NPB(その他)

2016年09月25日

00:00コメント(13)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/09/24(土) 07:56:33.19 ID:CAP_USER9.net
ペナントレースも終盤を迎え、早くも今オフのFA市場をめぐる各球団のさや当てが始まっている。

まず、主戦級投手で一番に名前が挙がるのは西武の岸孝之(31)。
通算102勝投手は、地元・宮城の楽天に移籍する、という見方が専らだ。

「そのためか、投手陣補強が至上命令で、本来なら真っ先に手を挙げるはずの巨人は、
先発でもリリーフでも使えるDeNAの山口俊(29)狙いに切り替えたという情報もあります」(ベテラン記者)

もっとも、今オフのFA市場は「投手より外野手が面白い」(同前)のだとか。

一番人気と目されるのは、日ハムの陽岱鋼(29)だが、

「陽はドラフト時、ソフトバンクと相思相愛でしたが日ハムが交渉権を獲得、涙を流した。
今回は、ソフト入りがほぼ確実。巨人と阪神も陽を狙っていたのですが、方向転換を余儀なくされそうです」(スポーツ紙デスク)

外野手では共に中日の大島洋平(30)と平田良介(28)の動向にも注目が集まる。
どちらも主力級だが、落合博満GMとの仲が微妙で、いまだに球団から残留交渉の申し出がないという。

「落合GMは、成績不振の責任をとり解任とも噂されますが、球団には残るようです。
2人は出ていくでしょう。平田はヤクルトが本命視されてます」(同前)

陽獲りを諦めた巨人と阪神が狙うのは、オリックスの“宇宙人”糸井嘉男(35)。
15日には1試合3本塁打と大爆発し、お立ち台で「優勝争いしているチームは羨ましい」と発言、話題となった。

「糸井は日ハム時代に東京に家を購入している。
それで巨人は、“ウチが有利”と考えているようですが、当の糸井は以前から
『単身赴任でたまに帰るくらいがちょうどいい』と言ってるんですよ。何せ宇宙人ですから一筋縄ではいかないかも(笑)」(同前)

ライバルの阪神は、一方で、三木谷浩史オーナーと折り合いが悪い楽天の嶋基宏捕手(31)にも色目を使う。

「嶋を獲って、打力のある若手捕手、原口文仁(24)をサードにコンバートすることを考えているようです。
それが実現すれば、無理して糸井を獲る必要もなくなる」(同前)

今季のストーブリーグは、ペナントレースより熱くなりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-00006598-sbunshun-spo
週刊文春 9月24日(土)7時1分配信


2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/09/24(土) 07:58:12.01 ID:5q7nNNuv0.net
平田良介
2014年 打率,277 本塁打11本
2015年 打率,281 本塁打13本
2016年 打率,248 本塁打14本




なんか微妙…






2016年09月24日

07:00コメント(4)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 17:25:31.49 ID:CAP_USER9.net
9月12日に行われたプロ野球12球団のオーナー会議では、改めて反社会勢力との関係遮断に取り組むことが確認された。

 会議では日本野球機構(NPB)から野球賭博問題の調査報告とともに7月に発覚した元暴力団関係者とされる人物が芸能事務所関係者を名乗って選手と交遊していた問題に関して報告が行われ、それを受けた楽天・三木谷浩史オーナーの提言が興味深かった。

「定期的にファンの前で選手の人たちに(暴力団排除を)宣言してもらう。選手自身にアナウンスしてもらうのが、抑止効果が高い」

 これはJリーグで両チームの主将が人種差別撤廃宣言を不定期に行なっているのを参考にしたもので、いずれにしろ選手自身が宣言することで、自らを律する自覚を呼び起こすとともに、相手に対する抑止効果をも狙ったものとなるという提言だった。
薬物ドーピングでは知らずに風邪薬を飲んでもアウト!

 実はナンバー9月9日臨時増刊号の巻頭コラムで書いた「知らなかったは通用しない。」という原稿に、球界関係者やメディア関係者から様々な意見をいただいた。

 原稿の趣旨は、選手と元暴力団関係者との交遊という事実は、昨年の野球賭博問題発覚後も選手の間では無自覚な形で依然としてあったということ。一連の賭博問題や反社会勢力との接触は、本質的には選手がそういう不適切な関係を持たない、常にそういう関係に警戒心を持つ、要は選手が強い暴排自覚を持つ以外に解決の道はないこと。そのためには相手が暴力団関係者であることを「知らなかった」というのは許されず、今回の元暴力団関係者との交遊に関して選手を不問に付したことは、選手の自覚を促す意味ではむしろ逆効果だったということ。きちっと処罰をすることで、選手の意識を徹底すること以外に暴力団排除はできないだろう――という内容だった。

 薬物ドーピングではたとえ知らなくて風邪薬を飲んでも、禁止薬物が検出されれば一発でアウトになる。その厳しさから選手は高い意識を持って、慎重に薬物排除に取り組んでいるのが現実だ。だから「知らなかったは通用しない」という結論だった。

最低1年、最悪無期の失格処分では極端過ぎないか?

