 17:33:17.38 ID:CAP_USER9
60年にわたる歴史に、終止符が打たれた。

センバツ甲子園のベスト4が出揃った昨29日、春夏通じて甲子園7度制覇の名門、PL学園が大阪高野連に連盟からの脱退届を提出し、同日、受理された。
PLは昨夏の予選初戦敗退を最後に休部中。
正井校長は脱退届の中で、「平成29年から部員募集再開が決定するまでの間、貴連盟への非加盟を決めさせて頂いた次第です」と復活に含みを持たせているが、その言葉を信じていいのか。

3月に「永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット」を上梓した、ノンフィクションライターの柳川悠二氏は「復活はまず、あり得ません」と、こう続ける。

「仮に来年から部員募集を再開したとして、入部する生徒がどれだけいるか疑問です。
現在、PL学園は1学年50人程度と、生徒数そのものが減少している。
野球部がこの惨状では、昔のようなPL教団信者以外の入学希望者も見込めません。
付属中学校からの内部進学者で野球をやっている子もいますが、いずれも軟式野球部。
高校にも軟式はありますので、そちらに入部するでしょうね。
PLは60年前の創部の際も、高野連に生徒数の少なさなどを理由に一度、加盟を断られている。
今後、再加盟を希望しても同じ理由で認められない可能性もあります」

高校野球史において、PL学園は強烈な存在感を放った。中でも83~85年に甲子園を沸かせた清原、桑田の「KKコンビ」は一世を風靡。
野球ファン以外にもPLの名を知らしめた。
プロ野球にあまたの人材を輩出し、校歌で「永遠の学園」と歌われる通り、その栄華は続くと誰もが思っていただろう。

それがなぜ、落日を迎えることになったのか。

前出の柳川氏が言う。

「さまざまな事情がありますが、一番大きいのは度重なる不祥事と、それが改善されない体質です。
83年に公称265万人だった信者が、12年には94万人にまで減少。いまや名物の花火大会も縮小され、全国のPL教会の数も減っている。
そうした教団運営の事情もあって、不祥事ばかりの野球部がやり玉に挙がった。
黄金時代は信者からの浄財を野球部につぎ込んでチームを強化していましたが、それも7年ほど前からありません」

■全く無意味だった嘆願書

さらに教団を私物化しているといわれる3代目教祖夫人が、野球部を目のカタキに。
かつてのPLなら内部で揉み消せたはずの不祥事を、関係者が積極的に明るみに出すようになった。

13年に部内暴力で河野監督が退任すると、以降は常勤監督不在。
公式戦の際は、野球経験すらない正井校長(現校長の弟、一真氏)が監督登録をしてベンチに入っていたこともある。
そしてとうとう、「指導者不在」を理由に15年度からの新入部員受け入れを停止した。

もちろん、歴代OBもこうした動きを黙って見ていたわけではない。彼らは何度も学校に嘆願書を送り、野球経験者の監督就任や、部員募集再開を訴えてきた。
15年1月にはOB300人の署名を集め、学校に提出している。その願いもむなしく、昨夏の休部、そして今回の高野連脱退だ。

現在、OB会では「KKコンビを育てた中村順司元監督(現名商大総監督)を中心に、軟式野球部を硬式野球部に移行させ、部の存続を図ろう」という意見もあるそうだが……。

「OB会が学校を相手にしている時点で、覆りようがありません。
決定権はすべて、教団にあるからです。いくら嘆願書や署名を提出しようが、正井校長には何の決定権もない。
15年に提出した300人の署名も、教団幹部に渡っている気配すらありませんからね。
OB会が本当に相手にしなければいけないのは教団のはず。ところが、彼らは『それは越権行為だ』と言う。
もし、OB会が本気で教団と戦っていれば、野球部は存続できたかもしれない。そう考えると、残念でなりません」

すべての物事には終わりがある。「永遠の学園」もまた、例外ではなかったということか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000010-nkgendai-base
日刊ゲンダイDIGITAL 3/31(金) 9:26配信




