NPB(その他)

2017年09月01日

21:00コメント(6)NPB(その他) 
1: 名無し 2017/09/01(金) 16:09:15.37 ID:rkhGxxcy0
東京ヤクルト
古野 正人 投手 右肩負傷(2016/06/15) 不明
川端 慎吾 内野手 椎間板ヘルニア(02/13) 不明
畠山 和洋 内野手 左脹脛肉離れ(04/18) 不明
ジュリアス 投手 左肘靱帯再建手術(05/10) 全治1年・長期見込
雄平 外野手 右手首痛(06/28) 右有鈎骨鈎部摘出手術(07/03) 不明
R.オーレンドルフ 投手 右肩検査(08/--) 一時帰国
今浪 隆博 内野手 腰痛(08/23) 不明


2: 名無し 2017/09/01(金) 16:09:46.98 ID:W6gLC7ye0
阪神横田は故障者でええんやろか



2017年05月07日

01:00コメント(3)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 名無し 2017/05/06(土) 09:28:38.25 ID:CAP_USER9
● 肘の靱帯再建手術で 復帰に成功している率は8割

肘の靱帯再建であるトミー・ジョン手術。野球好き以外には聞き慣れない言葉かも知れないが、ダルビッシュ有や松坂大輔、古くは村田兆治などが受けている。
かつては成功率1%とも言われたが、現在は8割近くが復帰に成功している。

本書『豪腕――使い捨てされる15億ドルの商品』はトミー・ジョン手術を中心に米国や日本の野球投手の「腕」の故障に関する問題を検証しているが、
その背景にあるのは、野球界に限らず抱える古くて新しい課題だ。問題の解決手法が見出されていない場合、人はどのようにして立ち向かうか。科学か伝統か、事実か信条か。

772球。2013年春の選抜高校野球大会。済美高校の安樂智大が9日間5試合に登板し、投げた球数だ。日本のプロ野球選手が100球程度で中5日で登板することを考えれば、その球数の多さが際立つ。

国内ではその鉄腕ぶりが感動を呼んだ一方、国外には「子どもへの虐待」との指摘もあった。安樂はその後、右肘を故障しながらも(トミー・ジョン手術は受けていない)、プロ入り。
復活途上にあるが、高校時代に最速157キロのストレートで相手をねじ伏せた姿は戻っていない。

甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。
日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生まれるとの信条が根強いと著者は説く。実際、その信条に共感を覚えてきた人間が多いからこそ、スポ根アニメが流行り、炎天下でエースに連投を強いる甲子園が熱気に包まれるともいえる。

著者も甲子園を否定するわけではない。日本野球をバッシングするわけでもない。きれい事に映るかもしれないが、青少年の肉体の危機に警鐘を鳴らす。実際、本書を通じて見えてくるのは、野球の本場アメリカの子ども達の環境の過酷さだ。
100億ドル産業に成長したアメリカの野球ビジネスの膨張はとまらない。有望株を早い段階から取り込もうとする各球団のスカウト合戦は過熱。
金の卵の発掘をビジネスにしようとする企業が全米で未来のスター選手を競わせる「ショーケース」と呼ばれる試合を開き、10歳にも達しない子どもたちが速く強い球を投げ続ける。

球速ごとに選手はランキング化され、本人も親たちも順位に一喜一憂する。ランキングを維持し続ければ、注目が集まり、100万ドル以上の契約金が手に入る可能性が高い。そのためには投げ続けるしかない。
大リーグの球速重視主義は顕著で、2003年に平均球速は145キロに達していないが、10年もかからずに148キロを超えた。

だが球速を速くすることは大きな矛盾を抱える。「球を速くするいちばん簡単な方法は一年中投げることだ。だが、ASMIの研究によれば、子どもの将来の故障を予測する要因としてダントツの1位に来るのが一年中投げることだった」。
 もちろん、親達も子ども達の腕に対する注意は払っていることが窺える。連投を禁じたり、投球数を気にしたり。

米国のシンクタンクは99年から10年間で500人近いユースリーグの投手を追跡した結果、年間100イニング以上投げた子が腕を痛める確率は100イニング未満の子の3.5倍であるとしている。

● 投手の球数は激減しているのに 腕を痛める投手は増えている

 最近では、メジャーリーグの各球団も球数や投球回数を制限しているが、起きているのは不思議な現象だ。投手の球数は激減しているのに腕を痛める投手は増えている。
大リーグの投手に突っ込む年俸総額は15億ドルだが故障によって年間5億ドルを失っている。投手の4分の1にトミー・ジョン手術の傷跡がある。