 この原稿を読んだ関係者は、概ね趣旨には賛同してくれる人が多かった。ただ、ある方から問題指摘があり、確かにそこで何か手を打つべきと考え、この原稿を書くことにした。

 その「問題」とは、現在の野球協約では、もし処分をするとすれば最低でも1年間、最悪のケースは無期の失格処分に処せられ、それはあまりに重くはないかということだ。

「無期であればその選手の選手生命を奪うに等しいし、1年であってもプレーヤーとしてのダメージが大き過ぎる。おそらく判断するコミッショナー側にも、その重さがあるからおいそれとは処分には踏み切れない心情もあるのではないか」

 関係者の指摘である。

 今回の元暴力団関係者との交遊が引っかかるとすれば、「賭博行為の禁止及び暴力団員等との交際禁止」を定めた野球協約180条で、そこでは違反者に1年または無期の失格処分を科すことが規定されている。

 もし処分となれば現在の野球協約では最低でもその選手を1年間の失格処分にしなければならず、選手は球団施設への立ち入りも禁止され練習の場所も失われる。そうなれば結果的には選手生命を奪う可能性もある処罰になるということだ。

 今回の元暴力団関係者との交遊に関して言えば、まったくお咎めなしか、それとも極論すれば選手生命を奪うかの2つに1つしか判断はないことになる。対処としてはあまりに針の振れ幅が大き過ぎるのではないか、ということなのである。

 その振れ幅をもう少し多様化して、適宜対応できるように幅をもっと持たせるべきで、そのためには協約改正の必要もあるのではないか、ということなのだ。
例えば2週間から1カ月程度の資格停止処分なども。

 例えば今回のように選手はまったく相手が暴力団関係者だと知らなかったケースなどは、例えば2週間から1カ月程度の資格停止にした上で、チーム施設への立ち入りは許可する。あるいは5試合から10試合など資格停止期間は短くして、年俸の5%から10%の罰金を徴収した上でオフには1カ月程度の社会奉仕活動を義務付ける、という方法もある。

 やり方は色々ある。いずれにしろ目的は「知らなかった」から許すことではなく、「知らなくとも」反社会勢力と交遊関係を持ったり、そういう施設に出入りをすれば処罰されるという意識を選手に持ってもらうことなのだ。


3: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 17:26:01.03 ID:CAP_USER9.net
「知らなかった」は赦されないが、程度の問題はある。

 八百長はもちろん、八百長に手を染めないまでも野球賭博に手を出すというのは論外である。だから八百長(不正行為)を禁じた野球協約177条が違反者を永久失格処分とするのは当然であるし、その八百長行為につながる危険性をはらむ野球賭博への関与は現行の180条の処分が適正であろう。

 ただ「知らない」で反社会勢力と交遊関係を持ってしまった場合には、背景を踏まえた上で適正な処分をすべきであり、その処分が次の「知らなかった」を抑止する力となるはずなのである。

 1990年に巨人の桑田真澄投手が常習賭博で逮捕歴のある人物から金品を受け取っていたことが発覚した問題では、最終的に球団が開幕から1カ月の出場停止と罰金1000万円の処分を科し、リーグもこれを追認した。

 この処分が協約上適切であったかどうかは様々な意見があると思うが、いずれにしろ1年間や無期限の出場停止ではなく、開幕から1カ月の出場停止処分であった。その事実が、その後の桑田さんの野球人生に大きなダメージを与えず、その結果、今の桑田さんがあるのも間違いないはずである。

 メジャー・リーグのドーピング制度は3ストライク制で1回目の違反者は80試合の出場停止、2度目は162試合で、3度目は3ストライクの三振で永久追放となる。

 今年4月に薬物違反が発覚したマイアミ・マーリンズのスピードスター、ディー・ゴードン内野手は“初犯”だったために7月末には復帰して、再びグラウンドに立ってプレーしていた。

 この制度をアマチュアスポーツのドーピングに比べると甘い、と指摘する声があるのは事実だが、MLBは才能ある若者が1度、2度の失敗でその才能のすべてを失うことを避けるために、この制度を取り入れているという。