12:00コメント(3)トラックバック(0)学生野球 
1: 名無し 2017/03/31(金) 07:45:33.64 ID:CAP_USER9
今春のセンバツ大会は、開幕前から「打高投低」の大会になると見られていた。

清宮幸太郎(早稲田実)、安田尚憲(履正社)という東西を代表するスラッガーが出場しており、
他にも金成麗生(日大三)、太田英毅(智辯学園)、嶋谷将平(宇部鴻城)、西浦颯大(明徳義塾)、猪田和希(神戸国際大付)といった好打者がひしめいていた。

一方、投手は大会前の時点でドラフト上位指名を狙えるような「大物」が不在。
例年、春のセンバツといえば「投高打低」の大会になることがほとんどのため、今大会は打者の名前ばかりが挙がる異例の状況になった。

そして大会が開幕すると、予想通り「打」が爆発。肌寒い春先にもかかわらず、1回戦の16試合だけで13本の本塁打が飛び出した。
2016年は1回戦だけで6本、2015年は7本だっただけに、近年にないハイペースで甲子園に快音が響いたことになる。

数少ない好投手も、日大三の左腕・櫻井周斗が履正社の注目打者・安田から3三振、若林将平から4三振を奪うなど力を見せたものの、9失点を喫して初戦敗退。
さらに最速149キロ右腕と話題になった山口翔(熊本工)も、「ブルペンでは良くても、実戦になると自分の体重移動ができなかった」と
初戦で昨春の覇者・智辯学園に9点を奪われ敗退した。
東海大市原望洋の本格派右腕・金久保優斗は初戦で延長14回、218球を投げ抜く投球を見せながら、
「最後は下半身の力が入らなくて抑えきれませんでした」と滋賀学園の前に力尽きた。

ただでさえ数少ない好投手が初戦で消える波乱の幕開けに、「打高投低」の波はますます激しさを増すかに見られた。

だが、意外にも2回戦は10試合(延長15回引き分け2試合を含む)で本塁打2本。
東海大福岡対早稲田実、大阪桐蔭対静岡のように11対8と乱戦で決着がついた試合もあったが、意外と投手がしっかりとゲームメークする落ち着いた試合展開が続いた。

今大会は本当に「打高投低」なのか――。
目利きの評価を聞こうと思い、甲子園球場バックネット裏に集ったスカウト陣に尋ねてみた。
だが、意外なことにみな一様に口が重い。
そんななか、広島のベテランスカウト・苑田聡彦スカウト統括部長はこんな本音を明かしてくれた。

「今年はピッチャーに限らず、全体的に(有望選手が)少ないんですよねぇ……」

年初に開かれた広島のスカウト会議では、異例の光景が見られたという。苑田スカウトが続ける。

「松田(元)オーナーも参加する会議で、選手の表を配って説明するんですけど、150人が終わったところで『以上です』と。
オーナーも『苑田さん、今年はこれしかいないの?』と驚いとったからね(笑)」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170331-00010000-sportiva-base
webスポルティーバ 3/31(金) 7:30配信




00:00コメント(16)トラックバック(0)学生野球雑談 
1: 名無し 2017/03/30(木) 21:50:23.32 ID:YO0vpVJ8
何かに例えて下さい。


19: 名無し 2017/03/30(木) 22:52:58.32 ID:14dlBk2L
>>1
ほんまでんがな vs あかんがな




2017年03月29日

01:00コメント(9)トラックバック(0)学生野球J野球談義 
1: 名無し 2017/03/27(月) 22:30:46.99 ID:NIuWC+zT
甲子園、春夏連覇

国体でも優勝

県大会(秋、春含め)、関東大会(秋、春含め)でも優勝

公式戦44勝0敗


3: 名無し 2017/03/27(月) 22:32:35.34 ID:NBNyU8MS
1979年の箕島に一票
甲子園、春夏連覇




2017年03月28日

09:00コメント(8)トラックバック(0)学生野球J野球談義 
1: 名無し 2017/03/26(日) 19:22:53.59 ID:9s84rcVa
18回でも15回でも「引き分け」がある以上、人間の体はそれをこなせるように調節できてしまう!
だが引き分けがなければ1イニングごとに全力で投げざるをえないので早く限界がきて決着が着くだろう。
タイブレークとか休養日を設けるとか投手のことを何も考えてないと思う。
再試合が1番肩肘に負担がかかるしタイブレークが1番12回まで酷使されてるのにそれに追い打ちをかけるブラック企業みたいなものだろw