早期から投げ続けている今の青少年がドラフトを迎える頃には、手術経験のない選手を探す方が難しくなるというのは決して冗談ではないだろう。

>>2以降につづく

ダイヤモンド・オンライン 5/6(土) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170506-00126386-diamond-soci




2017年04月21日

19:00コメント(7)トラックバック(0)広島NPB(その他) 
1: 名無し 2017/04/20(木) 18:28:25.77 ID:CAP_USER9
温厚なイメージで知られる広島カープ・緒方孝市監督(48)が激怒し、退場処分を受ける「事件」があった。
原因は審判への抗議。誤審とみられる判定が1試合で2度続き、思わず声を荒げた。

物議を醸す判定を下したのは一塁・山路哲生審判。山路審判は同様の不可解判定が過去にも議論になっていた。

「どう見てもセーフ。誰が見てもセーフ」
緒方監督が現役時代も含めて初の退場処分を受けたのは、2017年4月19日に行われた広島対横浜DeNAの試合。
7回ウラ2死1、2塁の場面で、遊ゴロを打った小窪哲也はヘッドスライディングで一塁に飛び込んだ。
テレビで流れたスローVTRを見るとタイミングはセーフに見えたが、山路審判はアウトの判定を下した。
緒方監督が激高しながら詰め寄ると、すぐに退場処分となった。山路審判はアナウンスで「抗議を超える暴言があったため」と理由を説明した。

直前の6回ウラにも緒方監督が抗議する場面があった。
1死、遊ゴロを打った田中広輔が一塁に全力疾走したところ、これもセーフに見えたがアウトを取られた。
まさかの判定に田中は膝をついてうなだれた。
「どう見てもセーフ。誰が見てもセーフ」。20日付デイリースポーツによると、田中は試合後にそう不満をあらわにしていた。

1試合で2度出た同じような「疑惑の判定」に、ツイッターユーザーからも疑問が続出した。

「山路審判員。ありゃ2つともセーフですぞ」
「『なぜ』あの2つがアウトに見えたのか...山路氏の口から理由を言って頂きたい...」
「2度にわたる微妙な判定(誤審?)をしたうえ、緒方監督の抗議を暴言として退場させた一塁審判・山路哲生氏」
谷繁も退場処分、理由は「私に触れたので」
別の場所でも論争が起きていた。

誰でも編集可能なフリー百科事典サイト「ウィキペディア」では、試合直後から山路審判の項目をめぐって「編集合戦」が始まった。
履歴を見ると、19日夜から多い時で1分間に6回も編集されており、「誤審が酷い」「誤審の神である」「誤審の多い審判として有名である」などといった表現が書き込まれては消されていった。
30分ほど経ったところで、特定のユーザー以外の編集を不可能とする「保護」の措置が管理者によって取られることになり、上記のような表現は現在記述されていない。

山路審判をめぐっては過去にも不可解判定があった。15年5月2日のDeNA対中日戦、DeNAは9回表に出たヒットで、1塁走者のバルディリスが一気に本塁にスライディングした。
捕手の谷繁元信は捕球後に倒れながらも腕を伸ばし、ギリギリのタイミングでタッチアウトしたかに見えたが、球審を務めた山路審判はセーフの判定を下した。
すぐさま立ち上がって抗議した谷繁は、当時プロ3001試合目にして初めて退場処分を受けた。山路審判は「私に触れたので」と説明した。

翌16年6月19日、中日と日本ハムの交流戦でもあった。4回ウラの中日・ナニータの打席でボール球がバットに触れたとして山路球審にファウルを取られた。中
日はこれに加えて、3回表の日本ハム・中島卓也の内野安打1塁セーフ判定と、
8回ウラの中日・亀澤恭平の二ゴロ1塁アウト判定の、計3つの判定を問題視して日本野球機構(NPB)に意見書を提出していた。

広島も今回の試合後、一塁での山路審判による二つの判定を巡ってNPBに意見書を提出した。

http://news.livedoor.com/article/detail/12962096/
2017年4月20日 17時28分 J-CASTニュース

https://www.youtube.com/watch?v=6XarUqcMp3U


4/19誤審2連発で抗議したカープ緒方監督退場に【カープ2017】


12: 名無し 2017/04/20(木) 18:37:43.64 ID:qYhyoWnH0
もうすべて映像で確認する方法にすればいいだろ




2017年04月07日

20:00コメント(5)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 名無し 2017/04/06(木) 22:34:56.47 ID:CAP_USER9
阪神・藤浪晋太郎投手(22)と、巨人・澤村拓一投手(29)の「イップス」疑惑が浮上している。