「知らなかった」は赦されない。

 ただ、いきなり1年や無期限の資格停止はあまりに重いケースもあるのではないか。

 球界なりの適正な処罰規定のある法整備が必要である。

http://number.bunshun.jp/articles/-/826536?page=3






2016年08月17日

12:00コメント(10)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 06:56:09.59 ID:CAP_USER9.net
中日の大島洋平と巨人の長野久義が16日、出場選手登録日数が7年に達し、国内FA権を取得した。
07年のドラフト以降で入団した大学、社会人の選手は通算7年で国内FA権を取得できる。これまでには宮西尚生(日本ハム)、小窪哲也(広島)などが7年で取得した。

大島と長野がFA権を取得したが、今季はここまで長谷川勇也(ソフトバンク)、陽岱鋼(日本ハム)、糸井嘉男(オリックス)、平田良介(中日)
など外野手の国内FA権取得者が多い印象だ。
平田は28歳、陽岱鋼は29歳と年齢的にも若く、仮にFA宣言すれば、争奪戦に発展する可能性が高い。
また、長谷川は昨オフに3年契約を結んでおり、FA宣言することは考えにくいだろう。

海外FA権取得者を見ると、チームキャプテンを務め今季ここまで打率リーグトップを記録する坂本勇人(巨人)、
新天地で復活した坂口智隆(ヤクルト)、代走のスペシャリスト赤松真人(広島)などが取得している。

ちなみにこのままいくと、雄平(ヤクルト)が今季中に国内FA権の取得が見込まれている。

【今季国内FA権を取得した主な選手】
<国内>
長谷川勇也(ソフトバンク)
森福允彦(ソフトバンク)
城所龍磨(ソフトバンク)
陽岱鋼(日本ハム)
根元俊一(ロッテ)
上本博之(西武)
糸井嘉男(オリックス)
松岡健一(ヤクルト)
寺内崇幸(巨人)
長野久義(巨人)
江草仁貴(広島)
平田良介(中日)
大島洋平(中日)
久保裕也(DeNA)

<海外>
吉村裕基(ソフトバンク)
矢野謙次(日本ハム)
畠山和洋(ヤクルト)
坂口智隆(ヤクルト)
飯原誉士(ヤクルト)
坂本勇人(巨人)
赤松真人(広島)
石川雄洋(DeNA)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00084839-baseballk-base
ベースボールキング 8月17日(水)6時30分配信


3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 07:08:26.13 ID:TPyhBHDp0.net
長野ってそんな長くやってたのか


6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/17(水) 07:16:20.81 ID:NMTzI7CH0.net
長野は出ないだろ
あれだけワガママ突き通して入団して出て行くようなマネはしない
他の球団の評価を聞くことすらない






2016年08月11日

13:00コメント(7)トラックバック(0)横浜NPB(その他) 
1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 18:28:49.14 ID:CAP_USER9.net
2016/8/10 15:48
業績ニュース

 ディー・エヌ・エー(2432)は10日、2016年4~9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比
65%増の112億円になりそうだと発表した。スポーツ事業(プロ野球)で観客動員数が好調に推移し、
業績をけん引する。海外でのゲーム事業の損益改善も利益拡大に寄与しそうだ。

 売上高にあたる売上収益は3%増の768億円を見込む。同社は市場動向の予測が難しいことから、
17年3月期通期の業績見通しは開示していない。

 同時に発表した4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.5倍の51億円、売上収益は1%増の382億円だった。
国内ゲーム事業や電子商取引(EC)事業は減収減益だったが、好調なスポーツ事業が増収、利益も大幅に
伸ばし穴埋めした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFL10HKJ_Q6A810C1000000/


4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 18:31:07.50 ID:oi/RVZn80.net
単体で黒字球団なのかよ


6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 18:31:28.73 ID:02IQEpLT0.net
どっちが本業かわからなくなったな






2016年08月03日

00:05コメント(12)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 06:21:00.96 ID:CAP_USER9.net
「幻のドラフト1位」と呼ばれた男が、三井不動産にいる。
ロジスティクス本部ロジスティクス営業部営業グループに所属する、志村亮グループ長(49)だ。

志村さんはサウスポーのエースとして、神奈川県の名門・桐蔭学園高校で1983~84年、甲子園に二度出場。
3年生夏の甲子園でベスト16入りを果たした。その後は慶應義塾大学に進み、同大学野球部では開幕カードで56年ぶりの無四球完封劇を演じるなど、数々の東京六大学記録を打ち立てた。
日米野球の代表にも2度選ばれ、6~7球団からのスカウトから声がかかっていた。
中にはドラフト1位が確実だった球団もあったことから、「幻のドラフト1位」と呼ばれているのだ。 

週刊東洋経済は8月6日号(8月1日発売)で『高校野球 熱狂の表裏』を特集。
101年目を迎えた国民的行事を取り上げる中で、かつて高校球児だったビジネスパーソンの野球と会社人生についても迫っている。
プロ野球界に入る道を選ばなかった志村さんもその一人だ。現役時代にポーカーフェイスでも知られた本人は、過去の決断を振り返りこう話す。