延長無制限が唯一の正義だと思うよ


8: 名無し 2017/03/26(日) 20:23:24.78 ID:+3qh7o/t
>>1
禿同




06:00コメント(3)トラックバック(0)学生野球J野球談義 
1: 名無し 2017/03/26(日) 16:11:08.07 ID:sldU1XS5
極端な守備シフトを敷くチームが増えた
エースで4番の減少


2: 名無し 2017/03/26(日) 16:21:52.11 ID:vOjxt2sz
選手の笑顔多い




01:00コメント(17)トラックバック(0)学生野球 
1: 名無し 2017/03/26(日) 23:18:34.20 ID:NEvZbcCN
どの競技も
地元は圧倒的に有利


2: 名無し 2017/03/26(日) 23:19:15.53 ID:bbODfVdN
国体みたいに持ち回りでもいいかもな




2017年03月27日

23:00コメント(7)トラックバック(0)学生野球J野球談義 
1: 名無し 2017/03/26(日) 18:39:55.26 ID:cubeMLgv
地方大会でも全国大会でも延長15回引き分け再試合が多すぎる
投手の消耗が大きい


6: 名無し 2017/03/26(日) 18:47:18.79 ID:C/ApLf7t
軟式高校野球もタイブレークになってるから、硬式もタイブレークにするべき




09:00コメント(2)トラックバック(0)学生野球OB・評論家・解説者 
1: 名無し 2017/03/26(日) 23:31:40.70 ID:CAP_USER9
単行本の第3巻にこんなシーンがある。悪気はないにしろ、主将のバットを無断で使用した主人公の1年生・狩野笑太郎の処遇を巡って3年生同士が対立。口頭で注意して終わらせようとした主将に対して、一部の3年生は狩野に体罰を科すべきと主張する。

先輩のバットを無断使用することはもちろん良くないことだが、そんなむちゃなと思わずにはいられない名門野球部の厳しい規則や上下関係が、時にはユーモアを交えて描かれている。記者も高校時代は野球部に所属。当時は先輩が怖くて必死だったが、今思い返すと笑えるくらい理不尽なルールが部内に存在していた。

近大付属高校出身で甲子園にも出場し、なきぼくろ先生に自身の似顔絵を描いてもらったことがあるという藤井彰人2軍育成コーチ(40)も、高校時代の苦労話を笑顔で話してくれた。

「当時は部員が120、30人くらいいたかな。顔を覚えるのが大変だから、最初は電車とかで(近大付属高校の)制服姿の丸刈りがいたらとりあえずあいさつをする。それであいさつしたら剣道部の人だったとかね(笑)」

その他には先輩が教室にいる場合、下級生はその視界に入ってはいけないため、「教室の窓側を歩くこと禁止」など、当時のエピソードをおもしろおかしく話してくれた藤井2軍育成コーチ。理不尽なルールに耐えることで精神力が身につき、野球に生かされたかの問いには「悪いけどあんまり意味がなかった」とあっさり答えた。



「バトルスタディーズ」は高校野球の真実を面白く描き、読者に問題提起をしているようにも感じる。(デイリースポーツ・山本航己)

一部抜粋で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/03/26/0010035193.shtml?pg=2


2: 名無し 2017/03/26(日) 23:33:34.00 ID:Ff+PBmcl0
一方、あれがあったからとか言ってるPL学園のOB




2017年03月25日

15:00コメント(3)トラックバック(0)学生野球雑談 
1: 名無し 2017/03/24(金)14:56:31 ID:hZt
PL中村や大阪桐蔭西谷は文句なしのSとして


2: 名無し 2017/03/24(金)14:56:55 ID:VT1
横浜なべさんは




野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