「イップス」は、投手生命を絶たれることもある深刻な症状だ。

糸井選手は「イップス」で野手転向

2017年4月4日のヤクルト戦に先発した藤浪投手は、5回を投げて9四死球と大乱調。5回表には、ヤクルト・畠山和洋選手(34)の顔面付近に死球を投じ、大乱闘劇となった。

藤浪は14年にも、中日ドラゴンズの主砲・平田良介選手の左肩付近にぶつけて激怒させ、翌日に謝罪。15年には、当時広島カープだった黒田博樹投手へ2球続けて胸付近に投じ、あわや乱闘という騒ぎとなった。

1年目にはわずか2つしかなかった与死球数が、14、15年はリーグ最多の「11」。16年もリーグ2位の「8」だった。

17年4月5日配信の日刊ゲンダイ(ウェブ版)では、藤浪投手の「制球難」はイップスが原因ではないか、と推測。

「素質はピカイチなのに、年々制球が悪くなるのは技術より心の問題なのか。メンタルトレーナーなどの専門家に相談するべき」

とプロ野球OBのコメントを紹介した。

また、右肩のコンディション不良のため3軍で調整を続ける澤村投手にも「イップス」を懸念する声がある。

澤村投手は昨季、ストッパーながら「9つ」の暴投を記録。リーグワーストの数字を残した。

16年8月の中日戦では、フォークが大きくすっぽ抜け、三塁ベンチ上の屋根まで届く大暴投に。この「珍プレー」は、多くの野球ファンを驚かせた。

17年4月5日付の東京スポーツでは、澤村選手の「急性イップス」を指摘する。

澤村投手は、ファンやマスコミからのバッシングで相当なストレスを抱えた上で、今季のオープン戦初登板で、
145キロの直球を日本ハム・清水優心選手(20)の後頭部にぶつけた。
これがきっかけでイップスを発症したのではないか、と分析している。

過去には、阪神・糸井嘉男(35)もイップスを経験している。150キロを超える剛速球を武器に04年に日本ハムに入団するも、イップスが原因で四球を連発し、06年に外野手に転向した。

「自分の腕がない」感覚

そもそもイップスとはどんな病なのか。

プロスポーツでは、ゴルフでよく話題になる。2013年のマスターズで優勝し、日本でも人気のあるアダム・スコット選手(36)もパッティングのイップスで悩んだひとりだ。思うようにパターが打てなくなる例が多い。

イップス治療を行う「IMTメンタルオフィス」の阿部久美子氏は4月6日、J-CASTニュースの取材に対し、

「イップスとは、過去の辛い記憶やイメージによって、思い通りに体が動かなくなったり、無意識に体が動かなくなってしまうことです」

と話す。

http://news.livedoor.com/article/detail/12901261/
2017年4月6日 19時52分 J-CASTニュース

http://image.news.livedoor.com/newsimage/9/b/9b780_80_10c55423_d8f19434.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=S9ZpI0f3vX8


巨人・澤村 宇宙開発にもほどがある大暴投  16/9/4




2017年03月30日

12:30コメント(4)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 名無し 2017/03/29(水) 19:31:52.50 ID:CAP_USER9
◆ 片岡、森野が二軍スタート

29日、セ・パ両リーグは開幕一軍登録選手を発表。新井貴浩(広島)、大谷翔平(日本ハム)、開幕投手が予定されている和田毅(ソフトバンク)、涌井秀章(ロッテ)などが順当に開幕一軍入りを果たした。

一方で2カード目以降に先発する投手や故障などで開幕一軍を逃した選手もいる。ここでは、故障や不振などで開幕二軍スタートとなった選手を見ていきたい。片岡治大(巨人)がそのひとり。

片岡は西武時代の07年から4年連続盗塁王、08年の日本一、09年のWBCでは世界一に大きく貢献した。
13年オフに巨人へFA移籍し、14年から2年連続で100試合以上出場したが、昨季はロッテからクルーズが加入したことに加え、自身の故障も重なり、プロ入り後自己ワーストの32試合の出場にとどまった。

今季は前年の故障も影響しているのか、キャンプは三軍スタート。3月7日に行われた二軍対三軍戦の三軍メンバーとして出場するなど実戦復帰を果たしたが、オープン戦の出場はなし。
ひと足先に開幕した二軍戦には、6試合に出場して、打率.211、0本塁打2打点の成績となっている。