■ 「自然な転機だった」

「一回だけの人生だから、違うことにも挑戦したかった。
プロ野球で活躍し続けるイメージも湧きにくかったし、自分にとっては自然な転機だった」

野球関係者からは惜しむ声がありつつも1989年、硬式野球部のない三井不動産に一般試験で入社。
ビルの営業や都市開発の部署を経て、昨年から現職に就く。

とはいえ野球と全く縁を切ったわけではない。
三井不動産入社後は一時期クラブチームで選手兼監督を務めたほか、現在は三井不動産の軟式野球チームで大会に出場したり、
横浜市戸塚区の軟式少年野球チームの代表兼監督を務めたりしている。
「学生時代の負け方が悪いと野球と距離を置いてしまう人もいるが、今でも野球が好きだし、自分は選手としての終わり方が良かった」。
その清々しい表情は、一流のスポーツマンとしても、ビジネスマンとしても輝いている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160802-00129913-toyo-bus_all
東洋経済オンライン 8月2日(火)5時0分配信

TKY201107020141


2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/08/02(火) 06:22:00.63 ID:wBjO7HdU0.net
その志村さんが中学校時代に夏の甲子園に足を運んだ際、視線の先にいた憧れの人物がいる。
当時1年生ながら早稲田実業のエースとして、チームを準優勝に導いた荒木大輔さん(52)だ。

荒木さんは夏春5季連続で甲子園に出場し、1983年にドラフト1位指名で東京ヤクルトスワローズ(当時の球団名はヤクルトスワローズ)へ入団した。
1996年に横浜ベイスターズへ移籍し、翌年引退するまでプロ通算39勝49敗の成績を残している。

プロを選ばなかった志村さん、プロを選んだ荒木さん。2人はそれぞれ違う道に進んだが、ともに「高校野球時代の友人が大きな財産」と口を揃える。
「桐蔭学園のチームメイトとは毎年、箱根などで忘年会を開いている。17人いた同じ世代のうち、12~13人は必ず集まる」(志村さん)、
「みんなが集まったときは辛かったときの練習や、報徳学園や池田高校といった強豪校との戦いが今でも話題になる」(荒木さん)。

2人が学んだのは、「練習の厳しさが今の自分に役立っている」という点だ。
志村さんは「高校1年生時代に体験した練習が仲間の間で今も話題に上る」と語り、
荒木さんは「うさぎ跳びや夏場にジャケットを着込むランニングのような根性を鍛える練習も、精神的には意味があった」と語る。
荒木さんは「サラリーマンは胃に穴が空くストレスの連続だというけれど、高校の仲間たちは頑張っている。
逆に野球しか知らない自分が弱いかもしれない」と苦笑いを見せる。

■ 高校野球とプロ野球の違い

高校時代「大ちゃんフィーバー」と呼ばれ世の中の話題をさらった荒木さんも、その後の野球人生は決してバラ色ではない。
プロ入り後に右肘など計3回の手術をしているからだ。
本人は「高校時代の後遺症があったわけではない」と説明するが、過密な日程には疑念も抱いていた。
「夕方に始まる第4試合の後、次の日4時半起床で8時プレーボールというスケジュールをこなしていた。
今思えば、体にいいわけがない」。だからこそ今は野球解説者として、高校野球の運営体制に対して、積極的な提言を行っている。

「プロはケガをしてもお客さんが入ればいい。(現在ヤクルトの投手コーチで現役時代高速スライダーが有名だった)伊藤智仁だって、
ケガで選手生命は短かったけど、一時期活躍したから名が売れてコーチになった。
ただ高校野球はその後選手の寿命が長いのだから、少しでも負担を減らすために、球数制限やタイブレーク制(=9回で試合が決着しない場合、
走者を置いた状態で始める制度)を導入したほうがいい」

荒木さんが念頭に置くのは、愛媛・済美高校出身で現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する、安樂智大選手(19)だ。
安樂選手は2013年春の選抜高校野球大会で大会を通じ772球を投げ、当時「投げすぎではないか」と話題になった。
荒木さんはその安樂選手を「彼はまだ高校時代のベストパフォーマンスを超えられていない」と指摘する。
志村さんは直接明言していないが、こうしたケガのリスクも、あえてプロ野球を選ばなかった理由に入るのかもしれない。

光もあれば、影もある甲子園。いよいよ8月7日(日)から、全国高等学校野球選手権大会が始まる。
今年はどんなドラマが生まれるのだろうか。






2016年07月31日

22:30コメント(15)トラックバック(0)NPB(その他)OB・評論家・解説者 
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/31(日) 07:17:21.98 ID:CAP_USER9.net
国論を二分するテーマであり、反対論者も多いのに、いっこうに解決に向かわない問題がある。
英国の「EU離脱投票」を見習って日本の大問題も国民投票で決めてしまおうという『週刊ポスト』の特集から、
野球解説者の広岡達朗氏がプロ野球のクライマックス・シリーズについて発議する。

 * * *

クライマックス・シリーズ(CS)なんてバカらしい制度は即刻やめるべきだね。
運動会で“よーいドン”で走って、頑張って1等賞になったのに、「3等まで一緒の立場」といわれたら、誰も一生懸命走らないよ。

仮に今年、セ・リーグで広島カープが25年ぶりに優勝したとして、CSをやった結果、勝率が5割にも満たない3位のチームが日本シリーズに進んだらどうですか。
そりゃ、3位から日本シリーズに出たチームのファンは喜ぶでしょう。しかし、それ以上に多くの野球ファンが失望する。

本来、ペナントレースで負けていい試合などない。だから常に勝てるメンバーでレギュラーを固定していく。
ところが、今のプロ野球は新人をどんどん試すでしょう。まるで「オープン戦の延長」ですよ。

我々の頃は新人を一人、モノにするのに大変な手間をかけた。バントを失敗したら二軍に落として一日中、バントの練習をさせた。
選手も失敗すれば使ってもらえないとわかるから、必死でミスをなくそうとする。それくらいの緊張感があった。
“優勝するには絶対にこのゲームを落とせない”という気持ちがいいプレーを生み、そのために選手は厳しい練習を重ねていた。

それが今は、エラーや暴投、バント失敗なんかがあっても平気な顔をしている。「3位に入ればOK」なんて制度があるからだ。

11.5ゲーム差をひっくり返した1996年の巨人の「メークドラマ」だって、“優勝しないと日本シリーズに進めない”というプレッシャーがあったからこそ大逆転が起きた。
2位か3位でもチャンスが残るなら、あんな奇跡は起こっていなかったでしょう。

人間は厳しく高いハードルを課せられると色々と考え、工夫し、努力する。コリジョンルールにしてもそうだが、選手を過保護にしてもいいことはない。
選手はルールや制度に合わせて能力が伸びたり、落ちたりするが、CSのような制度があると選手のレベルはどんどん下がる。

本来、こんな害悪しかない制度は球界トップであるコミッショナーが“やめる”と宣言してしまえば済むこと。
なぜそんな簡単なことがわからないのか、本当に理解に苦しむ。

だから、プロ野球ファンに国民投票で聞いてみればいい。レベルの高い野球を観たいと願うファンの声に応えて、こんな滅茶苦茶な制度は即刻廃止するべきだ。

※週刊ポスト2016年8月5日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160731-00000004-pseven-spo
NEWS ポストセブン 7月31日(日)7時0分配信


724: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/31(日) 11:15:10.15 ID:4exow9Jn0.net
>>1
消化試合も激減して、球団も親会社も大喜びですよ?






2016年07月30日

15:00コメント(31)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 21:33:25.95 ID:CAP_USER9.net
首位を快走する広島との差がなかなか縮まらないまま、残り試合数だけが減っていく。
巨人は勝率5割前後にいて、わずかな貯金を作るのが精いっぱいの状況だ。

可能性がある限り優勝を目指して戦うのは当然だが、クライマックスシリーズ(CS)の制度がある以上、
2位からの日本一に向けた戦略も考えておかなければならないだろう。

ただ、ここまで1強5弱のセ・リーグがこのまま今季を終えると、以前から抱いているCS制度の問題点が、また浮き彫りになってくる。
長いレギュラーシーズンを大差で制したチームが、わずか数試合のCSで敗れて日本シリーズに出られなかった場合、それでいいのか?という議論だ。

特に納得いかないのは、シーズンの勝率5割以下でも、CSを突破して日本一になる可能性がある点だ。
過去、パ・リーグのプレーオフも含め、5割以下でCSに進出したのは05年西武、09年ヤクルト、13年広島、15年阪神の4チーム。
いずれも3位からの出場で、広島のみ最終ステージまで進んだが、日本シリーズに進出したチームはないため、残念ながら大きな議論にはなっていない。

勝率5割以下のチームはCS出場できないルールにするのが一番だと思うが、営業的な思惑もあって、なかなかその声は届かない。
2位も5割以下なら、優勝チームがそのまま日本シリーズへ。そうなれば5割前後の2位、3位チームは最後まで必死に戦うし、
独走1位チームは直接対決で5割以下に蹴落とそうとする。それはそれで興味深い戦いになると思うのだが…。