プロ21年目を迎えた森野将彦も二軍スタートとなった。森野は10年にベストナインを受賞するなど長年、チームを引っ張ってきたが、近年は打撃不振や故障で苦しむシーズンが続いた。
今季はオープン戦、16試合に出場したが打率.037(27-1)と極度の打撃不振に陥っていた。

◆ 投手は安藤が開幕二軍スタート

投手では安藤優也(阪神)がそうだ。先発時代に3年連続で開幕戦に勝利投手となり、近年はリリーフへ配置転換。13年から4年連続50試合に登板中で、昨季もチーム3位の50試合に登板した。

リリーフ陣には欠かせない存在だが、キャンプは二軍スタート。オープン戦が始まってからも二軍戦を含めて実戦登板はなく、開幕を二軍で迎えることになった。

また、平成の怪物と呼ばれた松坂大輔(ソフトバンク)は、開幕先発ローテーション落ちしたこともあり、二軍で開幕を迎える。復活を目指す今季は、オープン戦最終登板となった広島戦で、7回を無失点に抑えていた。

その他、2000安打まで残り68安打に迫っている福浦和也(ロッテ)、長年広島の遊撃手としてチームを支えた梵英心(広島)、守備のスペシャリスト飯山裕志(日本ハム)が二軍スタートなっている。

【開幕一軍を逃した主なベテラン】

飯山裕志(日本ハム)

松坂大輔(ソフトバンク)

福浦和也(ロッテ)

梵 英心(広島)

相川亮二(巨人)

片岡治大(巨人)

安藤優也(阪神)

森野将彦(中日)

http://news.livedoor.com/article/detail/12864427/
2017年3月29日 18時0分 BASEBALL KING


4: 名無し 2017/03/29(水) 19:33:12.40 ID:1f6hLu2r0
松坂は逃したのか・・・
そういう意味じゃなく




2017年02月28日

12:00コメント(4)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 18:16:30.72 ID:CAP_USER9.net
2月1日のキャンプイン以降、どのスポーツ紙にも、景気がいい報道ばかり溢れている。だが、昨年のキャンプ報道を検証すれば、「絶好調報道が大ハズレばかり」であることがハッキリとわかる。たとえば、ソフトバンク・松坂大輔(36)の場合はこんな具合だ。

 メジャー帰りの“元”剛腕は“眠れる獅子”となって久しいが、今年は西武黄金時代の「投げ込みフォーム固め」で猛アピール。視察に訪れたWBC日本代表・権藤博投手コーチに〈キューバ戦任せたぞ〉(2月5日、スポーツ報知)といわしめたことが取り上げられた。

 一方、昨年は〈完全復活へ前進!松坂「いい感じ」〉(2016年2月2日、日刊スポーツ)という「絶好調報道」があり、今年の“松坂大輔復活記事”はまるで昨年の引き写しなのだ。

 その松坂の2016年シーズンはどうだったか。一軍初登板は日ハムに11.5ゲーム差を引っくり返されて優勝をさらわれた後、10月2日の消化試合。1回を被安打3、与四死球4、暴投1の5失点(自責点は2、防御率18.00)という成績でファンをガッカリさせた。

 これで今季の復活報道こそは信じてほしいといわれても、さすがにそれは難しい。昨季は松坂同様、メジャーリーグ挑戦からの日本球界復帰(四国アイランドリーグを経由)を果たした、阪神・藤川球児(36)も、“先発転向プラン”で紙面を賑わせていた。

〈藤川、熱投80球!金本監督大絶賛「モノ違う」〉(2016年2月2日、サンケイスポーツ)に続き、〈球児14日先発「再デビュー」決定〉(2016年2月10日、大阪日刊スポーツ)と連日のように報じられたが、ペナントレースでの先発起用は5試合のみ。かといってクローザーにもなれず、藤川渡米後の不動のセットアッパー・呉昇桓(34、カージナルス)が退団した穴も埋められず、5勝6敗3セーブというパッとしないシーズンに終わった。

 昨季は期待のルーキーたちも、春先の派手な報道とは落差のあるシーズンを送った。その筆頭が、楽天・オコエ瑠偉(19)である。

入団会見で「目標はトリプルスリー」と語った話題性ナンバーワンルーキーは、〈オコエに「ヤクルト山田化計画」〉(2016年2月3日、日刊スポーツ)と、2年連続トリプルスリー・山田哲人(24、ヤクルト)になぞらえられた。