今季の巨人には、たとえ優勝を逃したとしても、ある程度の貯金を作って堂々とCSに出場してほしい。と思う反面、
史上初のシーズン5割以下でCSを勝ち抜いて日本一になり、ルール改正の議論が巻き起こることを心のどこかで期待している。

(皆川 泰祐=91~03、05~08年アマ、プロ野球担当)

スポーツ報知 / 2016年7月29日 16時0分
http://news.infoseek.co.jp/article/20160728hochi258/


124: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/29(金) 22:14:22.63 ID:xthYLsEA0.net
>>1
もうその議論飽きた
あの落合だって納得しないながらもしぶしぶルールに従ってるんだ






2016年07月25日

10:00コメント(21)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 09:35:33.01 ID:CAP_USER9.net
7月12日、東京ドームがビジター応援席を除き、すべて白に染まった。
東京ドームと言えば読売ジャイアンツ。ジャイアンツと言えばオレンジなのになぜ白なのか。

この日は千葉ロッテマリーンズが東京ドームで主宰ゲームを開催し、
ビジター応援席のチケットを持つ観客以外の全来場者に白いユニフォームを無料配布したからだ。

この日の観客動員数は4万4411人。球団創設以来最多で満員御礼となった。

東京ドームはこの2週間前の6月27日はブルーに染まっていた。

その日は福岡ソフトバンクホークスが主宰ゲームを開催し、ビジター応援席の観客以外の全来場者にブルーのユニフォームを無料配布。
こちらも観客動員数は球団創設以来最多の4万6776人で満員御礼。

さらに、今年4月19日には楽天も東京ドームで主宰ゲームを開催しており、このゲームも観客動員数は球団創設以来最多の4万4159人。

3チームの本拠地球場は、一番大きいヤフオクドームでも3万8500人。ロッテのQVCマリンフィールドは3万人、楽天のコボスタ宮城は3万人に満たない。
このため、東京ドームだと「球団創設以来最多」になりやすいということはあるが、いずれにしても4万6000人を収容できる東京ドームで、
満員御礼を出せる超人気カードであることは間違いない。

2005年以降、パ・リーグ球団は徹底した地元密着戦略で、ホーム球場に足を運ぶファンの開拓を進めてきた。
その結果、10年間でパ・リーグの観客動員数は30%も増えたわけだが、今も地元密着路線の旗を降ろしたわけではない。それならば、なぜ東京ドームなのか。

ソフトバンクはずばり、「東京でも鷹の祭典が観たいというファンの要望に応えるため」だ。鷹の祭典とは、ソフトバンクが2004年から実施しているイベント付きの主宰試合。
試合開始前や終了後だけでなく、イニングの間にも、ありとあらゆるイベントを組み込んで試合を盛り上げ、スローガンに合わせて作ったユニフォームを来場者全員に無料配布している。

当初2年間はヤフオクドームで年間1試合の実施だったが、徐々に回数を増やし、2012年から東京ドームでも開催するようになった。
2014年からはヤフオクで5試合、東京ドーム、北九州、それに大阪の京セラドームで1試合ずつの合計8試合を鷹の祭典の対象にしている。

東京ドーム開催は今回で5回目。例年 ユニフォーム配布があるせいか、チケットは発売当日にほぼ完売。
チケットオークションサイトでも高値で取引される超人気カードになっている。

ユニフォームのほかにもイベント用のペンライトやうちわ、応援フラッグなども無料配布し、東京ドーム限定グッズも多数用意。
198社のゲームスポンサーから提供された潤沢な資金を投下し、突出して高額と言われる東京ドームの使用料を払ってもなお、利益もがっつり確保しているらしい。

他球団から「おカネ持ちの球団は何でもできてうらやましい」と言われるゆえんだ。

これに対し、ロッテは今回が初の試み。「これまでひたすらQVCでの観客動員に注力してきたが、球団創設25周年の今年は少し違うこともやってみようという趣旨」だという。
もっとも、東京ドーム限定グッズを用意したわけでもなく、ソフトバンクのド派手なおカネの使い方を見た後だと地味に見える。

楽天はソフトバンクやロッテとは少々目的が異なり、「首都圏のファンのためという目的もあるが、楽天グループ社員の福利厚生や取引先の接待などの目的がメイン」だという。

楽天はソフトバンクよりも2シーズン早い2010年から開催しているが、会場内に楽天カードなどグループ各社のブースが並ぶ。
今年は主力選手のネーム入りタオルを入場者全員に配布したが、ユニフォーム配布はなし。それでもチケットは完売こそしなかったが、4万人超の集客に成功している。

これまで7回開催して4万人を切ったのは2012年だけだ。
http://toyokeizai.net/articles/-/128144

img_5e060c5f0974bea547d6368750cf88af237130


2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/07/24(日) 09:36:57.18 ID:QcOHmsnj0.net
えっ野球人気スゴくね?