 いくらなんでも煽りすぎである。打率1割8分5厘、本塁打1本、4盗塁という結果に終わり、トリプルスリーは遥かに遠い。

 巨人から単独1位指名を受け、即戦力右腕として期待された桜井俊貴(23)については、

〈桜井 松井(秀喜)氏の腰引かせた〉(16年2月8日、サンケイスポーツ)と報道。藤田元司や堀内恒夫ら、かつての巨人エース右腕が新人時代につけた背番号「21」をつけたが、3月30日のプロ初先発(横浜戦)で、5回途中9安打4失点で降板した。

 翌日、2軍行きとなって以降は肘のケガに泣かされ、今オフに背番号「21」が“剥奪”されたことは周知の通りだ(現在は「36」)。

 ところで、今年は巨人の新外国人投手・カミネロ(29)が「自称・最速166キロ」とされているが、実は昨年も「自称・最速166キロ」と豪語した助っ人がいたことを覚えているだろうか。昨季・オリックスに加入したコーディエ(31)である。〈「最速166キロ」いきなり150キロ超〉(2016年2月2日、デイリースポーツ)という報道に恥じず、オープン戦5試合で被安打ゼロの完璧なピッチングを披露し、抑え候補として開幕を迎えた。

 しかしいざ開幕すると、四球や牽制悪送球でリズムを崩し、そこから打ち込まれるという別人のようなピッチングになり、6月には登録抹消、そのまま日本球界をフェードアウト。13試合に登板し、防御率7.30という数字だけが残った。

NEWS ポストセブン 2/27(月) 16:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00000019-pseven-spo&p=1




2017年02月09日

07:00コメント(11)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 餡子先生 ★@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:53:01.87 ID:CAP_USER9.net
米大リーグが敬遠四球に「申告制」の導入を検討している件で、野球評論家・江本孟紀さん(69)が8日、反対の姿勢を示した。

 江本さんは、同日のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)にゲストコメンテーターとして出演。米大リーグ機構は、敬遠四球の意思表示をすれば、ボールを4球投げなくても打者を一塁に歩かせることを提案し、米選手会に提案しているという。

 その話題について聞かれた江本さんは「敬遠はピッチャーからしたら屈辱的な作戦なんです。1度、(ベンチから)敬遠せえと言われて、バッターに『当てるぞ』と言って、1球で終わらせたことがある。デッドボールを当てれば1球で終わる」と語った。

 さらに「(元ヤクルトの)若松に敬遠の球を打たれたことがある」と外したボールを打たれてしまった過去を告白し、「新庄が(敬遠の球を)打ったり、長嶋さんがバットを逆に持ったり、ドラマが出てきて面白い」と奥深さを訴えた。

 それでも「もしそうなれば、日本もすぐマネする」と日本球界でも導入する可能性が高いことを示唆。最後は投手の視点から「敬遠の時は高めに投げるので、その後調子を崩すんです。1球で(打者に)かすってもらえれば…」と“敬遠論”を語っていた。

スポーツ報知 2月8日 21時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000208-sph-ent


3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:57:01.48 ID:KWtJY/Ea0.net
いっそストライク投げるか否かも申告制でいいじゃん
バット振るのも申告制で
ストライク申請したときにバット振る申請したらホームランでいいよ




2017年02月01日

03:00コメント(14)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 18:48:18.02 ID:CAP_USER9.net
セ・リーグとパ・リーグの実力格差が指摘されて久しい。

 先日、小久保裕紀監督が3月のWBCに臨む野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーを発表し、最後の1枠も田中広輔(広島)で決まった。選手たちの所属リーグを見ると、大谷翔平、宮西尚生、増井浩俊、大野奨太、中田翔の5選手が名を連ねた日本ハムを筆頭にパ・リーグ15人(日本ハム5人、ソフトバンク3人、楽天3人、西武2人、ロッテ1人、オリックス1人)、セ・リーグ12人(広島3人、巨人3人、ヤクルト2人、中日2人、DeNA1人、阪神1人)、そしてメジャーリーグ1人という構成になった。

 当初は田中ではなく中島卓也(日本ハム)ないし今宮健太(ソフトバンク)であったことから、辞退者さえなければセ・パの配分は16対11ということになっていただろう。

 また、こちらも周知のことであるが、2005年に始まったセ・パ交流戦ではセ・リーグ球団が優勝(勝率1位)したのは2回(12年、14年の巨人)だけで残りの10回はパ・リーグ球団が制しており、6球団の総合成績を見るとセ球団が勝ち越したのは09年だけ。通算成績ではパの925勝に対してセは821勝と大きく差がついている。

 また、日本シリーズでもパ球団が4連覇中で、03年以降14年間でセ球団が勝利したのは3回(07年中日、09年、12年の巨人)のみ。辛うじてセ・リーグが勝っているのは観客動員数(16年はセ6球団合計1384万8988人、パ6球団合計1113万2526人)ぐらいで、その他はパ・リーグがセ・リーグを圧倒しているのが現状である。

 このような“パ高セ低”となった理由には、パ・リーグ球団の営業努力、ドラフト会議での有望選手の獲得、巨人一極集中時代の終焉など、さまざまな事柄が挙げられるが、運や世相以外で実際に変えることができるのは、ずばり制度面だろう。

 一つは「DH制」。パ・リーグの迫力のある野球、投打ともに魅力のある選手が育つのは「DH制だからこそ」という声は根強い。分業制が確立されて久しい中で投手が打席に立つ意図も不明確になってきた。「投手の打撃が見られなくなるのは寂しい」と言うならば、例えば交流戦期間中だけDH制不採用などにすればいい。そうすれば制度面の格差は解消され、今後もチーム戦略的に“二刀流”の選手が続々と出て来る可能性もある。セ・リーグ球団にとってDH制導入はメリットが多いはずだ。

 もう一つは、球団数の増加によるリーグ再編だろう。14年春に自民党から提言された「16球団構想」を再検証し、例えば16球団を4チームずつ、セ・パそれぞれ東西の4地区に分割することも一つの案。そうすれば批判の多い現行のCS制度の改善にもつながるはず。

 昨年の観客動員数がセ・パともに過去最高を記録するなど球場に足を運ぶファンは確実に増えているが、その一方で野球人口は減少の一途を辿っており、その流れに歯止めをかける意味でも球界全体の拡張・拡大は大きな意味を持つだろう。旧態依然としている日本球界だが、そろそろ大胆な改革が必要だ。

更新 2017/1/30 16:00 dot.
https://dot.asahi.com/dot/2017013000121.html


4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 18:50:56.85 ID:H8OuPaCL0.net
たまにピッチャーが打つ強打者ばりのホームランもロマンだと思うんだがな




2017年01月01日

22:00コメント(4)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 09:29:15.43 ID:CAP_USER9.net
2017年が明けました。球界では3月にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催され、侍ジャパンの戦いぶりに大いに注目が集まりそうです。そんな中、産経新聞大阪運動部の記者4人が「どこよりも早い プロ野球順位予想」に今年も挑戦しました。まだキャンプも始まっていませんが、フリーエージェント(FA)やトレード、現役引退などで戦力の入れ替えがあったオフシーズンを踏まえ、17年シーズンを大胆に予想してみました。

■セ・リーグは4人とも巨人が優勝の予想

 ちなみに、昨年も5人の記者が無謀な挑戦をしましたが、セ・リーグの広島優勝、パ・リーグの日本ハム優勝を当てた記者は一人もいないという散々たる結果に。あまりにも当たらないので、今年は“覆面座談会”形式でお届けします。まずは注目のセ・リーグから。