2016年06月29日

11:00コメント(9)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 23:42:41.83 ID:CAP_USER9.net
ベースボールキング 6月28日(火)22時0分配信

広島が「44」、以下は「33」という衝撃的な順位表に...
広島が貯金独占!9ゲーム差独走!

20160628-00077807-baseballk-000-view

 昨年は史上稀に見る大混戦で、全チームが借金という珍現象も起こったセントラル・リーグ。交流戦の苦戦から、これまでになかった“異常”も見受けられるようになったセ・リーグの順位表だが、今年もすごいことになった。

 今年は首位の広島が44勝29敗2分の「貯金15」で独走。28日の試合では実に22年ぶりとなる10連勝を収め、2位との差を「9」まで広げている。

 そんな単騎独走の広島をよそに、史上稀に見る大混戦になったのが2位以下。なんと5チームが「33勝」で並び、2位の巨人から最下位のヤクルトまで3ゲームの中でひしめき合っているのだ。

 試合数が少なく、負け数の少ない巨人が単独の2位につけ、1ゲーム差の3位に中日とDeNAが並ぶ。さらに1試合多い阪神が0.5差で続き、リーグで最も多い76試合を消化したヤクルトが阪神と1.5差の最下位となっている。

 首位の広島を捉えるのは至難の業となりつつあるが、5チームによる叩き合いは必至。毎週、毎日が順位争いのようなもので、少しでも連勝・連敗があろうものなら一気に順位が変わってくる。

 どのチームにとってもチャンスであり、ピンチでもある…。こんな状況を抜け出し、広島を引きずり降ろそうとするチームは現れるか。今後の戦いから目が離せない。

BASEBALL KING
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00077807-baseballk-base


65: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/29(水) 01:08:07.11 ID:beSDUsZi0.net
>>1
>昨年は史上稀に見る大混戦で、全チームが借金という珍現象も起こったセントラル・リーグ。

史上稀に見る大混戦だからじゃなくて、セリーグがパリーグよりだいぶ弱かったからじゃないのか






2016年06月23日

12:00コメント(21)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 16:33:58.28 ID:CAP_USER9.net
ヤフオクドームの大型ビジョンに映し出された本多選手の登場曲名や写真
20160621-OYS1I50003-L

登場曲に合わせて打席に向かう柳田選手(ヤフオクドームで)=足立浩史撮影
20160621-OYS1I50004-L
20160621-OYS1I50005-L

 プロ野球の試合では、ホームチームの選手が打席に向かう際やマウンドに上がった時、登場曲を流す演出が定着している。3年連続日本一を目指す福岡ソフトバンクホークスの選手が選んだ曲も、ロック、サンバ調など様々だ。曲に込めた思いと、こだわりは何か。舞台裏を取材してみた。

◆「気持ち高揚」

 9日のDeNA戦。一回の先制チャンスで柳田悠岐選手(27)が打席に向かうと、本拠地・ヤフオクドーム(福岡市)に流れる軽快なメロディーに合わせてファンの期待感が一段と増した。

 曲は、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が柳田選手のために提供した「伸のルカ反そルカ」。今年1月に地元テレビ局の番組で共演し、それがきっかけで誕生したオリジナルだ。柳田選手はももいろクローバーZの大ファンで、内容は「全部お任せした」と言うが、代名詞のフルスイングや、座右の銘とする「一寸先は闇」を連想させる歌詞も盛り込まれている。本人は「気持ちが盛り上がるし、気に入っている」と話す。

◆場面に応じ使い分け

 ソフトバンクでは、複数の曲を使い分ける選手も目立つ。昨季のチーム最多は、柳田選手と中村晃選手(26)の11曲だった。内川聖一選手(33)も今シーズンいくつかの曲を併用するが、遊助の「ひまわり」は2012年から使用。「ヒマワリの花のように、どんな状況でも明るくやっていきたい」との思いを込めている。前向きな歌詞を聞きながらリズムを作って、自然体で打席に入るようにしている。

 一方で、1曲を使い続けるケースも。吉村裕基選手(32)もその一人。現在は、親交のある「ケツメイシ」のメンバーらに作ってもらったサンバ調のオリジナル曲一本に絞っている。堂々と打席に入れるようにと、歌詞には、「吉村裕基でいいでしょう」とアピールする一節が入っている。1打席で結果を求められる代打での出場機会も多く、「聞くと自分の中でスイッチが入る。大切にしている曲。定着させたい」と意気込む。

◆細かくリクエスト

 投手はマウンドに上がって投球練習の間に長めに曲を流せるが、野手の場合は打席に入るまでの10秒前後。08年から担当DJを務める中嶋美由紀さん(34)は「選手のこだわりが詰まっている」と感じる。