【記者A(巨人ファン)の予想】

(1)巨人(2)広島(3)DeNA(4)ヤクルト(5)阪神(6)中日

【記者B(阪神ファン)の予想】

(1)巨人(2)広島(3)阪神(4)DeNA(5)ヤクルト(6)中日

【記者C(広島ファン)の予想】

(1)巨人(2)DeNA(3)広島(4)ヤクルト(5)阪神(6)中日

【記者D(元巨人ファン)の予想】

(1)巨人(2)阪神(3)広島(4)DeNA(5)ヤクルト(6)中日

B「おっと、全員が優勝予想は巨人。何だかつまんないけど、FAで陽岱鋼、山口、森福の3人を獲得。なりふり構わず補強するスタイルが戻ってきたね」


■「戦力は間違いなくトップ」の巨人

A「FAで3人獲得は史上初めて。チームのプリンスである高橋由伸監督に2年連続でV逸はさせられないという覚悟を感じる」

B「プリンス? いずれにせよ、これで優勝を逃したら批判が高まりそうだから、逆に面白そう」

D「巨人は、新外国人で元楽天のマギーも獲得している。阿部や村田らベテランも競争心をあおられるのでは」

C「単純に戦力の足し算をすれば間違いなくリーグトップ。大型補強が吉と出るか、裏目に出るか…」

B「優勝が巨人となると、昨年、25年ぶりのリーグ優勝に沸いた広島は2位か3位か。「神ってる」は去年だけ?」

C「広島は、抑えの中崎とか勤続疲労が心配な選手が多い」

D「昨年の場合は、『黒田さんを優勝させる』というチーム全体の雰囲気を感じたけど、黒田が引退してどうなるか。MVPの新井が続けて結果を残せるかも正直、疑問」

B「黒田がいなくなった分、新井さんにかかる重圧も大きくなるね」

A「確かに、チームの柱はなくなったけど、鈴木とか丸とか若手野手には勢いがあるから、巨人には食い下がりそう。対抗馬の一番手であるのは間違いない」

■厳しい阪神の順位予想

B「我らが阪神は2人が5位予想。なかなか厳しいね」

C「若手の上積みには期待できるけど、FAでオリックスから糸井が加入して年齢層のバランスに偏りがあるし、不安要素は多いよ」

B「糸井は4年後はともかく、1年目は間違いなく戦力になるんじゃない?」

C「昨年は盗塁王。頑張りすぎた気もするけど」

D「ただ、甲子園の大歓声を力に変えそうな雰囲気はあるよね。あとはケガなくシーズンを通して働けるかどうか」

A「でも、チームはまだ過渡期だから、苦しい戦いを強いられそうだよ」

B「昨年AクラスのDeNAも、2位~4位で評価が高いね」

C「筒香を軸に野手のバランスがいい」

A「監督のラミちゃんも現役時代の印象とは違って、なかなか采配は緻密だからね」

B「最下位は全員中日か。セ・リーグ唯一の新監督だけどね」

>>2以降に続きます


2017.1.1 06:00
http://www.sankei.com/west/news/170101/wst1701010012-n1.html




2016年11月22日

00:30コメント(5)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 17:54:19.41 ID:CAP_USER9.net
◆ 中田はプロ入り後1度もバントなし

岡田幸文(ロッテ)、中島卓也(日本ハム)らは、プロ入りから2000打席以上1度も本塁打がない。
一方で、中田翔(日本ハム)はプロ入りから2000打席以上立ちながら1度もバントを記録した事がない。

中田は大阪桐蔭高時代に通算87本塁打を記録したスラッガー。
プロ2年目の09年に一軍デビューを飾ったが、レギュラーではなかったため、犠打を記録していてもおかしくないところだがバントは0。
11年にレギュラー定着して以降は、14年から3年連続100打点以上マークするなど、打線の軸として活躍しており、もちろん犠打を記録したことがない。
ちなみにプロ入りしてから数年は二軍で過ごしていたが、この間も送りバントは0だった。

中田とチームメイトの大谷翔平(日本ハム)はクライマックスシリーズで送りバントを決めたが、
レギュラーシーズンではプロ入り4年間で通算939打席立ったが送りバントは1度もない。

◆ 長打力のある現役選手は?

では長打力が魅力な現役選手の通算犠打数はどうなっているのだろうか。

阿部慎之助 29犠打

村田 修一 22犠打

中村 剛也 17犠打

山田 哲人 5犠打

新井 貴浩 4犠打

筒香 嘉智 2犠打

柳田 悠岐 2犠打

現役通算最多の373本塁打を記録する阿部慎之助(巨人)は、通算29犠打記録する。今季は12年以来4年ぶりにバントを決めた。

規定打席に到達したシーズン全てで本塁打王のタイトルを獲得している中村剛也(西武)も、プロ通算15年間で17個決めている。
レギュラー定着前の07年に11犠打を記録し、初めて本塁打王に輝いた08年も送りバントを3つ記録した。だが09年以降は、1度も送りバントはない。

長打が魅力の選手も駆け出しの頃は、送りバントを決めている。プロ入りから1度もバントがない中田が、この記録をいつまで続くのか注目だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/12307291/

2016年11月20日 7時45分 BASEBALL KING



3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 17:56:53.61 ID:0tWPqry90.net
王は






2016年11月21日

15:00コメント(12)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/19(土) 23:21:01.46 ID:CAP_USER9.net
今季の広島・新井の姿を見て、まだ気づかないのだろうか。
FAで移籍して「裏切り者」と呼ばれる野球人生と、温かいファンの前で伸び伸びと実力を発揮する野球人生と、どっちが幸せなのかを。

結果が出なければ、即クビ

西武の元監督で、巨人、阪神でもコーチを務めた伊原春樹氏が言う。

「極端なことを言えば、フロントはFA権を行使して移籍してくる選手を、結果を出せるかどうかでしか見ていない。
望むような成績を残せなければ、あとの面倒は見ない。
巨人にFAで入団した清原和博が自由契約になったとき、あれだけの選手にもかかわらず、球団から『コーチで残ってください』という話がなかったのがいい例です」