 「代打で出場した場合はこの曲で」「七回に打席が回ってきた時はこれ」と、球団スタッフらを通じて具体的なリクエストが試合直前に舞い込んでくることも多い。その度に、内容が書かれたメモを見えるところに貼り付けて、慌ただしく準備。「少しでも選手の力になりたい」と柔軟に対応する。

 球団は、登場曲に合わせて観客が手拍子するタイミングを示す映像を作成し、昨シーズンから試合中にヤフオクドームの大型スクリーンで流している。戦略企画課の池田俊輔さん(45)は「野球はもちろん、最近は球場の雰囲気を楽しみに来る人も多い。おもちゃ箱のように誰もが楽しめる空間にしていければ」と強調する。

 スポーツにもエンターテインメント性が強く求められる時代。選手こだわりの登場曲も、ファン拡大に一役買っている。

現スタイル 松中さんから

 球団に取材したところ、約10年前、昨季限りで現役を引退した元三冠王の松中信彦さん(42)が、「EXILEの曲をかけて気持ち良く打席に立ちたい」と要望した。それを機に選手が好みの登場曲を選ぶようになった。

 ダイエー時代の本拠地・平和台球場(福岡市)では、オルガン演奏によるBGMがあった。当時、球場内の選手用風呂場付近に、希望曲を記入できる紙が用意されていたが、書き込む選手は、ほとんどいなかった。1993年に福岡ドーム(現ヤフオクドーム)が完成すると、一部の中継ぎ投手については、登場曲が流されるようになったという。

 選手やスタッフで約30年間在籍する広報担当の田尻一郎さん(48)は、「以前は、『野球選手の仕事は野球をすること』という意識が強かったから、登場曲に関心が薄かったのでは」とみる。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160621-OYS1T50029.html


3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 16:35:10.35 ID:h9SBk39U0.net
巨人後藤の登場曲がクレヨンしんちゃんだったのは覚えてる






2016年06月22日

00:30コメント(21)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 16:56:58.01 ID:CAP_USER9.net
セ・パ両リーグは21日、「日本生命セ・パ交流戦」終了時点の球団別入場者数を発表した。1試合平均入場者数はセ・リーグが前年比5・5%増の3万1888人、パ・リーグが同3・8%増の2万5441人になった。球団別の1試合平均入場者数は、セ・リーグは昨季優勝したヤクルトが、21%増の2万3775人、パ・リーグはロッテが19・6%増の2万898人になっている。

 各球団の平均入場者数は以下の通り

【セ・リーグ】

 ヤクルト 2万3775人 21%増

 巨人 4万2624人 2・7%増

 阪神 4万1410人 5・8%増

 広島 2万8850人 1・2%減

 中日 2万8645人 2・8%増

 DeNA 2万6522人 7・5%増

【パ・リーグ】

 日本ハム 2万7469人 5・2%増

 楽天 2万3576人 5・1%増

 西武 2万2425人 4・6%増

 ロッテ 2万898人 19・6%増

 オリックス 2万5528人 1・3%増

 ソフトバンク 3万2451人 1・5%減

 「日本生命セ・パ交流戦」の1試合平均入場者数は、主催試合の週末カードが1カード増えたセ・リーグが前年比15・2%増の3万3131人、主催試合の週末カードが1カード減ったパ・リーグは4・5%減の2万5763人だった。

 1試合平均の入場者数は、交流戦史上最多になった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000089-nksports-base


5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 17:00:32.90 ID:uxteLWjf0.net
DeNAはもっと増かとおもった






2016年06月19日

21:00コメント(44)トラックバック(0)NPB(その他) 
1: 赤黒梟 ★@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 11:39:45.68 ID:CAP_USER9.net
プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は18日、パ・リーグが3勝3敗で通算成績を55勝44敗1分けとし、
8試合を残して7年連続11度目の勝ち越しを決めた。

パには今秋のドラフト会議でのウエーバーの優先権が与えられ、パの球団には順位に応じて100万円から1千万円の賞金が贈られる。

 交流戦は昨季から各カードが2年を掛けてホームとビジターを対戦する方式に変更された。
そのために優勝チームを決めず、両リーグが所属球団の合計勝利数を争うリーグ対抗色が強い方式で行われている。

ソース元
http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/baseball/baseball/1-0283757.html


4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 11:41:16.26 ID:SFg/ZQ4J0.net
>>1
名実ともにパのボーナスステージになってたんだな
知らんかったわ






野球ニュース
パリーグ順位表 セリーグ順位表
プロ野球データFreak
powered by プロ野球Freak
アクセスランキング
QRコード
QRコード
野球ブログ
ニュース
news

アクセスランキング ブログパーツ