伊原氏の言葉を待つまでもなく、「FAでの移籍で幸せになれなかった選手」の代表格が、清原だろう。

'96年オフの移籍当初こそ、憧れのミスターこと長嶋茂雄監督(当時)から「僕の胸に飛び込んできて欲しい」と請われ、三顧の礼をもって迎えられた。
だが、移籍数年でヒザの状態が悪化し、活躍に陰りが見えると、巨人はすぐに同じ一塁手のペタジーニを獲得。さらに、清原を4番から降格した。

「清原自身が、同じFA組の落合博満や広沢克実の後釜として連れてこられたように、広島から来た江藤智は、後釜に小久保裕紀を据えられた。
みな、同じポジションの選手を外から連れてこられ、居場所を失う。
今でも、生え抜きの阿部慎之助や坂本勇人とFA組の村田修一の扱いは明らかに違うし、
外から巨人に来た選手は、常に『お前は用無しだ』と肩を叩かれるプレッシャーと戦わなければなりません」(スポーツ紙巨人担当記者)

結果が出なければ、すぐに切り捨てられる。いま、その苦しみのなかでもがいているのが、杉内俊哉(36歳)だ。

12年、ソフトバンクからFAで移籍した杉内は、堀内恒夫や桑田真澄など生え抜きエースたちが背負ってきた「背番号18」を与えられ、4年総額20億円という巨額の契約で巨人に迎えられた。

だが、6勝に終わった'15年、右股関節の怪我で一軍未勝利の今年と、苦しい状態が続いている。

「正直、巨人に移籍することさえなければ、杉内が怪我に苦しむことは無かったと思う」

匿名を条件にこう語るのは、コーチ経験もある巨人OBだ。

「杉内は身体の違和感に敏感なタイプ。少しでも痛みがあれば自分から大事をとることも少なくない。それが、ホークスでも大きな故障をせず投げてこられた理由だった。
しかし、『巨人のエースとして結果を出し続けなければいけない』というプレッシャーの前に、少々の違和感では口にできなかったのではないか」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161119-00050228-gendaibiz-bus_all
現代ビジネス 11/19(土) 12:01配信






2016年11月17日

16:00コメント(2)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 07:31:06.41 ID:CAP_USER9.net
活躍すれば億単位の年俸を手にできるプロ野球の世界だが、持てる者ならではの悩みもある。それは税金だ。
税金は前年の収入から計算されるため、翌年収入が大幅減になるととんだ出費になってしまうのである。
1982年、報徳学園から近鉄へドラフト1位で入団した金村義明氏はこういう。

「僕は1995年にFAで中日に行きましたが、移籍1年目に故障して数字が残せず大幅減俸、2年目もダメで年俸がほぼ半減してしまったんです。
星野(仙一)監督に声を掛けられ、意気揚々と大阪から家族5人で名古屋に乗り込んだのに、そりゃ苦しかったですよ」

その後トレードに出され、現役最後の3年間は西武でプレー。
2年連続リーグ優勝のメンバーに加わって年俸は上がったが、引退後にも苦労は待ち受けていた。

「野球評論家を目指して12球団すべてを取材しようと自腹でキャンプ地を行脚したんです。
駆け出しの評論家には仕事も少なくてやはり苦しかった。
引退2年目のキャンプでは、そのあたりの事情を知った近鉄時代の恩師・仰木(彬)監督が食事の席で“コーチとして呼んでやれへん代わりに”といって、
ポンと100万円下さったんですよ。ありがたかったなぁ」

加えて、今も昔もプロ野球選手が陥る税金の“罠”として、入団時の契約金がある。
それまでに経験したことのない金額を手にして、失敗を犯すケースが間々あるのだ。
明大から1985年にドラ1でヤクルトに入団した広澤克実氏がいう。

「ボクは契約金8000万円で入団したんですが、振り込まれたのは6000万円ほど。“2000万円も税金を取られるのか”と驚きながら、“これで払い切った”と勘違いしてしまった。
それまで大金を持ったことがないから、親や恩師に御礼の品を買ったりとバンバン使っていたところ、次の年にさらに2000万円の税金を払えという話になった。
とにかく無知でしたね。それを払ったら契約金がキレイさっぱりなくなった(苦笑)」

※週刊ポスト2016年11月25日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161116-00000010-pseven-spo
NEWS ポストセブン 11/16(水) 7:00配信


13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 07:40:28.90 ID:gHryMMb+0.net
>>1
次の年のは確定申告すれば戻ってくるんじゃないの?






野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